日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカポリグラフ不合格のホワイト・ハット役員を「拘束」する

ポリグラフ不合格のホワイト・ハット役員を「拘束」する

By Michael Baxter -2023年2月5日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍は、金曜日に、2人のホワイト・ハット役員が、彼らが護憲派なのか犯罪者バイデン政権に密かに忠実なのかを突き止めるためのポリグラフ(うそ発見器)に2回連続で失敗したと知った後、彼らの拘留を命じた、と将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

12月に報告されたように、スミス将軍は、ポリグラフを裏切り者を暴くための道具の一つに加えると述べた。彼は2週間前にその公約を実行し、1,000人以上の軍人をテストするためにNCIS(海軍犯罪捜査局)の一流のポリグラフ医を採用した。我々の情報筋によれば、将軍は、どの将校が最初にポリグラフ検査を受けるかを無作為に、冷静に決めているとのことである。

しかし、先週、ラックランド基地に駐留する大尉と中尉が何度も検査に失敗している。彼らは数時間前に知らされ、テストに異存はなかったという。

もし不合格になれば、一日「落ち着く」時間が与えられる-これは法執行機関ではかなり一般的な習慣である-。2回連続で不合格になると「欺瞞的」と判断され、3回目の検査が行われるのはごくまれなケースだそうだ。ポリグラフは、血圧、呼吸、皮膚電気伝導度の3つの生体指標を測定する。有能で公平な検査官によって実施された場合、ポリグラフの精度は87~95%とされ、回答者の回答は5段階で点数化され、それによって態度が数値化される。-6(強く欺瞞的)、-2(欺瞞的)、-1(やや欺瞞的)、0(中立)、+1(やや真実的)、+2(真実的)、+6(強く真実的)である。

ラックランド大尉はそれぞれ-7点、-10点で、つまり底をついてしまった。

質問例は以下のとおり。

・あなたは憲法上の宣誓をしたか?

・ジョセフ・R・バイデンを合法的に選ばれた米国大統領と認めるか?

・過去18か月の間にロイド・オースティン国防長官と連絡を取ったことがあるか?

・ホワイト・ハットの運営について、無許可の人物と話し合ったことがあるか?

・デービッド・H・バーガー将軍から下された命令に背いたことがあるか?

・ホワイト・ハットを裏切ったことがあるか?

・エリック・M・スミス将軍を裏切るつもりか?

・試験の質問にはすべて正直に答えたか?

私たちの情報筋によると、大尉は両方の試験でこれらの質問に対して「正直に」答えていないとのことだ。

中尉も同様の質問をされ、不合格であった。

ポリグラフは法廷では認められないので、スミス将軍は将校の有罪・無罪を計るのにポリグラフだけに頼ることはないだろう。しかし、彼は、彼の連絡係が今週ラックランドに到着して尋問するまで、2人の将校を「拘留」するよう命じている。

また、今、「風船」騒動が起きている。政権がサウスカロライナ州沖で気球を撃墜したと主張しているのは周知のとおりだ。もしそうなら、それは2つ目、あるいは3つ目の気球だったのだろう。ホワイト・ハットは、ビリングスの住民が目撃したように、モンタナ州で気球が墜落したと述べている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す