土曜日, 4月 13, 2024
ホームGITMOロリ・ライトフット、GITMOで処刑される

ロリ・ライトフット、GITMOで処刑される

By Michael Baxter -2023年4月17日(Real Raw Newsより翻訳)

ロリ・ライトフットは、匿名の兵士に首に縄をかけられ、まだ話せる程度に縄を締められながら、「私は以前のどの市長よりもシカゴに貢献しました」と言った。彼の両手は背中に手錠がかけられ、狂乱したアナグマのようにスタッフに爪を立てることができないようになっていた。

ダース・E・クランドール副提督は「その発言は、ザルから飲もうとするのと同じくらい馬鹿げている」と言った。

ライトフットは、自分の統治下にあったシカゴが、彼の変革的な政策によって比類なき安全と繁栄を経験し、コヴィッドの時代に何百万人もの命を救った、と口走ったのである。彼は、自分を権威主義者、独裁者だと反論し、「トランプの仲間」が選挙キャンペーンを妨害したのは、シカゴを灰にすることを望んでいるからで、それは彼の寛容な支配の下では起こり得ないことだと述べた。

ライトフットは、処刑を見届けに来た軍の幹部たちをにらみながら、「ここで何が起こったか分かったよ。私はあまりにも良い仕事をしていた。そして、あなたがたは知っていた。いつか私がアメリカ大統領になることがあらかじめ決まっていたことを」と言った。

陸軍の三ツ星将軍がクランドール副提督にささやいた。

「それは、オバマが空からパラシュートで降りてきてあなたを救うのと同じ程度の確率です」とクランドール提督は言った。

ライトフットは目を細めた。「あなたは彼の名前を口にする権利を得ていない」。

「ああ、そうだと思った」と副提督は隠語で言った。

壇上にいた海軍の牧師が、ライトフットに「最後の儀式をしたいのか」と尋ねた。ライトフットは言葉を失って彼をにらみつけた。
その鋭い視線、球根のように膨らんだ目は、一瞬、牧師を麻痺させ、数回の緊張の後、ライトフットの魂のために祈ると言って壇上を去った。ライトフットの目に邪悪なものを感じたとつぶやいた。この2年間で2度目、最初はギャビン・ニューサムの絞首刑で、海軍の牧師が死刑囚や呪われた人々の中に潜む不自然な存在を見たのである。

「さっさと終わらせよう。処刑を実行せよ」とクランドール副提督は言った。

ライトフットは、「おまえは俺の○○○をしゃぶることができる」と吠えた。

ライトフットの横に立っていた兵士がボタンを押すと、ライトフットの足元の扉が開いて、ライトフットが落下した。ライトフットの首が折れ、口が開かれた。海軍の医師が死亡時刻をマークした: 2023年4月14日、金曜日、午前10時45分。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す