日曜日, 6月 16, 2024
ホームGITMOJAG、エリック・ホルダーを絞首刑に処す

JAG、エリック・ホルダーを絞首刑に処す

By Michael Baxter -2023年7月18日(Real Raw Newsより翻訳)

もしJAGの目に、沈黙が金と映るのであれば、拘留中のエリック・ホルダーは月曜の裁判の冒頭でうまく立ち振る舞っただろう。しかし、ダース・E・クランドール副提督は、金曜の記録を要約した後、明らかにホルダーから、彼が司法長官として監視している間に、銃器が紛失し、殺人事件や銃乱射事件に使用された件について、罪を認めるよう求めた。

しかし、ホルダーは弁護側の席に座り、風化した顔にドヤ顔を刻みながら沈黙を守った。彼は副提督から「裏切り者」「卑怯な代理暗殺者」「地球を歩く最も極悪非道な生物、バラク・フセイン・オバマの “手下”」と呼ばれるのを聞いた。

副提督は直接ホルダーに向かって言った: 「あなたの番人、あなたの主人、あなたの主君、あなたの家来は、あなたをバスの下に放り込んだ。彼にとってあなたは鈍器でしかなかった。彼はあなたを利用し、ゴミのように投げ捨てた。評決を有罪に変え、オバマが「ワイルド・スピード」と「ガンランナー」の首謀者であることを認め、今後オバマに不利な証言をすることに同意する。

1分経過。

「オバマのために死ぬんだな」と副提督。

彼は次の証拠をパネルに見せた。ホルダーが作成し、CIA長官ジョン・ブレナンに送った公式文書である。この文書は、ブレナンがミズーリ市民民兵の集まりを無人爆撃機で攻撃することを許可したもので、その理由は、彼らが「合衆国大統領はイスラム教徒であり、米国生まれではなく、出生証明書を捏造している」という反証された説を推し進め続けているからにほかならない。ホルダーは、”効果的で外科的な”攻撃で死ななければならなかった創設者アーロン・ペンバーシーを含む7人の民兵の名前を挙げた。彼はCIAに、その権限を超えた言い訳を提供し、民兵はバラク・フセイン・オバマの暗殺を計画するために手を組んだ国内外のテロリストの混成であると一般市民や報道陣に伝えた。

副提督によれば、民兵の集まりが行われなかったため、作戦が実現することはなかったという。どうやら彼らは密告されていたらしい。

「ホルダーの邪悪な計画が実現せず、アメリカ市民がまだ生きていたとしても、この犯罪-殺人を犯すための共謀-の重大性は減じることはない。ホルダーの筆跡と同様に文書も鑑定した。なんと卑劣な。市民権の問題で殺人を企てるとは。オバマは、自分の生得権に異議を唱える人々を本当に憎んでいるに違いない」。

「アメリカの敵である多くのディープ・ステイターと同様に、我々は何か月も何年も証拠提出に費やすことができるが、それは金とこの委員会の時間の無駄である。被告人は弁明をする気がないようなので、この法廷が被拘禁者エリック・ホルダーを合衆国に対する反逆罪と殺人の共謀罪で有罪とすることを提案します」と副提督は言った。

委員会が彼の運命を静かに審議する間、ホルダーは沈黙を守った。

「われわれは、被告エリック・M・ホルダーが両罪で起訴されたとおり有罪であることを認め、最高刑を受けるよう強く求める」と、パネルで最高位の将校が言った。

「全会一致で評決に達しました。有罪判決を受けた者は、死ぬまで首吊りの刑に処する……7月21日金曜日午前10時に空きがあるようだ」と、副提督は石のような顔のホルダーをにらみながら言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す