木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカリズ・チェイニーに絞首刑を宣告する軍部

リズ・チェイニーに絞首刑を宣告する軍部

By Michael Baxter -2023年4月23日(Real Raw Newsより翻訳)

4月21日(金)

米海軍法務官のダース・E・クランドール提督は、リズ・チェイニーが宣誓を裏切ったことを全面的に告白し、部下に提督とその家族を殺害させると脅した後、女性だけのパネルに反逆罪の認定を求めたのだ。

彼は、チェイニーが堕落した恨みのある女性であり、合衆国憲法に対する憎悪は父親と同等で、トランプ大統領に対する不当な反感から選挙詐欺を行い、その後、トランプを辱めたり刑事告発することができなかった委員会の議長を辛うじて務めたとする痛烈な声明文を発表した。

チェイニーは話しながら不機嫌になった。提督は彼女に、法廷での悪ふざけは許さない、議事進行を妨害したら猿ぐつわをするか退場させると警告していたのだ。提督が最初の証人としてチェイニーの元通信部長で副参謀長のジェレミー・アドラーを呼び出すと、彼女は目を細め、唇を噛んだ。アドラーは、検察の免責特権が与えられているにもかかわらず、真実を話すと誓った。

チェイニーの目には怒りが宿り、アドラーをにらみつけた。

アドラーは、チェイニーが2020年の大統領選挙を前に、「トランプ嫌い」を雇って犯罪者ジョセフ・R・バイデンに有利な投票用紙を複数作成し提出させる「投票用紙収穫組織」を組織していたことをパネルに語った。アドラーは、チェイニーはトランプ大統領に対抗してワイオミング州をブルーに染めようと決意していた、と述べた。チェイニーは、トランプが、彼を排除する彼女の努力にもかかわらず、ワイオミング州でバイデンを70%の得票率で追い詰めたとき、正気を失ったと彼は付け加えた。

「リズは、トランプを潰すために天国も地獄も曲げると言いました。彼女は彼のことばかり話していました。トランプの悪夢にうなされるとまで言っていました。彼女は復讐心を抱いていたのです」とアドラーは述べた。

「アドラーさん、被告はなぜトランプ大統領に憎しみを抱くのか、話してくれましたか?」とクランドール提督は尋ねた。

「はい、彼女は父親の死の責任を彼とこの場所に求めています」とアドラーは語った。

2022年1月、グアンタナモ湾の軍事法廷は、ディック・チェイニーが9・11の悲劇に関与して利益を得たとして、反逆罪の有罪判決を下した。彼は2022年1月29日に絞首刑となり、当時のダース・E・クランドール少将が処刑を監督した。

「それで、被告は父親の死をトランプと私のせいにしていると、あなたに言いましたか?」とクランドール提督は言った。

「ああ、そうです。あなたとトランプの死は彼女にとって酸素のようなものだと。そのおかげで彼女は息をしているのです」とアドラーは言った。

チェイニーは答弁席で揺れた。彼女は身を乗り出し、氷のような青い目をアドラーに向けた。「彼らはあなたを守ることはできない」と彼女は言った。

そして、クランドール提督に視線を集中させた。「あなたはホワイト・ハットです。あなたは死んでいる。あなたの仲間も死んでいる。彼らは私の父を殺した瞬間に死んだんだ。あなたの家族も、トランプの家族も、生まれてくる孫も、死んでいる。何か質問はあるか?」とチェイニーは吐き捨てた。

彼女はパネルに向かってゆっくりと振り返った。「おまえらもだ」。

クランドール提督は震えているように見えた。彼は法廷を15分間休廷させ、法廷に姿を消した。そして、チェイニーを反逆罪で有罪にするようにと懇願した。

「父と同じように、娘と同じように…」と、提督は言った。

委員会はチェイニーを絞首刑にすべきだと言った。

そして、クランドール提督は4月24日(月)に死刑執行の日を決めた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す