日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ軍はマティスを反逆罪で起訴したが、彼は国外逃亡した

軍はマティスを反逆罪で起訴したが、彼は国外逃亡した

軍の逮捕を免れたマティス

By Michael Baxter -2023年1月30日(Real Raw Newsより翻訳)

前国防長官で海兵隊大将のジム・マティスを反逆罪で逮捕しようとしている米国海兵隊は、彼が米国からウクライナに逃亡したことを発見したと、エリック・M・スミス大将の事務所の関係者はReal Raw Newsに語った。

マティスは退役した4つ星将軍で、44年間を海兵隊で過ごし、その間、ペルシャ湾戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争で部隊を指揮した。その後、ドナルド・トランプ次期大統領によって国防長官に指名され、2017年1月20日に上院で承認された。2018年末、トランプ氏がマティスの助言に反してシリアから米軍を撤退させたことで両者の関係は悪化し、マティスはトランプを悪く言って辞表を提出することとなった。トランプはそれ以来、マティスを 「歴史上最も過大評価された将軍」、「あまり良くない男」と呼んでいる。

ホワイト・ハットは今、マティスは最初からディープ・ステートの手先であったか、トランプに反発された後にディープ・ステートに加わったと述べている。彼らは、マティスが犯罪者バイデン政権がFBI、ATF、IRSなどの連邦政府機関を軍事化するのを助けたと主張している。さらに悪いことに、彼らはマティスをディープ・ステートのクリスマスの日のグアンタナモ湾襲撃に結びつける証拠を持っていると主張している。

「2人の捕虜がジム・マティスを名指しで呼んだ。我々は裏切り者の言葉を信じないが、彼らの情報は、マティス、マーク・ミリー将軍、ロイド・オースティンといった人物が、ペロシを救出し、地獄に落ちろ、そしてGITMOを奪還する方法を議論したと証言する政権内部の人物につながったのだ。公にはできないが、マティスの軍事逮捕状を発行するに足る情報がある。マティスのやったことは、非良心的で反逆的だ」と、情報筋は語った。

しかし、マティスは見つからなかった。彼は、よく言われるように、逃げ出したのだ。

スミス将軍の命令で、米海兵隊はワシントン州リッチランドにある彼の自宅と、バージニア州レストンにあるゼネラル・エレクトリック社の本社を張り込んだ。マティスはGEの取締役を務めており、そこでかなりの時間を過ごしたという。マティスの友人は、マティスとクリスティーナ夫人が、1月初旬に遅ればせながら新婚旅行と称して2週間の海外休暇に出国したが、そのまま帰らぬ人となったと海兵隊に語ったという。マティスは2022年6月にクリスティーナ・ロマスニーと結婚した。

ホワイト・ハットはその後、マティスが2023年1月10日にポーランドのワルシャワ行きの民間航空機に搭乗したことを知った。

「ディープ・ステイターは、安全のためにウクライナに行くためだけにポーランドに行く。そこで起こっていることを考えると、安全に過ごすには奇妙な場所に思えるかもしれないが、この場合、本当に見かけによらないものなのだ。ゼレンスキーは、ディープ・ステートが彼に金を与えているから、彼らをかくまっているのだ」と、我々の情報筋は述べた。

最後に、もしマティスが米国に再入国したら、グアンタナモ湾への最初のフライトに乗ることになるだろうと、我々の情報筋は語った。また、スミス将軍がマティスの裏切りをトランプに知らせたと指摘した。

「このマティスは反逆的な行為を行った。これらは恐ろしい人々によって行われている恐ろしい行為である。大変な不正行為だ。君たちは彼らを捕まえている、捕まえ続けろ」とトランプは言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す