木曜日, 4月 18, 2024
ホームFEMA海兵隊、太平洋でFEMA船を沈没させる

海兵隊、太平洋でFEMA船を沈没させる

By Michael Baxter -2023年7月21日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海兵隊のF-35ライトニングII第5世代戦闘機/爆撃機が水曜日、カリフォルニア沖でFEMAのはしけを破壊したと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

夜遅く、第3海兵航空団のパイロットがカリフォルニアの海兵隊ミラマー基地から出撃し、ロングビーチの西50マイルの国際水域でFEMA船を撃沈する命令を受けた。

「スミス将軍は、シアトルを出港したFEMAの船が、カリフォルニアの太平洋岸沖の深海を南下しているという有力な情報を得た。FEMAは通常、ハリケーン上陸時に人々を救助するため、東海岸にボートを置いているからだ。太平洋にあるということは、東海岸に到達するためにはパナマ運河を渡らなければならないということだ。F-35の前に、将軍は主張を検証するためにヘリを送った」と情報筋は語った。

SH-53シー・スタリオンが、タレコミのあった地域に、船籍のないフィーダー船(さまざまな港から輸送コンテナを集め、中央コンテナ・ターミナルに輸送し、そこで大型船に積み込んだり、ハブ港の内陸部にさらに輸送したりする中型貨物船)の存在を確認した。

FEMAの船はすべて、青い海を航海するよりもミシシッピを踏破するのに適したブロック状のはしけであるというのは不正確である。我々の情報筋によれば、FEMAは、はしけの技術的定義に当てはまらない長さ400フィート以上の船を少なくとも4隻管理しており、それぞれが数百人の囚人を収容できるという。「FEMAのはしけ」という言葉が一般的に使われるようになったのは数十年前のことで、FEMAが民衆への恐怖支配を実行するために改造したはしけしか持っていなかったころのことである。

シー・スタリオン号は無線で船を確認しようとした。船は応答しなかった。その後、シー・スタリオン号の監視員は、船籍のない船に何人の人間が乗っているかを確認するため、熱光学装置を使用した。その結果、6人(全員ブリッジ周辺にいた)が確認された。

「この船にはコンテナはなかった」と情報筋は言う。

数分後、ヘリが待機していたとき、監視員が双眼鏡でFEMAのウィンドブレーカーを着た男を確認した。

「それが私たちの確認でした」と情報源は語った。

シー・スタリオンが撤退すると、スミス将軍はF-35にスクランブルを命じた。戦闘機は外洋を西に飛行し、船の緯度位置を100マイルオーバーした。

船員たちは、少なくとも手遅れになるまで、攻撃機を見ることはなかっただろう。

各F-35は、AGM-158C LRASM長距離対艦ミサイルを75マイルで発射していた。戦闘後の損害査定によると、ひび割れた船体は炎上し、沈没する運命にあった。

「パイロットは甲板に飛び込み、燃えているFEMAのはしけを爆撃した。生存者はいなかった。しかし、これで心配しなければならないFEMA船が1隻減った。チャンスがあれば、全員を捕まえるつもりです」と情報筋は語った。

最後に、パイロットが生存者を空爆したかどうか、情報筋に尋ねた。

「それは私が決めることではないが、私の意見を言うなら、FEMAの連中は誰一人として慈悲に値しない」と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す