木曜日, 4月 18, 2024
ホームCovid-19JAG、またもCDCのCovid犯罪者に有罪判決

JAG、またもCDCのCovid犯罪者に有罪判決

By Michael Baxter -2023年7月20日(Real Raw Newsより翻訳)

月曜日、アメリカ海軍法務官軍団と軍事委員会は、CDCのグローバルヘルス担当副局長であるハワード・ザッカー博士を、Covidの期限が切れた後にロックダウン法を施行しようとしたことに対する恐喝、強要、反逆の罪で有罪判決を下した。

5月に報道されたように、ザッカーがHHS長官のザビエル・ベセラに対して「憲法なんてクソ食らえだ。ドナルド・トランプはクソだ。我々はロックダウンが必要だ」と言い、国民に対するCovid規制をすぐに復活させようとしないベセラに苛立ちを示した。どうやらベセラは、詐欺事件が終結したことを悟り、ザッカーから電話を切って離れたようだ。

しかし、ザッカーの熱狂的な締め出し再開キャンペーンは、ベセラの露骨な返答だけでは終わらなかった。ベセラはワシントン州内外の民主党議員全員に電話をかけ、「プランデミック」を推し進めようとする同僚の努力を尻目に、得体の知れない好意を得ようとした。彼は、経営者が “新常識”に適応しない限り、ニューヨークの2,000の事業を閉鎖すると熱心に脅した。完璧な一杯のコーヒーを味わうように、彼はCovidの制限を味わった。しかし、彼の容赦ない熱意は、プランデミックの襲来とともに国外に逃亡した上司たちには手に負えず、ザッカーとの関係を断ち切った。

ザッカーは、米海兵隊に逮捕された日も、閉鎖とワクチン接種の義務化を訴えていた。逮捕した海兵隊員にワクチン接種の有無をあえて尋ねたのは、Covidを受けたくなかったからだ。

彼は最終的にキャンプ・ブラズに送られ、軍事法廷を待つことになった。

ダース・E・クランドール副提督がまだグアンタナモ湾にいたため、ザッカーの裁判はカリフォルニア州弁護士であり、海軍社会で有名な訴訟の専門家であるジョナサン・T・スティーブンス少将が裁いた。

ザッカーの裁判の前に、彼はディープ・ステートの犯罪者にこれまでで最も甘い司法取引を持ちかけられた: 恐喝と脅迫という軽い罪で有罪を認め、10年の禁固刑を認めれば、JAGは死刑の可能性があるより重い反逆罪を取り下げようというのだ。しかし、ザッカーは慈善的な提案を拒否した。

月曜の朝、ザッカーは簡潔な冒頭陳述の中で、法廷を非難し、憲法修正第1条が定める言論の自由を行使しても有罪にはならないと述べた。彼は、Covidと、”人類史上最大の病気”が6,500万年前に恐竜を絶滅させた隕石に匹敵する”絶滅レベルの出来事”を引き起こすのを防ぐための継続的な管理の必要性について自分の意見を表明したことは、誰も傷つけていないと主張した。

スティーブンス少将は、がっしりした体格に不機嫌そうな声で、教壇の後ろに立って書類に目を通した。「ザッカーさん、あなたは拘束されて数か月、弁護人を立てる機会を与えられましたが、選ばなかった。その発言に同意しますか?」

「無実の人に弁護士は必要ない」とザッカーは言った。

「では、ザッカーさん、もしあなたが話す気があるのなら、この事件を審理している立派な役員たちに、なぜあなたがワクチン未接種なのか、明らかに自分の意志で、ワクチン義務化に反対する民間人の評判と生活を傷つけるような手段をとったことを考慮して、説明してもらえますか?」と少将は、全員海兵隊将校のパネルに向かってジェスチャーをし、返答を待った。

「私のワクチン接種の有無は他の誰にも関係ありません」ザッカーは無愛想に答えた。

「ザッカーさん、お聞きしたいのですが、CDCは健康危機、現実であれ想像であれ、どんな健康危機であれ、政策を立法化する唯一の権限を持っているというのがあなたの意見ですか?」

弁護席で、ザッカーは手首をねじり、手錠を緩めようとした。「少しきついですね」と彼は訴えた。「CDCは一方的に行動したのではなく、NIHや世界保健機構(WHO)の指導を受けながら活動したのです」。

「同じ組織なのだから、区別がつきません。ザッカーさん、あなたの仲間はもう限界だと分かっていたにもかかわらず、あなたはCovidの命令を追求するために少し狂信的な行動をとったということに同意しますか? その評価に同意しますか?」と少将は言った。

「この人たちは、立派で善良な市民たちだ。ザッカーさん、あなたももうすぐ仲間入りですね」と少将は皮肉たっぷりに言った。

「フェイクだ。それはフォトショップだ」とザッカーは主張した。

スティーブンス少将は本物だと断言した。「ザッカーさん、あなたのCovidの忠告に従わなければ、あなた個人が彼らのビジネスと評判を破壊すると脅したことを証言する14人の証人がいますよ」。

ザッカーは苦笑した。「私に不利な証言をさせるために、わざわざグアムまで14人も連れてきたとでも?ハッタリだ」。

「今は2023年ですよ、ザッカーさん。証言に物理的な同席は必要ありません」と少将は言い、茶封筒から4枚目の画像を取り出した。今度は、元ニューヨーク州知事でCovidの犯罪者であるアンドリュー・クオモがロープにぶら下がっている写真だった。「あなたはこの男と協力してCovidのコンプライアンスを強制したのです」。

「えっ、どうやって?」ザッカーはつぶやいた。

苦境の深刻さは、彼をレンガのように打ちのめしたに違いない。彼は突然震え出し、目の前に広がるイメージを理性的に理解しようと声を震わせた。

少将は言った: 「あなたはCDCのグローバルヘルス担当ディレクターだった。医師としてヒポクラテスの誓いを裏切り、公務員として職務の誓いを裏切り、市民の命を故意に危険にさらした。ザッカーがワクチン接種を拒否したことが証拠であり、これは反逆罪の定義に合致する」。

彼は4枚の写真を指で叩きながら、ザッカーに絞首刑ではなく、有罪に変えて実刑を受け入れる最後のチャンスを与えた。ザッカーはおずおずと刑期を尋ねた。

「その判断はパネルに委ねられますが、私は20年を推薦します」とスティーブンス少将。

「20年?以前は10年と言われたんだが」。

「その船は出航しました」と少将は言った。

「私は63歳ですから、終身刑です」とザッカーは抗議した。

「代替案を考えてみろ」と少将は言った。

結局、ザッカーはこの取引を受け入れ、委員会は30分の審議の後、20年の禁固刑がザッカーの罪に対する相応の罰であることに同意した。

水曜日、JAG関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、スティーブンス少将は14人の証人を「実際に待機させていたかもしれないし、そうでないかもしれない」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す