木曜日, 2月 22, 2024
ホームGITMOブロック・ロング、処刑される

ブロック・ロング、処刑される

By Michael Baxter -2023年7月11日(Real Raw Newsより翻訳)

元FEMA長官のブロック・ロングが月曜の朝、グアンタナモ湾で絞首刑に処され、またしてもディープ・ステートの手先でありながら道徳心と誠実さを欠いた者の運命が決まった。

彼の朝は、余命わずかな死刑囚の典型だった。朝5時にモーニングコールを受け、最後の食事を勧められたが、彼はそれを断った。シャワーを浴び、髭を剃る機会も与えられたが、もちろん安全カミソリで。GITMOの職員は、絞首台へ向かう前に、聖職者と話をする気はないかとロングに尋ねたが、彼は「ない」と答えた。彼は、起訴され、裁判にかけられ、有罪判決を受け、判決を受けた罪を列挙した書類を見せられた。罪状を理解しているかと聞かれ、ロングは首を振った。

看守は彼を医務室に連れて行き、スタッフが体重を測り、血液を2本採取した。彼はうずくまり、緊張し、医務技師の非道な医療マナーを嘆き、彼女の野蛮な採血で血腫ができると訴えた。

「そんな心配は無用です」と技師は言ったという。

首吊りは、たとえ首が長く垂れ下がっても、苦痛なくすぐに死ねるとは限らない。首が折れなければ、縄が気管を絞めるまで死ぬことはなく、数分かかることもある。最悪の場合、眼球は眼窩から破裂するか、血管のような糸からぶら下がるだろう。歯で舌を切断し、酸素不足の脳が衰弱するにつれて糞や小便を漏らすだろう。

検査が終わると、看守は彼を安全な待合室に連れて行き、絞首台へ向かう海兵隊の護衛を待った。彼にはまだ3時間、自分の罪や手製の不幸について考える内省的な時間があった。彼は小さな檻の中を歩き回り、釣りの浮き輪のようにリンゴを揺らした。息をひそめるようにささやくのと、黙って縦棒を見つめるのを交互に繰り返した。

護衛が到着すると、彼はハマーに乗せられ、絞首台まで送られた。彼は一言もしゃべらなかった。

以前の死刑執行ではよくあったことだが、ダース・E・クランドール副提督と軍の重役たちが絞首台の下に立ち、海兵隊の護衛がロングをハマーから降ろし、階段で壇上に案内し、その上に絞首刑執行人が立っていた。ドナルド・J・トランプ大統領の代理人である無名の民間人が提督の横に立っていた。

「ブロック・ロング、あなたは反逆罪で有罪判決を受け、死刑を宣告された。もし最後の言葉や悔恨の表明があるのなら、今がそれを述べる良い機会だろう」と副提督は言った。

ロングの頬を涙が伝った。「私は無実です」絞首刑執行人が首に縄をかけると、彼は抗議した。「こんなことをする必要はない」。

クランドール副提督が合図を送った。

ロングの目に衝撃が走ったが、それは悲鳴の前兆だった。彼の口は空気を吸うために魚のように開いていた。

彼の死はほとんど一瞬だった。

海軍の医師が死亡時刻を記した: 2023年7月10日月曜日、午前10時12分。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す