日曜日, 7月 14, 2024
ホームGITMOエリック・ホルダー、GITMOで絞首刑

エリック・ホルダー、GITMOで絞首刑

By Michael Baxter -2023年7月22日(Real Raw Newsより翻訳)

2023年7月21日金曜日午前10時、GITMO。

エリック・ホルダー前司法長官は、絞首台の上に立ち、首をロープの輪にくくりつけられた状態で、人種差別を動機とするヘイトクライムと呼ばれる彼の処刑を間近に目撃するために立ち会った軍の観衆や司会者に向かって演説した。彼は、マーティン・ルーサー・キング牧師とエイブラハム・リンカーンの名を引き合いに出し、2023年に黒人が絞首刑に処されるのを見たら、彼らは墓の中で回心しているだろう、と述べ、この手続き全体が、世界大恐慌以前のKKKによる黒人の超法規的殺害の不穏な記憶を呼び起こす、と語った。彼は、自分の死が、”白人の抑圧”に抵抗するために、あらゆる黒人を活気づけるだろう、と述べた。

ホルダーは、処刑を監督した海兵隊大尉を、白人に隷属的とされる黒人の蔑称スラングである “アンクル・トム”と呼んだ。

アメリカ海兵隊のマーティン・ウィリアムズ大尉(黒人男性)は、ホルダーはキャスパー・ザ・ゴースト*と同じくらい黒人だと言い、JAGは黒人よりも白人の方をはるかに多く絞首刑にしてきたと死刑囚に思い出させた。

「恥を知れ。人種差別で問題を濁そうとしている。このようなことをするのは初めてだが、どんな人間であれ処刑を命じることに反感を覚えるだろうと思っていた。しかし、エリック・ホルダーよ、私の不安を解消してくれた。これは人種の問題ではなく、反逆罪の問題なのだ」 とウィリアムズ大尉は言った。

「臆病者のクランドールはどこだ? 怖くて実際の動きを見ることができないんだ。

「彼はもっと重要な問題を抱えている。最後の儀式を望むかどうか聞くことになっている」とウィリアムズ大尉は言った。

ホルダーは幹部たちを見回した。「私は赦しは必要ないが、君は必要だ」。

ウィリアムズ大尉は頭を振った。「ここには同情も共感もない。だが、分かるだろう、エリック・ホルダー? ある時点で、我々は皆、清算に直面することになる。この惑星に罪のない人間などいないが、君は自作自演の罪の百科事典だ」。

彼はホルダーの横に立っている絞首刑執行人をちらりと見た。

ホルダーは足元のドアが開くと首にかけられた縄を引っ掻き、顔が青くなり脳が酸欠になると痙攣した。彼は4分で気を失ったが、体が地面に下ろされるまでさらに6分間吊るされたままだった。

海軍の医師がホルダーの脈を確認し、聴診器を胸に当てた。「彼は死んでいる」と医師は言った。

「死が即座に訪れるとは限らないと聞いています」とウィリアムズ大尉は医師に言った。

クランドール副提督は、次の法廷の準備をしていたため、下級将校に責任を委ねたと情報筋は言う。


キャスパー・ザ・ゴースト

アメリカのテレビアニメ『Casper the Friendly Ghost』で、日本では『出てこいキャスパー』というタイトルで1962年10月6日から1963年4月13日までフジテレビにて放送された。

ここでは「肌の色がとても薄い黒人を指す言葉」として使っている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す