水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカデビッド・H・バーガー将軍、マー・ア・ラーゴへ向かう

デビッド・H・バーガー将軍、マー・ア・ラーゴへ向かう

By Michael Baxter -2023年7月23日(Real Raw Newsより翻訳)

元米海兵隊司令官でホワイト・ハット司令官のデビッド・H・バーガー将軍が、ドナルド・J・トランプ大統領のホワイト・ハットへの文民連絡役という新しいポストを引き受けた。

この由緒正しい将軍は、1981年に若い歩兵将校として、ベトナム以来海兵隊が使用してきた伏兵戦術の本を書き換えて以来、国家に貢献してきた。当時、上級将校たちは彼の改訂した戦術書に懐疑的だったが、彼の戦術は数年後、イラクとアフガニスタンで海兵隊の人命救助に役立った。バーガーは2002年から2004年まで第8海兵隊第3大隊を指揮し、同大隊を最初に沖縄に、後に「明日を確保する作戦」の支援でハイチに派遣するなど、多くの功績を残した。2019年3月26日、ドナルド・トランプ大統領は彼をロバート・B・ネラー大将の後任として指名し、第38代アメリカ海兵隊司令官に任命した。そして、盗まれた2020年大統領選挙の余波の中で、バーガー将軍は、トランプ大統領が犯罪者バイデン政権を解体し、ワシントンの世界の沼地の生き物を粛清するのを助けることを誓った。彼は内外の無数の敵との戦いを指揮した。

ホワイト・ハットの司令官を退いたのは、CIAの誘拐犯の手による悲惨な試練に直面する直前のことだった。勇敢な海兵隊員によって救出された後、将軍は残忍な殴打から回復に時間を費やし、膝頭を骨折するなどの重傷を負った。彼は2023年7月10日に正式に海兵隊を退役した。

勲章を授与された将校としてのキャリアは、伝説に残るものだ。

海兵隊員が快適な引退生活を送るに値するとすれば、バーガー将軍だろう。しかし、彼は辞任する前に、ディープ・ステイターがまだ国内で暴れまわり、彼らが触れるものすべてを腐食させている間は、良心の呵責から「戦場を離れる」ことはできないとトランプ大統領に告げ、スミス将軍のオフィスへの個人的な連絡役として彼を起用するよう大統領に懇願した。

マール・ア・ラーゴとスミス将軍のオフィスの情報筋は、 Real Raw Newsに、トランプとバーガー将軍の会話と、バーガー将軍の任務についていくつかの洞察を与えた。

「トランプは当初、この案に反対していたが、それはバーガー将軍が自分の職務を全うし、戦いの傷を負い、引退後は平穏に過ごすべきだと考えたからに他ならない。しかし、バーガー将軍は、彼の専門知識は文民顧問としても貴重であると説得力のある反論をした。トランプは同意した」とマール・ア・ラーゴの関係者は語った。

スミス将軍の補佐官は、さらに背景を説明した: 「バーガー将軍はホワイト・ハットの作戦計画には一切関与しない。彼はスミス将軍の計画を、うーん、非軍事の耳にも理解できるようにすることができる。トランプ大統領が軍事作戦に疎いというわけではなく、彼自身も何年も将軍や提督に助言を与えていた。バーガー将軍とスミス将軍は日常的に接触している。バーガー将軍はまた、ディープ・ステートの攻撃からトランプ大統領の資産をより強固なものにする方法についても助言することになるだろう」。

両方の情報筋によると、バーガー将軍はトランプ大統領のマー・ア・ラーゴ司令部とニュージャージー州のベッドミンスター邸を交互に行き来し、トランプ・フォース・ワンでの飛行も行うという。万が一、トランプ大統領が空中にいる間に事態が発生した場合に備えてだ。

「戦場を離れても、バーガー将軍はディープ・ステートとの戦いにおいて重要な役割を果たすだろう、とスミス将軍の補佐官は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す