水曜日, 2月 21, 2024
ホームアメリカフリン将軍、マール・ア・ラーゴへの立ち入りを拒否される

フリン将軍、マール・ア・ラーゴへの立ち入りを拒否される

By Michael Baxter -2023年7月24日(Real Raw Newsより翻訳)

長年のトランプ大統領の盟友であるマイケル・フリン将軍(米陸軍退役)が先週、マー・ア・ラゴに抜き打ちで到着した際、トランプ大統領とその盟友がホワイト・ハットの活動を監視し、犯罪者であるバイデン政権の崩壊を計画しているこの地所の司令部にアクセスするため、嘘発見器検査を受けるよう求められた。フリン氏はテストを受けるどころか、トランプ大統領への忠誠は揺るぎないものであり、誤りを犯しやすい機械に忠誠を判断させるつもりはないと言い放った。

フリン氏は、トランプが自分の不当な扱いを知れば「頭がクラクラする」と警備に語ったと、この事件に詳しいマール・ア・ラーゴ関係者がReal Raw Newsに語った。

フリン氏は、その場でマー・ア・ラゴにいなかったトランプに電話をかけようとしたが、大統領とは連絡が取れなかったという。この情報筋によれば、セキュリティはフリン氏に、彼は特別な存在ではなく、トランプ大統領との親交や所属に関係なく、司令部にアクセスするすべての人物に定期的な嘘発見器検査が義務付けられたことを伝えたという。

「フリン氏がアクセスしたいと言ったのは約3か月ぶりだったので、事前に知る由もなかった。我々は、生体認証に加え、嘘発見器も導入した。トランプ大統領はそれを承認した」と情報筋は語った。

それにもかかわらず、フリン氏は激怒して喧嘩腰になり、激しく異議を唱え、最終的には暴れ出し、トランプ大統領はマイケル・フリンの政治的忠実さに疑問を呈する者は誰でも退治すると繰り返し、自らを三人称で呼んだ。

「テストは公平なものであり、フリン将軍について何かをほのめかすものではありません。今は単に危険な時代であり、トランプ大統領は、司令部に入る人物が本人に間違いないことを確認したいのです」。

嘘発見器検査とはどういうものかと尋ねられると、彼はこう付け加えた。「それは、ある人物が極悪非道なタイプ、つまりディープ・ステイターと接触しているかどうかを示すものだ。検査で欺瞞が明らかになった場合、その人はもっともらしい説明をしなければならない。簡単なことだ。これは安全のための予防措置だ」。

トランプ大統領は金曜の夕方、フリン氏の暴言を彼のセキュリティチームとフリン氏本人から聞いた。情報筋によれば、フリン氏は大統領に騒ぎを起こしたことを謝罪したが、それでも嘘発見器テストを受けるよう求められたことに軽蔑の念を抱いたという。フリン氏は、トランプ大統領との友情と、トランプ大統領が最近フリン氏を賞賛していたことを思い出した。

トランプ大統領は5月、フリン氏のマイアミ・リゾートで開催された “ReAwaken America Tour “の会場で電話会談を行い、フリン氏への激賞を浴びせた: “我々は君を連れ戻す”。”初日から分かっていたことだが、君は本当に特別な人物だ”。”君は我々の最前線に立つことになる”。

トランプ大統領とフリン氏の間には断ち切れない友情があると、フリン氏の兄であるジョセフ・フリン氏は3月にReal Raw Newsに語っている。

我々の情報筋は、金曜日の電話会談の結果については知らなかったが、フリン氏であっても嘘発見器検査を免除される可能性は低いと述べた。

編集部:私より記憶力の鋭い読者は、軍が今年1月にアラスカのディープ・ステートのクローン研究所でマイケル・フリンのクローンを発見したことを思い出させてくれた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す