日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカFRBと軍の売国奴がホワイト・ハット摘発のために共同訓練

FRBと軍の売国奴がホワイト・ハット摘発のために共同訓練

By Michael Baxter -2023年4月9日(Real Raw Newsより翻訳)

ワシントンDC – 2020年10月7日:ワシントンDCの司法省で行われた国家安全保障問題に関する記者会見で話すFBI長官クリストファー・レイ。(写真:Jim Watson-Pool/Getty Images)

ロイド・オースティン国防長官とクリストファー・レイFBI長官は、ホワイト・ハットの「協力者」を特定し、孤立させ、恐怖に陥れることを任務とするタスク・フォースを創設するために資源を結集したと、FBI内部告発者、あるいは「第5列の人(裏切り者)」がReal Raw Newsに語っている。

この「第5列」とは、FBIがマー・ア・ラゴを不法に襲撃した後、ディープ・ステートを浄化するというミッションにおいてホワイト・ハットを密かに支援し始めた、増え続けるFBI捜査官のことを指している。エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋は、「第5列主義者」の数を約500人と発表しており、この数字は内部告発者が確認したものである。彼らは、ホワイト・ハットが、犯罪者であるバイデン政権とその腐敗した司法省を倒すのを助けると誓っている。

しかし、クリストファー・レイは、自分の指揮下にあるエージェントが、ホワイト・ハットとともに自分の権威を覆すために働いていることを発見したが、どのエージェントが、アメリカ人が大切にしている権利と自由を奪うという邪悪な意図をホワイト・ハットのコミュニティと共有しているかは知らなかった。二重スパイを探すことで、偏執狂的なレイは、自分をFBIから追い出そうとする現実と想像の陰謀に満ちたウサギの穴に真っ逆さまに落ちていくことになった。内部告発者は、レイが「トランプ支持の裏切り者」を見つけるために永遠に探求し続けることが、彼を狂わせたと語った。

レイは1月、DC、スポケーン、ダラス、ヒューストン、シカゴ、オクラホマシティ、ニューヨーク、マイアミのグループ監督官と担当特別捜査官に「第5列主義者」の摘発を課し、3週間でリストを作成させた。3週間が経過し、担当の監督官と捜査官が一人の「第5列論者」も発見できなかったとき、レイは発狂して彼らをスパイだと非難し、ドナルド・トランプとスミス将軍のためにひそかに働く防諜員ではないことを証明するためにポリグラフを取るよう要求した。彼らは全員合格し、レイの狂気は新たな高みへと舞い上がり、至る所にスパイが存在し、自分の周りで陰謀が企てられていると考えたのだ。

「クリス・レイは誰も信用していません。直属の部下でさえ、彼の目には疑わしいと映るのです。彼はとんでもなく狂っていると言っても過言ではありません。彼は何千人もの労働時間と多くの税金を使って、私たちの正体を突き止めようとしています」と内部告発者は述べている。

レイの狂気は2月に入っても続き、反抗的な態度と、閣僚や軍の高官の前では「サー」と呼ばないというでっち上げの違反で、担当の副捜査官を降格させた。

「2月末のいつか、日付は忘れましたが、クリス・レイは、私たちが一人も見つからなかったことにすっかり屈辱を感じて、ロイド・オースティンと会って、FBIの終身担当捜査官を連れてきたのです。この男、名前は伏せますが、FBIに15年いるんです。オースティンの目の前で、レイはこの男に噛みつき始めました。FBIが我々を見つけられないのは、彼のせいだと言ったのです。このかわいそうな人は、仕事をしてるだけなのに-クリス・レイは彼をこき下ろして、デスクワークに降格させると言い出しました。私は、レイがそのことを自慢し、担当の特別捜査官が書類整理係になったので知っています」と内部告発者は語った。

レイは、自分の失敗を他人のせいにすることで、恥を隠していたのだ、と彼は付け加えた。オースティンとの会談でレイは、FBIがオースティンの軍に加わり、ホワイト・ハットの「反乱分子」(反体制派のエージェントや犯罪者バイデン政権に反対するすべての人に貼られるレッテル)を暴露して撲滅することを提案した。彼はオースティンに、自分の部下に不信感を抱いており、反乱分子の「捕獲または殺害」を助ける兵士が必要だと言い、その役割を果たす特殊部隊を特に要求した。オースティンは、自分がもはや特殊部隊をコントロールしていないことを認めざるを得なかったが、別の解決策を提示した: 彼は、米空軍の近接精密交戦チームの「バイデン仲間」が自分の命令に従うだろうと言った。

内部告発者によれば、レイはオースティンの50人の部隊のそばで働く75人の捜査官を選んだが、敵を暴こうと急ぐあまり、FBIとブラック・ハットの合同タスクフォースに参加する「第5列の人」を数人選んでしまい、彼らはスミス将軍のオフィスに情報を伝達した。

合同部隊は、クアンティコのFBI本部とブラック・ハットが管理するカリフォルニア州トラビス基地で60日間の訓練を行い、トランプ大統領とスミス将軍の顔を的の代わりに使って射撃の技術を練習した。彼らは反乱軍の訓練や模擬尋問を行い、すべてのトランプ支持者を疑いの目で見るよう教えられた。

一方、レイは潜在的な犯罪者のリストを次々と書き上げた。バイデンの悪口やトランプ大統領への支持など、反逆的な行動を示す指標として、現役・退役を問わず数百人の捜査官のソーシャルメディアのプロフィールを精査し、レイによれば、実行不可能な犯罪を行った。

「レイは自分のリストに名前を追加していきました。名前を消していくのです。消した名前をまた追加するのです。彼はホワイト・ハットのシンパが悪意を持って罪を犯していると言い、我々全員を捕まえることを誓いました」と内部告発者は述べている。

Buckman Tavern in Boston

4月2日、レイは「やった!」と思った。彼は、1月6日の議事堂事件の直後にFBIを辞職した元捜査官、ゲイリー・ベルヴィンのソーシャルメディアのプロフィールを偶然見つけたのだ。そのプロフィールには、47歳の黒人男性で身長185cm、トランプ2024のTシャツを着て星条旗を持っている写真が掲載されていた。写真の下のコメントには、”Potissimum libertas”(ラテン語で “自由全体 “を意味する)と書かれていた。別の画像は、ボストンのバックマン・タバーンに立つべルヴィンの自撮り写真で、”マサチューセッツで休暇中 “とキャプションが付けられていた。

「このプロフィールを見て、レイは大喜びした。彼はゲイリー・ベルヴィンがホワイト・ハットに入るために局を去ったと考え、彼をひどく捕まえたがっていた」と内部告発者は言う。

レイはベルヴィンがどのホテルに泊まっているかを知り、彼を拘束して尋問するために、訓練されたばかりのタスク・フォースのメンバーを集めた。そして、ベルヴィンの写真を対策本部に回覧し、ベルヴィンが武装している可能性が高く、極めて危険であることを警告し、殺傷力を行使することを許可した。

4月4日、FBI捜査官とブラック・ハットはボストンのホテルの一室に押し入り、唯一の居住者である30代の白人男性を警棒で殴り、床に倒れさせて苦しめた。彼らは男性に手錠をかけ、バスルームに引きずり込み、椅子に縛り付けた。ブラック・ハットの1人が浴槽に水を張り、表向きは、男が協力を拒んだら溺れさせるためだった。捜査官たちは、自分たちが間違った部屋に入り、間違った人間を取り押さえたことに誰も気づいていないようだった。彼らは30分間彼を尋問し、「第5列のメンバー」をすべて挙げなければ殺すと脅した。45分後、彼らはその男のIDを確認し、自分たちの重大な誤りを理解した。

「その男は、乗り継ぎの航空会社のパイロットだった。ベルヴィンの写真を持っていながら、白人を黒人と勘違いしたのです。私たちよりも、彼ら自身の方が危険です。捜査が入ったとき、ベルヴィンはホテルにさえいませんでした。 ベルヴィンは『第5列』や『ホワイト・ハット』とも関係がありません」と内部告発者は述べた。

捜査の失敗のニュースが公になると、FBIと国防総省は、実際の出来事を難解にするストーリーを作り上げた。連邦捜査官と軍人は、ボストンのホテルで訓練を行っていたところ、間違えて部屋に入り、無防備な民間人を尋問してしまったという。

「レイの部下と軍のブラック・ハットが手を組んだというのは恐ろしいことです。彼らが行動を共にすれば、真の脅威となり得ます。『第5列』は今、安全であり、我々はその状態を維持することを目指します」と内部告発者は述べている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す