日曜日, 5月 19, 2024
ホームCovid-19軍がロリ・ライトフットを逮捕

軍がロリ・ライトフットを逮捕

By Michael Baxter -2023年3月16日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海軍のJAG(米海軍法務官)捜査官は水曜日、失脚したシカゴ市長のロリ・ライトフットを反逆罪で逮捕したとJAG関係者がReal Raw Newsに語った。また、ライトフットの妻エイミー・エシュルマンも、ライトフットがCovid-19プランデミックの前後に犯した犯罪の共犯者として拘束した。

ホワイト・ハットは、ライトフットを捕らえる隙を狙っていたが、ライトフットは、公の場にいないときは、警備員に囲まれ、難攻不落のセーフルーム(侵入、住居侵入、竜巻、テロ、その他の脅威の際に、住民に安全なシェルター、隠れ家を提供するために個人の住居や会社に設置される要塞の部屋)に住んでいた、とこの情報源はシカゴ北西部の彼のブラウンストーン内で語っている。

今月初め、ライトフットがシカゴ市長選で不名誉な落選をしたとき、彼の警備員は蒸発したように見え、彼は無防備になってしまった。ディープステートは、ライトフットの選挙戦での惨敗を受け、資金援助を打ち切ったようだと、この情報筋は述べている。ライトフットのシカゴ市民の人気は、犯罪が急増し、略奪や騒乱が横行し、殺人などの凶悪犯罪が多発することで有名なシカゴがさらに危機に瀕した「プランデミック」時に低下した。ディープ・ステートがライトフットの死を画策したのかどうかは不明だが、ディープ・ステートは、有用性がなくなると、自分たちの仲間を見捨てたという歴史がある。

JAGの情報源によると、ライトフットは最終的に、強硬な自宅待機命令、旅行禁止、マスク着用義務の犯罪化と引き換えに、1,000万ドルを超える支払いを受けていた。一方、彼は自身の指導(汝のための法律、しかし私のためではない)を無視し、ジョセフ R. バイデンのドナルド J. トランプ大統領に対する勝利を祝うためにマスクなしで公共の場に姿を見せた。ライトフットは、マスクをしていないCovid否定派に罰金を科し、投獄するよう法執行機関に指示し、略奪、銃撃、放火が包囲された都市を悩ませた。感謝祭やクリスマスを「中止」し、「一緒に住んでいない家族」と休日を楽しんでいる人を見つけて逮捕するよう警察に命じたほどだ。

ライトフットが受け取った報酬は、2021年3月に手配され、犯罪政権の保健福祉省からのもので、ホワイト・ハットの「最重要指名手配」リストに残っている同省の長官ザビエル・ベセラによって承認されたと、我々の情報筋は述べている。

「私たちは、ロリ・ライトフットが賄賂を受け取り、すでに大規模な崩壊状態にある都市を危険にさらしたことを疑う余地もなく証明する財務記録と通信を持っています。彼は職務怠慢とアメリカ合衆国に対する反逆の罪を犯しています。クランドール副提督はエリック・スミス将軍とライトフットを捕まえる最善の方法について話し、彼女はもはやディープ・ステートの保護を受けていないことから、比較的リスクの少ないターゲットと考えられ、彼らはJAGが逮捕を実行することに決めました」。

水曜日の朝、北西部郊外のバリントンにあるスターバックスから出てきたライトフットとエシュルマンが乗った車をJAGの捜査員が包囲した。ライトフットは逮捕に抵抗し、もみ合いになった結果、スウェットパンツが尻からずり落ち、男性器が露わになったという。捜査官はスタンガンを使って2人を制圧せざるを得なかった。2人は突然敵意をむき出しにし、互いに相手を “売り飛ばした”と非難し合った。

「ライトフットが男であることは驚くことではありません。ライトフットを有罪にするのに十分な証拠があると思います。エシュレマンの地位は宙に浮いていますが、彼女がライトフットの犯罪を知っていた証拠はあります」と、この情報筋は述べている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す