日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカCIA副長官デビッド・コーエンの逮捕

CIA副長官デビッド・コーエンの逮捕

By Michael Baxter -2023年5月7日(Real Raw Newsより翻訳)

先週報道されたように、中央情報局(CIA)のデビッド・コーエン副局長は、囚人の反乱を扇動しようとしてグアムに向かう途中、海に投げ出された2人の被拘禁者のうちの1人である。以下は、彼が逮捕されるに至った捜査の記録である。

4月3日、フロリダ州パームビーチの1100 S Ocean Blvdに、合法的に選出された大統領ドナルド・J・トランプの自宅から、1通の封筒が届いた。それは、毎日正門に届く何百通もの無害な手紙と同じような外観で、トランプの警備員が郵便室として改造したゲストハウスで仕分け・選別された。 数多くのファンレターの中に、ヘイトメールが山積みになっている。小包は爆発物がないか、白い郵便物は接触毒やリシンのような毒物がないか検査された。有害物質がないことを確認するために、審査員が目を光らせていた。しかし、ヘイトメールはトランプ氏の机の上に届くこともあり、不快な手紙は一読しただけでシュレッダーにかけてしまうのが日常茶飯事だった。

しかし、4月3日の特定の書簡が大統領の目に留まり、熟読が必要とされた。CIA副長官コーエンが書いたとされるその文書には、トランプ大統領への憎悪が耐え難いほど詳細に記されていた。それは、第二次世界大戦以降、米国が直面したあらゆる苦難の原因をトランプに求める6ページに及ぶ統合失調症の悲鳴だった。コーエンは、トランプの父親であるフレッドが、冷戦時代にアメリカの機密をKGBに売ったとして1994年にFBIに逮捕されたアルドリッチ・エイムズの仲間であったと書いている。コーエンの言葉は、フレッド・トランプもソ連のスパイであったことを暗示している。”Like father, like son “という文章があった。彼は、”今すぐ(トランプの息子)バロンの世話をするべきだ、そうすれば彼はあなたの二の舞にならないし、エリックやドンJr.のように米国を危険にさらすこともない “と書いている。手紙の最後には、「裏切り者のバーガー将軍に起こったことが、あなたたちにも起こらないとは思わないでください」とあり、これは1月にバーガー将軍がCIAの誘拐犯の手の中で過ごした7日間を暗示している。

トランプは、長文の散文を鑑定士に精査してもらった。彼は以前、偽造品やフェイクを見たことがあった。2016年12月、ヒラリー・クリントンを倒した後、彼の郵便受けにはバラク・フセイン・オバマを装う人物からの脅迫状が殺到した。その文字はオバマのものを酷似していたため、2人の筆跡専門家が騙され、顕微鏡と赤外線スキャナーの検査を受けて初めて、その手紙は偽造と判定された。

コーエンの手紙と公開されている署名やメモを比較したところ、トランプの部下はコーエンが攻撃的なメッセージを書いたと99.97%の確率で確信した。

ドナルド・J・トランプ大統領が米軍のホワイト・ハット部隊に鑑定させたところ、そのパーセンテージは100%に上昇した。ページと封筒にはコーエンの指紋が付着しており、12点一致したのだ。

その時点で、エリック・M・スミス将軍と彼の評議会は、違法なCIA副長官がドナルド・トランプとその家族に対する明確かつ現在の脅威であると裁定した。米国大統領を脅すことは、アメリカ合衆国コードタイトル18、セクション871の連邦重罪である。これは、故意に郵送したり、その他の方法で “米国大統領の命を奪う、誘拐する、または大きな身体的危害を加えるという脅迫 “をすることで構成されている。

スミス将軍はまた、コーエンがバーガー将軍の誘拐を画策したのではと疑っていた。

4月7日、デルタフォースのオペレーターがバージニア州フェアファックスカウンティでコーエンを逮捕した。コーエンは、無防備に移動し、自宅からバージニア州マクリーンにあるCIA本部への通勤経路を変えようともしなかったので、無敵で手のつけようがないと思っていたに違いない。

そのため、デルタフォースがCIA本部の駐車場で彼の車を取り囲み、国家反逆罪、敵国幇助、大統領の生命を脅かしたという軍事逮捕状を突きつけたときは、さぞかしショックを受けたことだろう。

「デルタが大統領を脅した罪状を突きつけたとき、コーエンは、自分はジョセフ・バイデンに忠誠を誓っており、バイデンを脅すことは絶対にないから、何のことかわからないと言った。するとデルタは、トランプのことだと言い、コーエンは『ああ、くそ、彼か』というようなことをつぶやき、上着の下のピストルに手を伸ばした」とスミス将軍の事務所の関係者はReal Raw Newsに語っている。

デルタフォースのオペレーターがコーエンをピストルで殴り、気絶させた。

その後、コーエンはGITMOに連行され、グアムのキャンプ・ブラスに向かうアーレイ・バーク級駆逐艦に乗せられるまで、そこに留まった。もし、海に投げ出され、船のスクリューで切断されていなければ、軍事法廷の前で答弁していただろう。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す