日曜日, 5月 19, 2024
ホームGITMOロン・クレインを有罪にした軍

ロン・クレインを有罪にした軍

By Michael Baxter -2023年2月7日(Real Raw Newsより翻訳)

元ホワイト・ハウス首席補佐官のロン・クレインは、グアンタナモ湾の軍事法廷で、扇動的陰謀罪(2つの容疑のうち軽い方)で有罪となり、金曜日に懲役20年の判決を受けた。この弁護士は、ジェレミー・バーソロミューと名乗り、裁判の間、クレインの代弁をすると言った。彼は直ちに無効審理を要求し、クレインが反逆罪や選挙詐欺の共謀罪で有罪になることはありえない、なぜなら彼の依頼人はバイデン陣営の首席補佐官であり上級顧問であったが、無力で無能な操り人形であり、肩書きは儀礼的なものであったからだ、と言ったのだ。クレインは、「知能が低下しており」、大統領選挙の結果を左右するような陰謀を企てることは精神的に不可能であると述べた。

「まず、私はこの法廷、あるいは委員会を違憲であると判断し、これを拒否します。私の依頼人に不利な証拠は、軍事裁判所は証拠開示を信じていないようなので、私は見ていませんが、無意味なものです。私は無効審理を求める嘆願書を作成しました」とバーソロミュー氏は述べた。

ダース・E・クランドール副提督は、その書類に目を通した。「要求は却下します。証拠は提示された後に議論すればいいでしょう」。

「これは不適切です。詳しく検討する機会もない証拠に、どう反論すればいいのですか」。

クランドール副提督は質問をはぐらかした。「被拘禁者のクレインが知的障害者だと言いますが、彼は弁護士です。高校を首席で卒業し、学校の頭脳ゲームチームに所属していました。2008年と2012年のオバマ大統領の討論を指導しました。彼は知的な業績の長いリストを持っています」。

「私のクライアントは”本のように賢い”人です。そして写真で撮ったような記憶力を持っています。名前、日付、場所を暗唱できることと、あなたが彼を非難しているような複雑な陰謀を企てる能力とは違います」とバーソロミュー氏は主張した。

「今に分かるでしょう」と副提督は言った。

彼は唯一の証人として、2013年から2017年まで駐デンマーク米国大使を務めていたルーファス・ギフォード氏を呼び出した。氏はそれ以前、2012年のオバマ大統領の再選キャンペーンのシニア・リーダーシップ・チームに所属していた。また、民主党全国委員会のシニアスタッフでもあった。

直接尋問でギフォード氏は、2018年半ばにクレインがある提案を持ちかけてきたとき、自分は政界を引退していたと証言した。バイデンはクレインを選挙運動の上級顧問に任命しており、クレインはバイデンがトランプを失脚させるために、どんな手段を使ってでも忠実な下っ端を探していたのだ。

「ロン・クレインから月5万ドルのオファーを受けました。彼は、これは彼の正確な言葉ですが、『バイデンは2020年に大統領になるだろう、たとえトランプに勝てる可能性はゼロでもね』と言ったのです。私は断りましたが、彼はどうしても話を聞きたいと言い、投票システムを悪用するのがいかに簡単か、空想的な話をしました。バイデンが負けていたら、彼が”マジックアワー”と呼ぶ時間に、不正な投票用紙をシステムに送り込む人間をスタンバイさせていた、というような話です。マジックアワーとは、実際には午前2時から5時までの数時間のことです」。

バーソロミュー氏は証言を中断し、証人を吟味する機会が与えられなかったと強く異議を唱えた。

「落ち着いてください、バーソロミューさん」とクランドール副提督は言った。

クレインは、自分のアイデアに誇りを持ち、傲慢さを抑えきれず、何千人もの「運び屋」を雇い、有力州の投函箱に偽の不在者投票を詰め込む計画について詳しく説明しなければならなくなったと、ギフォード氏は続けた。

「ありがとう、でも遠慮しとくよと言いました。正気ではありませんでした」とギフォード氏は言った。

「しかし、彼に会ったのはそれが最後ではなかったのですね、ギフォードさん?」

「いや、彼はその2週間後に電話をかけてきて、もう一度会いたいと言ってきました。電話では理由は言いませんでしたが……」

「そして会ったのですか?」とクランドール副提督が尋ねた。

「会いましたよ。断ったことで、彼が私を巻き込もうとするのを恐れたからです。今回は、夕食に会う前に携帯電話のスイッチを入れておきました。胸ポケットに入れていたので映像は写りませんでしたが、音声は録音されていました」とギフォード氏は言った。

クランドール副提督はパネルでその音声を再生した。その中でクレインは、必要であればバイデンに有利な選挙結果を変えるために何千人もの投票用紙詰め人を雇うことについて話し、この国には袋いっぱいに詰まった投票用紙と引き換えに5ドルや10ドルを喜んで受け取る「破産者」や「同調者」が溢れているとも述べた。クレインはギフォード氏に非営利団体を設立し、そこで運び屋に報酬を払ってほしいと言ったが、ギフォード氏はその報酬に見合うリスクはないと言って丁重にその申し出を断っているのが聞こえた。

「ギフォードさん、何か手がかりは? なぜ他の人でなく、あなたに声をかけたのでしょう?」

「正直なところ、分かりません。オバマのホワイト・ハウスで知り合いましたが、決して仲の良い友達でも仲間でもありませんでした」とギフォード氏は言った。

「依頼人はあなたが言うようにバカなのかもしれませんね、バーソロミューさん。お望みなら証人への尋問をどうぞ」とクランドール副提督は言った。

バーソロミュー氏は立って言った。「この運び屋はどこにいますか? 依頼人が彼らに金を払った証拠は? 彼らはきょう証言するために、ここにいますか? ギフォードさん、依頼人が誰かに支払うのを見たのですか?」

「いいえ」。

「以上、質問はありません」と バーソロミュー氏は言った

「ギフォードさん、この訴訟の前に、映画『2000 Mules(2000人の運び屋)』を見るようお願いしました。見直しましたか? もしそうなら、被告があなたに話したように、選挙詐欺を正確に描いていますか?」

「見ました、そうです」とギフォード氏は答えた。

「パネルもこの映画を見たことを記録してください。私は、被拘束者クレインが選挙詐欺を謀っただけでなく、その計画を実行したこと、それは反逆罪の定義に合致し、死刑に値するという立証責任が果たされたと提出します」と、副提督は言った。

しかし、委員会はそうは考えなかった。彼らはクレインを扇動的陰謀では有罪としたが、反逆罪では無罪とし、GITMOのキャンプデルタで20年の禁固刑を宣告した。副提督は判決に失望を表明したが、委員会の勧告に従うと述べた。

バーソロミューは、個人、団体を特定せず、最高権威に評決を上訴すると述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す