火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカディープ・ステートのクローンは3年で期限切れ、クローン科学者が軍に伝える

ディープ・ステートのクローンは3年で期限切れ、クローン科学者が軍に伝える

By Michael Baxter -2023年4月24日(Real Raw Newsより翻訳)

1月初旬に米軍特殊部隊に逮捕され、長時間の尋問のために非公開の隠れ家に連行されたディープ・ステートのクローン科学者によれば、熟成室から出ると3年間しか存在せず、期限が切れる少なくとも1週間前に再生センターに呼び戻されるという。

エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、軍の取調官は、現在ハラルド・クラウスと名乗る49歳のドイツ生まれの科学者を、逮捕後すぐに尋問し始めたということだ。寡黙なクラウスは、「協力するか、過去2年間の有罪率100%の軍事法廷に臨むか」と言われた後、質問に答えるのを拒否した。

それ以前は、取調官たちは優しい言葉でクラウスを説得し、米国内のクローン・センターの所在を明らかにさせようとした。彼らはクラウスを知的だが臆病で脆弱だと表現し、強要すれば自分たちの思いどおりにならないだけで、心を病んでしまうのではないかと危惧した。彼らはクラウスをディープ・ステートの報復から守ることを約束し、もし彼を街中に解放すれば、ディープ・ステートは必ず彼を殺すだろうと言った。なぜなら、彼が米軍のホワイト・ハット部隊の手の内にあることを知っていたからである。

「もしあなたを解放したら、彼らがあなたを見つけるまで24時間、おそらくもっと短い時間を与える。何も話さなくても、彼らは私たちがあなたをだめにしたと思うだろうし、あなたが話したと思うだろう。俺たちは善人なんだ。運がよければ、すぐに殺され、痛みもないだろうが、君の上司は情け深いとは言えない」と、ある取調官がクラウスに言ったという。

それは軽い言葉だったと情報筋は言っている。

クラウスは、彼の食生活に合わせた質の高い食事と、等時性尋問の間の十分な回復時間という王道的な待遇を受け、ガタガタで寝心地の悪い簡易ベッドのある独房ではなく、ベッドのある部屋に滞在していた。取調官たちは、その厚意で自白を引き出すことを期待した。しかし、クラウスは強情で、かつての雇い主を恐れていたのか、憤慨して肩をすくめ、「私は本当に何も知らない」と宣言して質問に答えた。

3月に入っても、クラウスの記憶喪失は続き、親切に接して信頼を得ようとする取調官をいらだたせた。

3月中旬、クラウスは食事を摂らなくなり、尋問官に「監禁されると鬱になる」「食欲がなくなる」と言った。仕事ではなく、ドイツのハンブルグに住む妻と12歳の息子が恋しくて、ホームシックにかかったという。

取調官はその隙を突いた。

スミス将軍の事務所の関係者は、「私たちが調査したところ、この男にはまだドイツにいる妻と子供がいることを全く知りませんでした。彼は、妻が病気の母親の介護をパートタイムで行っているため、ドイツに住んでいると取調官に話し、彼らがボストンを訪れたときには、1年ぶりに会ったと言いました。しかし、彼の身振りや態度から、おそらく真実を語っているのだろうと推測したのです。そして、それを利用したのです」と語った。

取調官たちは、自分たちを通してでなければ、再び家族に会うことはできないとクラウスに言い、その戦術を増幅さ せた。

「彼らは家族や友人も狙っていることは知っているだろう。奥さんや息子さんが海外にいるからと言って、彼らが安全だとは限らない。もし、連絡がつかないからと言って、彼らがあなたを探しに米国に戻ってきたら、私を信じて、彼らは危険にさらされることになる。あなたが働いていた人たち……彼らが何をしでかすか、ハラルド、あなたには分からないのです」と取調官がクラウスに言った。

取調官は、「協力は必ず報われる」と言い、「ディープ・ステートは不実で不屈の敵であり、その復讐欲は最終的に悪の手先をクラウスの家族に導くだろう」と付け加えた。

クラウスは泣き崩れた。嗚咽の合間に彼は、ディープ・ステートがクローン事業を区分けし、ある施設の科学者が他の研究所の所在地や従業員を知らないようにしていることを取調官に告げた。彼は、自分が働いていたミズーリ州の研究所の他に、国内に12のクローン研究所があることを示唆する報告書を見たことがあると言った。彼は、ディープ・ステートが異なる研究所で誰のクローンを生み出したか知らないと主張すると、取調官はポリグラフ検査を受けるよう求め、彼はそれを承諾した。

クラウスはポリグラフを受けながら、クローンの「寿命」はわずか3年であり、だからこそディープ・ステートは同一人物の複数のコピーを繁殖させたと語った。クラウスは、急速な成熟には、神経経路の不可逆的な崩壊という解決不能な副作用が伴うと語った。

人間の場合、脳はシナプスの刈り込みと呼ばれるプロセスを通じて、使われていない経路を取り除く。新しいことを学ぶたびに、脳の構造は変化し、新しい神経経路が形成される(この新しい情報を保存し取り出すためにシナプスが作られる)。

クラウスによれば、クローンは3年後には新しい経路の形成を止め、既存の経路は腐敗し、死ぬ前に精神病を引き起こすという。

さらに、すべてのクローンには、左耳の後ろに皮下マイクロチップが埋め込まれている。このチップはGPSの追跡装置であり、ディープ・ステートがクローンの有効期限前に「回収命令」を出すための受信機でもある。

「また、このチップによって、ディープ・ステートはクローンの健康状態を全般的に監視することができるとも言っている。

クラウスは、回収されたクローンは酸で溶かされ、公の場で描かれた人間の別の複製品と交換されると説明し、今は破壊されたミズーリ州の研究所が、2012年から2022年の間にジョセフ・R・バイデンのコピーを3つリリースしたと主張した。

クラウスは、オバマがバイデンを本当に殺させたと信じていたが、証明できなかったという。

情報筋によると、クラウスは4回のポリグラフ検査に合格したとのことだ。

クラウスはどうなるのかという質問に対して、彼は「明らかに、彼を解放することはできない」と答えた。ディープ・ステートは彼を生かしておかないだろうし、必要であれば無期限に拘束する正当な理由もある。彼は国家と人類に対して犯罪を犯している。そして、彼は私たちにもっと話すことがあるかもしれない」と述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す