日曜日, 5月 19, 2024
ホームCovid-19JAG、「ワープ・スピード作戦」設計者に有罪判決

JAG、「ワープ・スピード作戦」設計者に有罪判決

By Michael Baxter -2023年3月25日(Real Raw Newsより翻訳)

木曜日、米海軍法務官は、「ワープ・スピード作戦」の立案者であるモンセフ・スラウィに対し、反逆罪と大量殺人の罪で有罪判決を下し、死刑を宣告した。

冒頭陳述で、スラウィの弁護士であるジェナー&ブロック法律事務所のオマル・アクバーは、JAGが「違法な分離主義的司法システム」を運営しており、民間人に対する権限を持たないとして、依頼者に対するすべての容疑を予断なく棄却するよう要求した。スラウィに不利な証拠は、許されない「毒の果実」とみなし、廃棄するべきだと叫んだ。彼は、スラウィを科学界の立派な一員であり、数十年にわたる公共事業での功績と賞賛が数え切れないほどの命を救ってきたと評した。さらに、モンセフ・スラウィのような罪のない人々を投獄したり、「殺害」したりすると大金を払うことになるとJAGを集団訴訟で脅し、JAGがトランプ大統領から指示を受けていると非難した。ダース・E・クランドール副提督を「腐敗」「詐欺」「陰険」と呼び、提督は “現世でも来世でも “その罪の報いを受けると述べた。

なお、アクバルは過去にGITMOを訪問したことがある。2007年には、アフガニスタンにあるアルカイダのアル・ファルーク訓練所に通い、2001年にオサマ・ビンラディンと面会したオーストラリア人、デビッド・ヒックスを弁護した。ヒックスは、2006年軍事委員会法に基づく米国グアンタナモ軍事委員会によるテロリズムへの物質的支援提供の罪状を認める司法取引に同意した。ヒックスは執行猶予付きの判決を受け、オーストラリアに帰国した。この有罪判決は、2015年2月、バラク・フセイン・オバマの指示により、米国軍事委員会審査裁判所によって覆された。

「クランドール副提督、あなたは裁判にかけられるべきです」とアクバーは言った。

「我々はあなたが誰であるか知っています。弁護士、そしてあなたはオバマがもはやJAGや軍事委員会事務局を支配していないことを知るべきです。私はあなたのような大芝居を見たことがありますし、きょうここで証拠が示されるでしょうから、あなたの依頼人の横に座ってください」とクランドールh副提督は言った。

アクバルはスラウィの肩をたたいた。「私が処理します。副提督、私たちはいじめられることはありません。私の依頼人には権利があります」と彼は言った。

「あなたの依頼人は、反逆罪で告発された被拘束者です。無罪にならない限り、彼には何の権利もありません。この法廷を尊重するか、それとも排除するか、どちらかです」クランドールh副提督は言った。

副提督は、トランプ大統領がワープスピード構想を発表した1か月後の2020年6月にスラウイが作成したJAGの証拠書類を審査するために任命された3人の将校に見せた。「我々はトランプ氏を望む場所に連れて行った。彼はワープ・スピード作戦を支持し、推進している。彼はワクチンについて何も知らないので、私たちが団結する限り、私たちの言うことを聞くでしょう」と、スラウィはマイケル・ペンスと当時のHHS長官アレックス・アザールへのメールに書いている。

別のメールでは、スラウィは今は亡きアンソニー・ファウチとフランシス・コリンズに「トランプ氏にワープスピード作戦を受け入れてもらうのはいい仕事だ。我々は彼を暗躍させている」 と書いた。

副提督はパネルに、米陸軍サイバー軍と海兵隊サイバースペース軍の両方が、メールの発信元がスラウィの個人Gmailアカウントであることを検証した証明書類を見せた。

クランドール副提督は、スラウィはディープ・ステートとワクチン製造業者とバランスの取れた関係を持っていると述べた。スラウィは血栓予防注射を宣伝し、その結果、製薬会社の懐に巨額の利益をもたらし、製薬会社は彼とディープ・ステートの毒を売り込む他の悪徳医師に現金をキックバックした。

「彼らは一体となって働いていた。スラウィは、その役割のために何百万ドルも支払われた。少なくとも我々が知る限り5,600万ドルだ。彼は、ワクチン、そう呼ぶのは心苦しいが、病気、失明、実験参加者、モルモットを殺すことを証明する実験データにアクセスしていたにもかかわらずだ」と副提督はパネルに語った。

クランドール副提督は、スラウィが2020年4月から12月の間に大金を得たことを示す財務諸表を表示した-モデルナ社の提供で12回の支払いで1,700万ドル、ファイザー社から16回の支払いで2,200万ドル、ジョンソン&ジョンソンから1,700万ドルである。副提督はまた、米陸軍サイバー司令部がスラウィの電子機器から吸い上げた証拠となる文書を提示した。

「2020年6月、モデルナが第II相試験を強化する中で、人間のモルモットが被った副作用に関するモデルナの内部報告書です。600人がワクチン接種を受け、34人が死亡しました。スラウィ被拘禁者は同年7月にこれらのデータを受け取りました。彼はワクチンが安全でないことを明確に知っていましたが、それでもワープスピードで全速前進することを止めませんでした。彼には、トランプ大統領に、国民に、真実を広める法的・倫理的義務があったのです」とパネルに語りかけた。

アクバルは、彼のクライアントの金銭は「コンサルティング料」であり、スラウィは副作用報告書を見たことがないと反論した。

「コンサルティング料として5,600万ドルを支払った? 彼のノートパソコンから取り出した報告書は見たことがありません。それが、このパネルが信じると思っていることな のですか」と副提督は質問した。

「率直に言って、私も私のクライアントも、あなたとあなたのパネルが何を信じようと気にしません。これはサーカスであり、あなたがたはピエロなのです」とアクバルは言った。

クランドール副提督はパネルに、スラウィに対するJAGの証拠を慎重に検討するよう求め、5秒後、パネルは全員一致で有罪という評決を下した。

アクバルは立ち上がり、提督に詰め寄った: 「我々はこの法廷やあなたの権威を認めない、クランドール副提督。この裁判の性質上、公正な裁判の可能性はない。あなたとあなたの委員会は腐敗している」。

彼の退席はクランドール副提督を苛立たせた。「評決は有効だ、アクバーさん。二度とこの場に現れないことを強くお勧めします。次に来るときは、弁護士としてではないかもしれない」。

副提督が話すと、アクバーはスラウィに、控訴するつもりだから心配するなと言った。

クランドール副提督は、「あなたが誰に訴えるかは知らないが、すぐに実行したほうがいい。あなたの依頼人は月曜日に絞首刑だ」と言った。

彼は死刑執行日を3月27日(月)に設定した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す