日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカプーチン、米国に向かうアドレノクロム出荷を阻止

プーチン、米国に向かうアドレノクロム出荷を阻止

By Michael Baxter -2023年2月8日(Real Raw Newsより翻訳)

ウクライナのロシア特殊部隊は、精製されたアドレノクロムをウクライナからポーランドのワルシャワに運んでいた冷蔵トラクタトレーラを阻止し、そこから米国に向かう飛行機に積んでいただろうと、ロシア連邦保安庁のエージェント、アンドレイ・ザハロフがReal Raw Newsに語った。

先月報告したように、ロシア連邦保安庁(FSB)は、米国の「ディープ・ステート」アドレノクロム製造者が軍事報復を恐れるあまり、犯罪者バイデン政権に同調する東欧諸国、特にウクライナに店を構えたと主張している。1月、スペツナスはウクライナのショストカ近郊の「アドレノクロム農場」から、監禁され痩せ細った子供たち50人を救い出した。彼らは捕獲者たちによって、脆弱な体から血液と副腎皮質液を頻繁に抜き取られていたので、彼らの生存は、医学的に誘導された昏睡状態のまま、静脈栄養を与えられるかどうかにかかっていたのだ。ザハロフ氏によると、50人のうち5人は拘束中に負った傷がもとで死亡したという。

プーチンの命令で、ロシア連邦保安局は、アドレノクロムの製造者、販売者、購買者、仲介者、そしてプーチンが「悪魔の仕業」と呼ぶ医薬カクテルの製造と輸出に関わる人物を追跡し、排除するための活動を広範囲にわたって開始したのである。ザハロフによれば、ロシア大統領は、拡大する危機に対処するために、特別捜査官と厳選されたスペツナズからなる「アドレノクロム・タスクフォース」を結成したとのことである。

このタスクフォースは、日曜日に、アメリカの海岸に到着する可能性のあった、冷やしたアドレノクロムを満載した18輪車を捕獲し、勝利を収めた。逮捕は、ウクライナ南部からポーランドのワルシャワに通じる国境の町ブレストに伸びる道路P94で行われ、少なくとも12人のスペツナズとFSBの工作員が含まれていたと伝えられている。

ザハロフは、彼らがどのようにして積荷を知ったのか、なぜ出発地ではなく高速道路上でトラックを押収したのかについては言及しなかったが、貨物目録からトラックの中身がペニシリンとその他の注射用抗生物質であることが確認できたと述べた。ウクライナの主要輸出品は農産物であり、薬品ではない。

「ゼレンスキーが言うように、ウクライナ国民を虐殺するのなら、なぜ薬を国外に送るのでしょうか? 筋が通りません。トレーラーには薬はなく、アドレノクロームの毒だけがありました」とザハロフ氏は述べた。

スペツナズは運転手と乗客に銃を突きつけ、トラックを点検した。ザハロフ氏によると、対策本部は、実験室での検査なしにアドレノクロムを目視で識別する訓練を受けている。点滴であれ注射であれ、この液体はわずかに粘性があり、日光に当たると光り輝き、ほとんど気づかないほどの赤味を帯びているとザハロフ氏は言う。

トラックの乗員であるウクライナ人は協力せず、プーチンの指示により戦犯としてその場で射殺された。

「この汚らわしい者どもに慈悲はない。彼らは悪の手先だ」とザハロフは語った。

彼は、タスクフォースが化学分析のためのサンプルを取ったと付け加えた。

この貨物はワルシャワ国際空港に運ばれ、デラウェア州のドーバー基地行きのアトラス・エア貨物機に積み込まれる予定であったと、積荷目録に記されていた。


注:この話は、まだ国内の情報源から確認できていない。過去にウラジーミル・プーチンは、アドレノクロムの阻止に関する詳細をトランプ大統領と共有したことがある。我々は、マー・ア・ラゴの情報源がそのような会話を聞くことを願っており、もしそうなら、この話を適切に更新する。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す