日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカデサンティスはマー・ア・ラゴの捜査について事前に知っていた。ガーランド司法長官とメールしていた。

デサンティスはマー・ア・ラゴの捜査について事前に知っていた。ガーランド司法長官とメールしていた。

By Michael Baxter -2023年3月3日(Real Raw Newsより翻訳)

エリックM・スミス将軍が火曜日に議会で共有した新しいホワイト・ハットの研究結果によると、フロリダ州知事のロン・デサンティスは、FBIが8月8日にドナルド・J・トランプ大統領のマー・ア・ラゴの不動産を急襲したことを事前に知っていたが、連邦政府のチンピラ軍団がイナゴの大群のようにパームビーチに降臨しようとしていることを警告しないことを選択したという。

米陸軍サイバー軍と海兵隊サイバー空間軍によって作成されたこの報告書は、デサンティスが襲撃の2週間前の7月25日にタラハシーの知事公邸でメリック・ガーランド司法長官を接待したと主張している。それによると、合同サイバー司令部タスクフォースは、ガーランドと2人の身元不明の男がその晩の午後8時にデサンティスの家に到着する監視カメラの映像を入手したという。

政権を厳しく批判してきたデサンティスが、法を守る愛国者を標的にするために司法省を武器にしてきたガーランドと、どんな理由であれ同席する理由がないと、スミス将軍は考えていた。さらに、司法省もデサンティス陣営もこの会合について公に言及しなかったため、この会合は秘密裏に行われたようである。

「この会合には、技術的に犯罪的なものは何もない。デサンティスは誰でも自宅に招き入れることができるが、トランプ大統領の自宅を不法占拠する直前に密会したことは、今になって思えば非常に疑わしいことだった。

トランプ大統領はまだ2024年にホワイトハウスへの「公式」復帰を目指すと凱旋発表していなかったが、デサンティスはトランプ大統領の弾劾されない人格をさらに傷つけるために汚点を探していたのかもしれない」と、この情報筋は付け加えた。

「デサンティスが中間選挙前に大統領職を望んでいたかどうかは分かりません。しかし、もしデサンティスが勝利すると予想されるのであれば、彼は事前に手を打つことができたはずです。トランプが発表したのはずっと後になってからですが、デサンティスは間違いなくトランプを無敵の相手と見ていました」と情報筋は語っている。

報告書の他の情報は、デサンティスがメリック・ガーランドと共謀してトランプを倒そうとしたというスミス将軍の仮説を強固にした。サイバースペース司令部は、ガーランドが「今行く」と書き、デサンティスが「ご忠告ありがとうございます」と答えるテキストメッセージを保有しており、そのタイムスタンプは、FBIの大群が違法かつ前例のない形で米国大統領の自宅に侵入する3時間前に押されたと伝えられている。

ホワイト・ハット評議会のメンバーの何人かは、デサンティスはトロイの木馬であり、自由を愛する共和党員のふりをしたグローバリストであり、その反覚醒のレトリックは有権者を惑わすための単なる策略であり、彼が大統領府に座った場合の真の野心は、沼を深くし、腐った連邦政府を豊かにすることだと考えている。しかし、評議会の中には、デサンティスをより良い選択肢と見なし、この文章を “無害で結論が出ない”とする意見もある。

スミス将軍は、前任のデビッド・H・バーガー将軍と同様、昨年のハリケーン「イアン」の際、FEMAがフロリダ市民を恐怖に陥れることを許し、デサンティスは許しがたい残虐行為を行ったと語る。

ホワイト・ハットがデサンティスに対する訴訟の準備を進めているかと問われ、「たとえ知っていたとしても、言えない。しかし、彼に対する圧倒的な反感がある。軍部の大半はトランプ大統領に味方している」と答えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す