日曜日, 4月 14, 2024
ホームアメリカ特殊部隊がアラスカでディープ・ステートのクローン研究所を押収

特殊部隊がアラスカでディープ・ステートのクローン研究所を押収

By Michael Baxter -2023年1月29日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、米国特殊部隊は木曜日にアラスカのフォートユーコン近くで、数十のディープ・ステートのクローンを保持している敵のクローン研究所を押収した。

この発見は、ホワイト・ハットがディープ・ステートの政治家のカーボンコピーを見つけた2回目にあたる。先月報告したように、特殊部隊は12月22日にミズーリ州オーザックにジョセフ・バイデン、チャック・シューマー、アンソニー・ファウチのレプリカを保管していた隠しクローンセンターを発見し破壊した。この研究所で採取された証拠から、特殊部隊は後にボストンに住むドイツ生まれの「クローン科学者」にたどり着いた。この人物はまだ謎のままだが、逮捕されて海兵隊基地に連行され、尋問を受けたという。

Real Raw Newsは、この科学者がアラスカの研究所の存在と場所を漏らしたかどうかを情報源に尋ねたが、彼は曖昧に答えた。「スミス将軍と彼の評議会が検討した、信頼できる情報を得たのだ。行動するには十分だった」。

しかし、彼は、アラスカ内陸部の人里離れた山岳地帯は、ディープ・ステートの聖域を隠したり運営したりするのに適していないように思えたので、評議会は最初「信頼できる情報」を拒否したと認めている。ユーコン砦は、北極圏の北、ポーキュパイン川と合流するユーコン川の北岸に位置し、厳しい冬と穏やかな夏の二極気候である。人口は583人(前回国勢調査)で、原住民であるギチン族が丸太造りの建物に住んでいる。飛行場は砂利道の滑走路しかなく、クローン実験室のような大規模な建設資材を運搬するための大型航空機には対応できない。しかも、その研究所はフォート・ユーコンから北に25マイルも離れたところにあるという。

1年のうち8か月は凍結し、しかもほとんど人が住んでいないこの地域に、秘密裏に基地を建設することは不可能ではないか、というのが評議会の意見であったが、スミス元首相は空からの監視映像を見せ、ホワイトスプルースの群れに囲まれた四角い鉄の建物を見せ、彼らの疑念を晴らした。建物の周りには、数台のスノーモービルと大型の除雪車がある。そして、建物の横には大型ヘリコプターが着陸できる大きさのコンクリートパッドがあり、この施設を管理する者が最近ヘリポートの新雪を除雪したのだ。ドローンは、まるで腐肉に群がるハゲタカのように、この建物を見張っていた。

2万ポンドの重量を持ち上げることができるCh-57チヌークのような二重回転ヘリコプターは、フェアバンクスと研究所の間で機器を運ぶことができた。

2万ポンド(約9.1トン)の重量を持ち上げることができるCh-57チヌークのような二重回転ヘリコプターは、フェアバンクスと研究所の間で機器を運ぶことができた。

第16特殊部隊群司令官ポール・ピータース大佐と協議した結果、スミス将軍は、2022年5月のアークティック・フォックス作戦で北極圏戦の訓練を受けた部隊の兵士を選び、必要であれば捜索・破壊作戦に影響させることにしたのだ。しかし、兵士の命を危険にさらすような激しい銃撃戦の前に、彼は航空偵察を補完する「地上部隊」の情報を求め、オーロラを撮影するナショナルジオグラフィックの写真家を装った小規模なチームとギグイン語の通訳をユーコン基地に送り込んだ。

情報筋によれば、スミス将軍は研究所をそのまま捕捉し、ホワイト・ハットが、ディープ・ステートがどのように送電網を遮断しているかを知ることができるようにしたかったのだという。

1月20日、私服の特殊部隊員がセスナ・キャラバンに乗ってユーコン砦に降り立った。彼らは、オーロラを撮影するのに適した場所を指摘するために地元の人が必要だという口実で、ギッチン族のガイドを雇った。ガイドは笑いながら、暖房の効いた機内で寝るか、身支度を整えるようにと忠告した。

フォートユーコンには先住民以外の訪問者が多いのかと尋ねると、ガイドは自分が生きている限り、57年間ずっと外部の人間が来ていると答えた。彼は第六感を持っていたのだろう、特殊部隊の偽装工作を見破り、彼らがカメラやレンズ、三脚を満載したバッグを持っているにもかかわらず、フォート・ユーコンに来るのは何か下心があるのだろうと推理したのだ。「あなたたちは彼らのことでここにいるのだろう。彼らと一緒でないことを願う」とガイドは言いながら、突然降ってきた雪の中、北を指さした。

特殊部隊の隊長は、自分も部下も「彼ら」のことは知らないと断言したが、もっと詳しく聞きたいとガイドにせがんだ。

シェルパは、ユーコン砦の長老に彼らを紹介し、彼らが言い伝えを聞く価値があるかどうかを判断してもらうと言った。特殊部隊の隊長が「何を基準に決めるのか」と聞くと、ガイドは「あなたを見て判断するだろう。それと、贈り物をするのが習慣になっている。情報そのものが贈り物だ。鯨肉は持っていないようだから、数百ドルでいいだろう。手ぶらで来たんじゃないだろうね?」と言った。

彼の家は、丸太とタールで造られた16×20フィート(4.9m×6.1m)の藁葺き屋根で、クッキングプレート1枚の薪ストーブで暖をとっているに過ぎないのだ。ガイドが通訳を始めたが、エリックワスさんは英語で話すように勧めた。「この人たちは我々の言葉を話さないが、我々は彼らの言葉を話す」とエリックワスさんは言い、アラスカのギチン族で母語を話す人が300人以下になってしまったことを嘆いた。

エリックワスは特殊部隊に街の民俗学を託した。2013年の夏、例年になく暖かい季節になると、フォート・ユーコンの北の空に、時には蚊帳の外のようなヘリコプターの大群が出現した。機体から吊り下げられた牽引ケーブルには、コンクリートや鉄の壁、Iビーム、巨大な木箱などが固定されている。ヘリコプターは昼夜を問わず、大雨が降ったときだけ飛行を中止し、何百年も生き続けてきた神木を伐採して森を冒涜した。雪が降り始めると飛行は止まり、翌年の春になると再びヘリが戻ってきた。エリックワスさんによると、ギッチン族はその地域を邪悪なものの巣窟とみなし、あえて立ち入らなかったという。まるで大地が裂けるような轟音が聞こえたという。2回目の春と2回目の夏が過ぎると、飛行頻度が少なくなったが、夜にはオーロラではなく、空が青く光ることもあった。

そして彼は、ほとんどの人が滑稽だと思うような話を特殊部隊に語った。2017年の春、初雪が解けた直後、ウィリアム・ジェファーソン・クリントン大統領に似た、自分だと主張する男がATVに乗って森から現れた。彼は自分がビル・クリントンだと主張したが、自分がどこにいるのか見当もつかなかった。彼は、投獄を免れ、妻とアル・ゴアに生きていることを知らせなければならなかったという。

エリックワスさんによると、ギッチン族は、邪悪な変身した霊がユーコン砦に取り憑いていると信じていたという。2017年、クリントンは71歳で、顔は凹み、肌はすり減った革のようになっていた。しかし、フォート・ユーコンのクリントンは、90年代に大統領を務めたときのように、かなり若い男の顔をしていたのである。フォート・ユーコンのクリントンは、すぐにDCに飛ぶことを要求したが、次に予定されているフェアバンクスへの補給物資の到着は、2日後だと言われた。エリックワスさんは、特殊部隊のクリントンがATVに戻って、ノースウエスト準州に向かって東に向かったと語った。

「もし人間だったら、生き残れないだろう。もし精神なら、どこか別のところにいるはずだ」とエリックワス氏は言った。

特殊部隊はフェアバンクスに飛んで帰り、キャンプ・ペンドルトンにいるスミス将軍に調査結果を報告した。

将軍は、この事実があまりに不気味で、無視することができなかったという。もし、この話が本当なら、クリントンのクローンがクローン研究所から逃げ出したことになるし、クローン技術はかなり以前から存在していたことになる。

木曜日、12人の特殊部隊がフェアバンクスのアイエルソン空軍基地に到着し、そこからブラックホークでクローン研究所から数キロ東にあるLZに飛んだ。重いリュックサックを背負い、防寒具を身につけ、見晴らしのいい場所にたどり着くと、そこにはチェーンフェンスに囲まれた200×160フィート(約61×49m)の窓のない建物と、自動小銃で武装した6人の見張り兵がいた。白い背景に黒い服の衛兵は、特殊部隊のスナイパーに狙われやすい。特殊部隊のスナイパーが中心部を狙い撃ちしたり、頭部をピンクの霧で吹き飛ばしたりした。白衣を着た6人の人間と5人の警備員を射殺したが、弾丸の一部が跳ね返り、ミズーリ州オザークで発見されたものと同じクローンシリンダーを粉々にしてしまった。

シリンダーにはクリントンのクローンは入っていなかったが、最近になって台頭してきたディープ・ステイター数人のクローンが入っていた。アレクサンドリア・オカシオ・コルテス、イルハン・オマル、そして、コリ・ブッシュ。他の熟成室には、ナンシー・ペロシとギャビン・ニューサムの複製が置かれていた。建物の一部には、ウィリアム・バー、マイケル・フリン将軍、ジョン・ロバーツ最高裁判事、そして、ミッチ・マコーネルのクローンが置かれていた。

「我々はそれをコントロールし、技術を検証しています。言うまでもなく、このような場所は国内にも海外にももっとあるはずです。私はうそをつきません、我々は我々の仕事を切り開く必要があります。彼ら[ディープ・ステート]は、ひどく長い間これでやってきたのです」と情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す