水曜日, 2月 21, 2024
ホームアメリカブラックホークス・ダウン、ホワイト・ハット殺害

ブラックホークス・ダウン、ホワイト・ハット殺害

By Michael Baxter -2023年4月7日(Real Raw Newsより翻訳)

3月29日、2機のブラック・ホーク・ヘリコプターに搭乗していた9人の軍人が「訓練中の事故」で死亡したとき、犯罪政権の口利き役であるロイド・オースティンは、機体が失われ死亡したのは、ケンタッキー州のキャンベル基地の西で夜間に衝突したせいだと非難した。一週間後、彼は「事故」で死亡したとされる9人の兵士の名前と階級を発表し、捜索救助隊が残骸からフライト・データ・レコーダーを回収したと発表したが、彼はブラック・ボックスが墜落前に何を記録したかについての詳細は何も語らなかった。

この事件に関するReal Raw Newsの調査は、公式のシナリオが完全に虚構であることを実証している。

エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋はRRNに、3月31日の夜に死亡した9人の兵士は第101空挺師団と第160特殊作戦航空連隊のメンバーであり、政権の腐敗した国防省が名付けた兵士ではない、と述べた。

実際の兵士は、イリノイ州南部の邸宅で未成年の子供をかくまった疑いのあるディープ・ステイすターを逮捕する任務中に、ブラック・ホークが「飛行中に爆発」して戦死したホワイトハットたちだと彼は言った。スミス将軍の事務所では、作戦上の安全上の理由から、死亡者の身元とディープ・ステイターの名前は伏せられている。

事件直後、ホワイト・ハットは、犯罪者バイデン政権に忠実な兵士(ブラック・ハット)が墜落現場に到達して封鎖する前に、残骸を回収するために時間との闘いを繰り広げた。

キャンベル基地には現在、ホワイト・ハットとロイド・オースティン国防長官に忠誠を誓う兵士がおり、アンドリュー・ジョーダン大佐がホワイト・ハット派、ジョセフ・マクギー上級司令官がバイデン派を代表しているとのことである。キャンベル基地の指導部の分裂と戦況は本稿の範囲外だが、この微妙な分裂は今後取り上げる予定だ。指揮命令系統が分断されている

墜落から1時間以内に、ホワイト・ハットの回収チームが「事故」現場(住宅地の向かいにある空き地)に到着し、燃え盛る破片を消火した。地上からわずか250フィート(76.2m)の高度で飛行していたヘリに残されたのは、ねじれた金属の散乱だけだった。残骸の中には、9人の白衣の勇士が折れて焼けただれた死体で横たわっていた。手足がなく、肉が焦げた死体が残骸の中から投げ出されていた。また、シートフレームの一部であるアルミチューブが胸に突き刺さっている者もいた。低空飛行のヘリコプターが衝突したのとは考えられないような損傷とバラバラ死体だった。

M35 2.5 Ton Truck

回収チームは、できる限りの遺体を解放し、ヘリコプターの破片とともにM35 2.5トン貨物トラックに乗せ、周辺からブラッグ基地に向かう長いドライブを開始した。

ブラッグでは、陸軍工兵隊と契約していた冶金学者が、計器パネル、粉々になったパイロットヘルメット、その他の部品、構造片について、化学スポットと赤外線分光法のテストを行った。彼は、両ヘリコプターの大きな損傷は、コックピットまたは乗務員室のいずれかで爆発物が爆発したことと一致すると推論し、プラスチック爆弾の一般的な種類であるC-4の小さな粒子を発見した。

ブラッグ基地のウォマック陸軍医療センターの検死官は、死亡した兵士の遺体を調べて爆発物説を証明した。例えば、眼球は眼窩から吹き飛ばされ、腕は千切れており、低空での衝突や墜落とは考えられない傷である。

スミス将軍の事務所が発表した予備報告書によると、ブラック・ホーク2機のコックピット内またはその近くで、タイマー付き、または乗員が意図的に作動させた数ポンドのプラスチック爆弾が爆発し、致命的な墜落のきっかけとなったと結論づけている。爆風で死ななかったとしても、墜落で確実に死んだと報告書は断定している。

「これは妨害行為です。しかし、なぜ国防総省が死者の名前を捏造したのか、その理由は不明です。私たちはすべての遺骨を手に入れることができなかったし、私たちの諜報員が機密任務で(ドッグ)タグをつけないとしても、今までに国防総省は死者を歯科記録と照合しました。国防総省は、誰があのヘリコプターに乗っていたかを把握していると考えてよいでしょう。国防総省が名指しした9人のうち、ブラック・ホークに搭乗していなかったのは分かっています」と、この情報筋は述べた。

キャンベル基地を出発したとき、軍の記録では数百キロ、数千キロ離れた場所で休暇を取っていたので、3人はヘリに乗れなかったという。

不可解なのは、国防総省の飛行記録にある9人全員が地球上から姿を消したことだ。

「忽然と姿を消したのです。休暇中とされる者たちはキャンベル基地に戻っていません。残りの6人もフォートキャンベルにはおらず、どの軍事基地にもいません。徹底的に探しました。本当に話を聞きたいんです。でも、もういないんです」と、この関係者は言う。

国防総省が何らかの理由で彼らを消した可能性も否定はしていない。

最後に、ディープ・ステイターを逮捕し、奴隷にされた子供たちを救うための作戦の詳細を情報筋に尋ねた。

「今はまだ、その後の作戦があったのかどうかは分かりません。もっと話す権限があれば、そうします。ただ言えることは、スミス将軍は2つの可能性を見ているということです。裏切り者がまだいるか、ディープ・ステートが作戦を知り、ヘリを爆破するよう仕組んだかのどちらかです」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す