日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカリズ・チェイニー、GITMOで絞首刑になる

リズ・チェイニー、GITMOで絞首刑になる

By Michael Baxter -2023年4月27日(Real Raw Newsより翻訳)

4月24日(月)

リズ・チェイニーは、絞首台の上に立ち、首にロープをかけられながら、その場にいなかったドナルド・J・トランプ大統領とその「手下」たちを非難し、彼らが集団で憲法を破壊して「私的な司法制度」を執行していると非難することに最期の時間を割いた。彼女の目はナイフで切られたような細い切れ目に開いており、将来彼らと戦うために顔を記憶しているかのように、彼女の下と前に立っている将校たちを観察していた。

絞首刑の常として、制服の兵士がチェイニーの首から数メートル上の梁に伸びているロープを引っ張り、弛みや張りを確かめた。そして、クランドール副提督にうなずいて、ボタンを押す準備を合図した。

頬の赤いチェイニーは、トランプとクランドール副提督が最終的に有罪という決められた評決を受け、自分たちの裁判に臨むことになる、とまくし立てた。彼女は、彼らとその共謀者たちには避けられない運命が待ち受けていると言った。彼女はトランプとクランドールに父の死の責任を負わせ、”仲間”が彼らの首をはねるだろうと言った。

そして、クランドール提督のことを「邪魔者」と呼び、まるで蚊が鳴きながら潰されるのを待つような存在だと言った。

「これは個人的なことではなく、私は自分の責任に楽しみを感じていません。あなたは我が国に対して宣誓をした。それはあなたの国ではない。憲法を裏切った時点で、あなたの国でなくなった。あなたは非アメリカ人だ。あなたたち、あなたたちの仲間は、自分がやったことに何の罪もなく、何の疑いもなく、そこに立っているのです。私はあなたに同情します」とクランドール副提督は言った。

副提督はいつもと違って忍耐強く見えた。彼はチェイニーに、これまで絞首台の上にいたディープ・ステイターたちよりも大きな裁量権を与えた。彼の顔は無表情であったが、彼はチェイニーのような人たちが何に心を動かされるのか、何が彼らを慈善より欲に走らせるのかに純粋に興味を持っているように見えた。慈愛よりも貪欲さを重視するようになったのはなぜか、良識が失われたのはなぜか……。チェイニーの憎悪に満ちた独白を聞いているうちに、彼の冷静な表情は困惑の表情に変わっていった。

「あなたは私の父を殺した。あなたは私の友人を殺した。そのためにあなたは死ぬのです 」とチェイニーは言った。

どうやら副提督は十分に聞いたようだった。副提督は壇上の兵士にボタンを押すよう指示し、その1秒後、チェイニーは風に吹かれてぶら下がることになった。海軍の医師はチェイニーの死亡を確認し、時刻を4月24日(月)午前9時30分と記した。

クランドール副提督は、多忙なスケジュールをこなしていた。彼はまだ2人の汚職警官の絞首刑を監督しなければならなかったし、その後、いくつかのフライトのうちの1つに搭乗し、最終的にグアムへ向かうことになる。グアムでは当分の間、裁判が行われることになる。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す