火曜日, 5月 21, 2024
ホームGITMOJAG、ロリ・ライトフットに死刑判決!

JAG、ロリ・ライトフットに死刑判決!

By Michael Baxter -2023年4月16日(Real Raw Newsより翻訳)

ロリ・ライトフットは、水曜日の朝、GITMOの南法廷に入り、3月19日にグアンタナモ湾に到着してから一度だけ、しかも短時間しか会っていないダース・E・クランドール副提督と対面すると、まるで暴れまわるヒヒのように振る舞った。ライトフットはどなり、唸り、唇を丸め、その狂ったような目は副提督を狂喜乱舞させた。ライトフットは、クランドール副提督を風評被害と精神的強迫で訴えると脅し、キャンプデルタの独房で苦しんだ1日ごとに1億ドルを要求した。彼は、すぐにGITMOを所有し、トランプ支持者で埋め尽くすと言った。

“誇大妄想はあなた方の仲間によくあることだ “とクランドール副提督は言った。”あなたの仲間 “というのは、ディープステートに所属していることを指しているのであって、人種や性別をどう認識しているかではない」と明言した。

既報の通り、ライトフットの逮捕時、彼は感情的かつ精神的に崩壊し、ズボンを自由にくねらせ、JAG調査官に股間を見せびらかした。彼は、取調官が彼の性別を “生物学的男性”とメモしたことに異議を唱えたのである。

ところが、ライトフットは副提督の説明に腹を立てた。

「私は女だ」と叫んだ。

クランドール副提督は「あなたは被拘禁者です」と訂正した。

クランドール副提督は、JAGにはシカゴ市長室の元職員という証人がいて、ライトフットはCovidロックダウンの実施と引き換えに現金を得たと自慢していたが、彼女はタダでもやっていた、と証言してくれる、と冒頭陳述を始めていたが、被収容者のライトフットが無礼にもそれを遮ってしまった。

「彼女は嘘つきだ!」と。

「ライトフット被収容者には、これまでと同じように、礼儀を守るか、猿ぐつわをするかという選択肢を与えよう」とクランドール副提督は言った。

「あなたは私を脅かすものではない。私は聞いてもらうぞ」とライトフットは言い返した。

ライトフットの背後に潜んでいた2人の憲兵が、突然ライトフットに手錠をかけ、猿ぐつわをかます。

1分後、クランドール副提督は証人であるライトフットの元政府間担当副市長を呼び出した。ライトフットは、クランドール副提督が別の人物を証言台に呼ぶつもりだと思ったのだろう。

クランドール副提督は、ペレス氏の経歴や学歴、職歴を確認するため、普通の質問をいくつかした。そして、ペレス氏に、JAGは彼の証言に対して何か約束をしていたかと尋ねた。

「いいえ、約束はしていません」とペレス氏は言った。

「そして、あなたの証言は任意であることを明確にしましたね?」

「はい、そうです」。

「なぜきょう証言することにしたのですか、ペレスさん?」

「良心の呵責からです。ロリ・ライトフットの真実を知ってもらうためです」とペレス氏は言った。

クランドール副提督は、「被告と一緒にいた時間がかなり長かったので、被告をどう評価しますか」と尋ねた。

「彼女はシカゴを自分のものだと思い込んでいる、ナルシストで思い上がった女です」と、ペレス氏は答えた。

ライトフットは猿ぐつわの中でつぶやいていた。

副提督はさらに無難な質問をしてから本題に入った。「ペレスさん、2020年3月20日頃、被告は医療戒厳令を効果的に施行するために、違法なロックダウンや 避難所命令を支持し制定するための賄賂を受け取ることについて、公然と話していましたか」。

「まあ、イエスでもありノーでもあります。彼女はNIHから1,000万ドルの小切手をもらったと自慢していましたが、正確に言えば、災害宣言を出したのはプリツカー知事でした。ロリは彼に従ったのです」とペレス氏は言った。

「プリツカー知事とはすぐにでも付き合うことになります。あなたの知る限り、ペレス氏、プリツカー州知事はロリ・ライトフットに対し、シカゴ警察にマスクをしない住民への嫌がらせ、罰金、逮捕まで命じたのでしょうか?」とクランドール副提督は言った。

「彼はしていません。それはロリの考えです」とペレス氏は認めた。

「また、あなたの知る限りでは、プリツカー知事がロリ・ライトフットに、当時のイリノイ州のCovid事件の数が災害命令を出すに値するかどうかを尋ね、ライトフットが、言葉は悪いが、プリツカー知事に、その命令を実現することに両者の政治キャリアがかかっていることを伝えたというのは真実でしょうか?」

「それは事実です。そのような趣旨の電話を何度か耳にしたことがあります」。

「しかし、彼は彼女の忠告に耳を傾ける必要はなかった。彼は知事で、ライトフットは市長に過ぎない。それとも彼女は事実上それ以上だったのですか?」

「イリノイ州のシカゴ内外の多くの役人がロリに助言を求め、たいていそれに従いました」とペレス氏は言う。

「シカゴ公衆衛生局が、シカゴ市街地で戸別接種プログラムを実施し、ワクチンの安全性に疑問を持つ人々を辱めるというのは、誰のアイデアだったのでしょうか?」

「それはロリの考えです」。

「シカゴ警察が家宅捜索を行い、その家の全員が実際に住んでいることを確認したのは誰の考えですか? 説明させてください。警察は、2020年の3月、4月、5月に、イースター・ディナーのような行事に居住者以外の家族を招待しているという『何かを見たら、何か言ってください』という情報に基づいて、145軒の家を訪れました。警察はそれらの家を家宅捜索し、家の所有者や借家人を逮捕したり罰金を科したりして、リースや住宅ローンなどの公式文書に載っていない家族を追い出したりしました。いくつかのケースでは、人々は強制的に隔離された。これが正しいかどうか、誰がこれらの命令を下したか、記録として述べてもらえますか?」

「はい、そのとおりです。そしてロリでした」とペレス氏は言った。

副提督は1,000万ドルの小切手のことに話を戻した。「被告がNIHから1,000万ドルもらったと堂々と言ったとき、ペレスさん、おかしいと思いませんでしたか。私はそれを理解しようとしているのです。確かにあなたか、他の誰かが気になったに違いありません」。

「誰も聞く必要はありませんでした。彼女は、Covidで素晴らしい仕事をしたことに対する贈り物だと言っていました」とペレス氏は言った。

「素敵な”贈り物”ですね」と、副提督は切り出した。「彼女はスタッフと共有したのだろうか?」

ペレス氏は笑った。「いや、もちろんありません」。

「しかし、あなたや他の知っている人は黙っていましたね」。

「私たちは、オフィスで起こったことを理解し、オフィスに留まりました」とペレス氏は言った。

クランドール副提督はペレス氏に感謝し、退席させた。

そして、ライトフットの2020年3月から5月までの銀行記録のコピーをパネルに見せた。NIHはその期間中、200万ドルの預金を5回していた。その預金は、元ディープ・ステイターでNIHの責任者であった今は亡きフランシス・コリンズ博士によって承認されていた。

彼はパネルに、毒舌のライトフットがプリツカー知事に影響を与えるだけでなく、ライトフット自身のシカゴに対する過激な支配を進めるための取引の一環として、1,000万ドルを受け取ったと力説した。

パネルは有罪の評決を下し、ライトフットは職務の宣誓を裏切り、反逆的行為であり、有権者を危険にさらしたとして、絞首刑に処すべきだとした。

アドミラルは、4月14日(金)に処刑日を設定した。

注:私はまだ処刑の知らせを受けていない。確認が取れ次第、概要を公開する予定だ。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す