木曜日, 2月 22, 2024
ホームFEMAJAG、元FEMAボス、ブロック・ロングに有罪判決(PART II)

JAG、元FEMAボス、ブロック・ロングに有罪判決(PART II)

By Michael Baxter – 2023年7月7日(Real Raw Newsより翻訳)

FEMAの永続的な退廃とブロック・ロングの自惚れは、ダース・E・クランドール副提督を心から苛立たせているようだ。彼は、Real Raw Newsには明かされていない理由で、グレッチェン・ウィトマーが処刑されて以来、グアムのキャンプ・ブレイズに戻らず、グアンタナモ湾に留まっている。

「ブレイズで何か大きなことが起きている。クランドール副提督はどこでも裁判ができる。犯罪と被告を与えればいい」とだけ、私たちは聞かされた。

水曜日の被告は、憎むべきブロック・ロング前FEMA長官であった。彼は前任者たちの足跡をたどり、その権限を乱用して災害救援機関を国土安全保障省の兵器化された部門へと変貌させた。ブロック・ロングもそれ以前のFEMAのボスも、FEMAを指揮する以前に犯罪歴はなかったとクランドール副提督は弁護士たちに語った。その地位自体が、市民が神聖視する権利や自由を剥奪しようとする強欲な欲望を彼らに植え付けたかのようだった。

水曜の昼休み後、クランダル提督は検察側の最初の証人ダニエル・カニエウスキー博士を召喚した。FEMA(連邦緊急事態管理庁)の第2位の官僚で、ロングの恐怖支配の時代に活躍した人物である。2017年に上院で全会一致で承認されたカニエウスキー氏は、自然災害時の備えの課題に対処する責任を負う、同局の復興担当副長官だった。彼は学歴と職歴について語り、被告を特定するよう求められた。

「あなたは証人です、カニエウスキーさん。正直な証言の見返りとして、条件付きで検察免責を申し出ている証人です。私たちはあなたに期待しています」と副提督は述べた。

カニエウスキーはため息をついた。「聞いたことがあります」。

「聞いたことがあるんですか? 驚きですね。被告はまったく知らないと主張しているのです。あなたは誰から何を聞いたのですか?」と副提督は尋ねた。

「2つの話を聞きました。1つは、FEMAが監視の必要性を感じている人たち、つまり政治環境や国を動かしている政治家たちを特に好ましく思っていない人たちの名前がリストアップされているという話、もう1つは、複数の銃器を所有し、過剰な量の弾薬を購入している人たちの名前がリストアップされているという話です。別の話は、すべてロールプレイの一環だという話です」とカニエウスキーは説明する。

「その話をあなたは誰から聞いたのですか?」

「監視リストのことを誰から聞いたのか、正直思い出せません。おそらく複数の人間だったのでしょう。その後、ブロック被告にどういう契約なのかと尋ねたら、ロールプレイのシナリオを教えてくれました」とカニエウスキー。

「被告がそれをいつ話したか覚えていますか?」と副提督が尋ねた。

「5、6年前の話です。2018年の初め頃だったと思います」とカニエウスキーは言った。

「これは不可解だ。インターネットが普及して以来、インターネット・フォーラムにはこのようなリストの噂があふれている。しかし、FEMAの元職員たちは、このリストについてまったく知らないか、あるいは周辺的な知識しかないと言っている」と副提督は言った。

「私は真実を話しています」とカニエウスキーは強調した。

「カニエウスキーさん、あなたの名前がレッドリストに載っていると知ったら驚きますか?」

副提督が一枚の紙を証言台の上に置くと、ロングは怒りを爆発させた。

「それは嘘だ! 彼の名前はリストに載っていない。もし載っているのなら、彼らが加工したんだ!」とロングは叫んだ。

副提督はロングに向き直った。「彼の名前がリストにあるかないか、何も知らないのにどうして分かるのですか?」

クランドール副提督は人差し指の先でページを叩いた。「2018年3月10日に追加され、そこにあるあなたの名前です、カニエウスキーさん。そしてその記録のために、我々はそれを変更していません」。

「なぜこんなことをしたんだ、ブロック?」とカニエウスキーはロングに言った。

副提督は被告に話しかけないよう求めた。「カニエウスキーさん、あなたはそれほど特別な人ではありません。データベースには154万2,327人の名前がアルファベット順に登録されています。もし彼があなたの名前を入れなかったのなら、彼の権限で誰かが入れたのです」。彼は証人を退席させた。

副提督は、ディープ・ステイターの人々は、プレッシャーの中で自らを罪に陥れる不思議な能力を持っていると指摘した。副提督は、自白を厭わない犯罪者がどれほどありがたいかを述べた。

彼は2人目の証人、マーク・ノウルズを紹介した。彼は2017年11月から2018年12月までFEMA第3地域の副監督を務めていたが、その後、別の野心を追求するために同機関を辞職した。彼は自分自身を生意気で野心的な男で、規則が仕事の進歩を妨げることはなかったと語り、ロングとは愛国者を自称する人々を根絶やしにすることの社会的利益についてよく話し合っていたと語った。

「ノウルズさん、あなたと被告は友人だと考えていいのですか?」と副提督は尋ねた。

「私たちは友人でした」とノウルズは言った。

「なぜ、あなたがきょうここに来て、友人に不利な証言をするのか、その理由を述べてください」。

ノウルズは鼻で笑った。「私たちは友人だと言った。それに、木にぶら下がるリスクを冒すくらいなら、ホテルGITMOで5年過ごしたほうがましだからだ」。

「それが我々の提案でしたか?」

「そうだ」とノウルズは言った。

「なぜこの法廷があなたの証言を事実として受け入れなければならないのですか?」と副提督。

「領収書があることを除けば、そんな理由はない」ノウルズは答えた。

副提督はノウルズに、別段の指示がない限り、イエスかノーで答えるように指示した。

「ノウルズさん、2018年3月22日、ワシントンD.C.のバラク・フセイン・オバマの自宅で、クレイグ・フーゲート元FEMA長官と一緒にいた被告を目撃しましたか?」とクランドール副提督は尋ねた。

「はい」。

「あなたは被告の公用車に同乗していましたか? そして彼は、ワシントンD.C.の500 C St SWにあるFEMAのオフィスからオバマの住所まで、あなたがた2人を送っていったのですか?」

「うーん」。

「イエスかノーでお願いします」と副提督は繰り返した。

「はい」とノウルズは答えた。

「彼はオバマに会いに行く理由を話しましたか?」

「いいえ。彼と話す必要があると言っただけです」とノウルズは言った。

「興味はなかったのですか? 詳しく話してくれますか?」

「もちろん、しかし、私は質問するためにお金をもらっていたわけではありません」とノウルズは言った。

「被告がオバマとフーゲイトと会話しているのを、どのようにして目撃したのですか?」とクランドール副提督は尋ねた。

「私たちが車を停めたとき、彼らは2人のシークレット・サービス捜査官と表にいました。私は車の中にいました。ブロックは、彼らが中に入る前に会うために外に出ました」。

副提督はロング、オバマ、フーゲートが笑顔で握手している写真を見せた。彼は、ノウルズが開いた車の窓から写真を撮り、JAGの専門家が画像とメタデータを鑑定調査したと言った。

ロングは下唇を噛みながら、弁護人席でもじもじしていた。

「ノウルズさん、これはあなたの携帯電話で撮影したものですね?」

「そうです」。

「なぜこの写真を撮ったのですか?」

「いつ役に立つか分からないからです」。

さらなる質問にノウルズは、ロング、オバマ、フーゲイトの3人は、無意味な握手を数分した後、中に入ったと言った。彼はロングが住居から出るのを45分待った、と言った。

「あなたは家の中にいなかったのだから、彼らが何を話し合ったか知ることはできないでしょう?」

「ブロックから聞いたことだけです」。

「彼はあなたに何を話したんですか?」

ノウルズは少し笑った。「トランプとやり合おうという話だ。その春にひどい竜巻が発生した場合、彼らは救済を保留し、それをトランプのせいにして、彼が資金を削減したと言うだろう。FEMAがクッキーの壷に手を突っ込んで、壊れた家から盗みを働いているのがバレたら、それをトランプのせいにしようとするとね」。

「一歩引いて考えてみましょう。彼がオバマのところで仕事を終えた後、あなたとロングは何をしたのですか?」

「ああ、そう遠くない地域の準備会議に行ったよ」。

「トランプ大統領はロングがオバマを訪問したことを知っていたと思いますか?」

「とんでもない。つまり、事実としては知らないが、現実的に考えて、彼は知らなかった。トランプはFEMAの敵だった」とノウルズは笑いながら言った。

「なぜですか?」

「トランプはディープ・ステートを粛清したがっており、FEMAはディープ・ステートだからだ。FEMAは国土安全保障省の一部ではなく、FEMAこそが国土安全保障省なのだ。あなたたちが現れるまで、FEMAは国内で最も要塞化された武器庫、マウント・ウェザーを管理していた。シャイアンでさえ、ウェザー山に比べればウォルマート並みの警備しかない」とノウルズは言った。

副提督は礼を言って証人を退席させた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す