日曜日, 6月 16, 2024
ホームGITMOデサンティス、GITMOへの立ち入りを拒否される

デサンティス、GITMOへの立ち入りを拒否される

By Michael Baxter -2023年2月3日(Real Raw Newsより翻訳)

フロリダ州知事で2024年の大統領候補と目されているロン・デサンティスは、彼の依頼を受けた広報担当者が、デサンティスが2月3日(金)に予定されているロン・クレインの軍事法廷を目撃したいとクランドール副提督に伝えた後、グアンタナモ湾へのアクセスを拒否されたとクランドール副提督の補佐官がReal Raw Newsに語った。

デサンティスのスポークスマン、クリスティーナ・プショーが水曜日の午後、JAGに、デサンティスは金曜日の早朝にGITMOに到着し、法廷を見学し、時間が許せば、セキュリティプロトコルが彼の期待に沿うものかどうか基地の日常点検を行う予定だと伝えた。しかし、JAGの戦略計画担当特別補佐官は、GITMOは現在、観光客や州知事を含む政治家を受け入れていないとして、この要請を拒否した。

デサンティス氏は昨年8月の抜き打ち訪問で基地内の視察を許可されていたため、プショー氏の怒りが爆発したとも言われている。デサンティス氏はその際、クランドール提督とデビッド・ウィルソン提督とともに基地内を歩き、デサンティス氏が2006年にGITMOで海軍JAG士官として勤務していた頃の思い出話に耳を傾けていたそうだ。クランドール副提督もランス・A・オカムラ基地司令官も、当時はデサンティスの存在に異議を唱えなかった。

その後、バーガー将軍がクランドール副司令官に、デサンティスのGITMO訪問を許可するのは 「鶏小屋に狐を入れるようなものだ」と話したという。バーガーは、拉致被害者の手によって負った傷からほぼ回復しているが、以前からデサンティスを明らかに嫌っており、何度もディープ・ステートのシンパであるとレッテルを貼っていた。

バーガーとクランドールは、昨年9月、クランドールがグアンタナモ湾へのアクセスはキャンプ・ペンドルトンではなく、彼と彼のスタッフによって管理されていると述べたことで、対立したという。「我々はそれぞれ独自の責任を負っている」とクランドールが言うと、バーガーは「我々は共生関係にあり、君たちの足元を見るつもりはない。数日後、クランドールは、他ならぬトランプ大統領から電話を受け、無許可でGITMOに足を踏み入れることを禁じるよう勧められたが、直接命令を出すには至らなかった。トランプ大統領は今週、デサンティスをグローバリストのRINOと呼び、デサンティスの忠誠心に疑問があるとクランドールに警告した。

「トランプ大統領は、どうやらGITMOが潜入されている可能性があると感じているようです。彼はそれをクランドール副提督に伝えたのだと思います。8月にクランドール副提督がデサンティス州知事を接待したのは、海軍士官同士の礼儀だったと思います。デサンティスは、自分が許されないと聞いて不機嫌になりました。副提督のアシスタントがプショーさんと話している間、彼は背後で心ない言葉をつぶやいているのが聞こえました」と、情報筋は語った。

デサンティスの要請を拒否する前に、クランドール副提督がトランプと協議したかどうかという質問に対して、我々の情報筋は「分かりません。しかし、彼は今、この辺りではペルソナ・ノン・グラータ*です」と付け加えた。

余談だが、ロン・クレイン氏の軍事法廷が金曜日の午前10時に開始されます。Real Raw Newsは可能な限り迅速にレポートを提供する。


訳者注:

ペルソナ・ノン・グラータ
ペルソナ・ノン・グラータ(ラテン語: Persona non grata、英語: unacceptable person)とは、外交官のうち、接受国からの要求に基づき、その国に駐在する外交官として入国できない者や、外交使節団から離任する義務を負った者を指す外交用語である。 原義は「好ましからざる人物」「厭わしい人物」「受け入れ難い人物」を意味する。 外交関係に関するウィーン条約や領事関係に関するウィーン条約で規定されており、稀に「国外退去処分」と表現されることもある。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す