日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカホワイト・ハットの将校が殺害される

ホワイト・ハットの将校が殺害される

By Michael Baxter -2023年1月28日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットの主要な将校が先月殺害されたと、エリック・M・スミス将軍のオフィスの関係者がReal Raw Newsに語った。

12月19日(月)、アメリカ海軍のロバート・ラミレス中佐が、サンディエゴの自宅で死んでいるのが発見された。ネイビータイムズ紙は、ラミレス司令官の妻アンがその朝、夫を起こそうとしたが、反応しないのを発見したと報じている。サンディエゴの保安官事務所は、不正行為の兆候は見つからなかったが、死因はすぐには明らかにしなかったという。

ホワイト・ハットは公式の説明に異議を唱えている。

彼らは、ラミレス夫人はラミレス中佐が死んだ夜、親戚を訪ねて家を空けており、彼は一人で家にいたと思われる、と言った。

ホワイト・ハットは19日の午後にラミレス中佐の死亡を知り、サンディエゴ郡検視局が検死をするよりもずっと前に、ほとんど直ちに彼の遺体を手に入れた。彼らは遺体をキャンプ・ペンドルトンに運び、検死官が包括的な死後検査を行った。

我々の情報筋によると、彼の死体には肉体的な傷や防御創はなかったという。

検視官はラミレス中佐の記録を調べ、ワクチン接種の有無を確認したが、受けていなかったし、資料からは47歳でも最高の健康状態であったことがうかがえる。彼の死は謎に包まれていた。

その謎は1月22日、毒物検査の結果、ラミレス中佐が致死量のシアンを摂取したことで解けた。シアンは、衰弱、吐き気、呼吸困難、発作、心停止、そして死(耐え難い死)を引き起こす化学化合物である。摂取から死亡までの時間は、量に依存する。キャンプ・ペンドルトンの検視官は、ラミレス中佐が1分間で死亡するのに十分な量のシアン化合物を摂取したと述べたという。

「もし彼の妻が家にいたなら、彼の叫び声を聞き、彼が吐くのを見ただろう」と、この情報筋は言った。

検死官が自殺と断定したのはなぜかとの問いに、「ラミレス中佐は青酸カリで自殺したのではない。たとえ自殺を望んだとしても、もっと苦しまない方法を見つけたはずだ。彼は勤続27年の優秀な士官で、殺される直前にSEALチーム1の隊長に任命されたばかりだった。彼はホワイト・ハットのコミュニティの大切なメンバーだった」と苦々しい答えが返ってきた

ホワイト・ハットが妻に事情聴取したかと問われると、「言えることは言いました。捜査は進行中なので、手がかりや誰に話を聞いたかについては話せません」と答えた。

ラミレスは、その長年の功績により、3つの異なる戦域で戦闘状況にあったことから3つの戦闘行動章と、戦闘中の勇猛さと英雄的行為を示す「V」マーク付きの2つの青銅星章を授与された。

スミス将軍は、ラミレス中佐の死は壊滅的な損失であると述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す