水曜日, 2月 21, 2024
ホームFEMAJAG、元FEMAボス、ブロック・ロングに有罪判決(Part I)

JAG、元FEMAボス、ブロック・ロングに有罪判決(Part I)

By Michael Baxter – 2023年7月6日(Real Raw Newsより翻訳)

(この記事は長いので、3回に分けて掲載する。パートIIは今夜、パートIIIは明日公開する。)

米海軍法務官部隊と軍事委員会は水曜日、FEMAの悪党が無知を装うことで、FEMAの不正行為から距離を置こうとするのを目の当たりにした波乱の法廷の後、元FEMAのボス、ブロック・ロングに有罪判決を下し、死刑を宣告した。

ダース・E・クランドール副提督は冒頭陳述で、JAGの訴えを審議するために選ばれた3人の女性パネリストに対し、ロングの指導下にあったFEMAは、ディープ・ステートによる戒厳令布告のためのストレステストや訓練の準備として、法を遵守する市民に対して国内テロ行為を実行した無法な組織であったと語った。

トランプ大統領によって任命され、2017年6月23日から2019年3月8日の間、FEMAの最高責任者を務めたロングは、合衆国憲法の教義に則り、忠実かつ合法的に職務を遂行したと主張した。彼はJAGの申し立てをでたらめだと言い、FEMAの化け物が罪のない人々を殺害するという空想的な話は、彼がFEMAを率いるずっと前から存在していたと述べた。それらの話は、妄想と陰謀にまみれた4チャンネル信者がでっちあげたものだとロングは言う。

副提督は言った。「あなたが真実を語ることを期待しているわけではありませんが、あなたは宣誓の下にあることを忘れないでください」。

副提督の助手が段ボール箱を積んだ台車を法廷に運び込んだ。副提督は弁護側とパネリストのテーブルにそれぞれ1箱ずつ置いた。

「何が入っているか分かりますか?」副提督はロングに尋ねた。

ロングは苦笑した。「トランプの機密文書です」。

「ユーモアのセンスがあるのはいいことだ。これから必要になるかもしれませんよ」副提督は面白くなさそうに言った。

助手は箱から紙の束を取り出し、テーブルに置いた。

「ロングさん、連邦緊急事態管理庁がレッドリストとブルーリストと呼んでいるものをご存知ですか」とクランドール副提督が尋ねた。

「何をおっしゃっているのかさっぱり分かりません」とロングが答えた。

「では、記憶を呼び覚ます手助けをしよう。バーガー将軍の部隊がFEMAの私的な裏社会であるマウント・ウェザーを捕らえたとき、彼らはこれを含む70年代初頭にさかのぼる情報を回収しました」とクランドール副提督は言った。彼は弁護テーブルの上に置かれた紙を指で叩いた。「2018年11月7日にあなたが承認し、イニシャルを入れた報告書です」。

そのリストには、FEMAが “破壊分子”や “潜在的暴動分子”とレッテルを貼った100万人以上の市民の名前、住所、職業が記載されていた。その名前は、犯罪者や有名なテロリストの名前ではなかった。平均的な生活を送り、平均的な仕事に就いている普通の人々だった。彼らは母親であり父親であり、息子であり娘であり、おじさんやおばさんであった。彼らは、他のどんな人々も道で出会うかもしれない平均的な日常生活者だった。FEMAの評価では、ディープ・ステートの政治家たちに反抗する可能性がどの程度高いか、ということであり、”レッド・リスト”は最高レベルの監視に値する。

クランドール副提督はリストの中から無作為に名前を読み上げた。「85歳の引退した郵便局員をリストに加えるメリットは何ですか?」と彼は尋ねた。

「私は知らない。私はハイポイント(ウェザー山の別称)にいたことはない。私が知る限り、あなたが自分で捏造した可能性もある」とロングは主張した。

副提督は、数ページにロングのイニシャルがあることを指摘した。「それがあなたの筆跡であることを否定しますか?」

「あの2年間は忙しかった。書類をよく読まずにサインした可能性はあります。それが私の罪なら、それでいい。私はリストなど作っていない」とロング。

「FEMAがリストを作り始めたのは、ジミー・カーターがいたころのことだ。そして年々、政権が次々と変わり、FEMA長官は次々と変わり、リストはさらに膨れ上がった。……バロン・トランプ。2018年にレッドリストに名前が載ったとき、彼は11歳だった。奇妙ではないか? あなたを任命した大統領の子供が、破壊活動家のリストに名前が載るんですよ」と副提督。

「申し上げたように、私はそのリストについて何も知りません」。

「このレッドリストには、戒厳令が発令された場合、あなたが収容所に入れたいと望んだ人たちの名前が載っているのですね?」

「そんな馬鹿な」とロング。

「トランプ大統領があなたを任命し、その数日後にMAGAの人々の名前が追加されたのはなぜですか? 普通の、勤勉な人たちが自分たちの生活を送っているのに、知らないうちにあなたの機関の極秘テロリスト・リストに載せられたのです」とクランドール副提督。

ロングは自分の信念を貫いた。「私は何も知らない」。

「海軍では、艦長は乗組員全員の行動に責任を負います。FEMAの管理者として、あなたは部下の行動に責任があるのではありませんか」と副提督は尋ねた。

ロングはしばらく天井に目をやった。「FEMAには2万人の職員がいます。2万人が1日24時間、週7日何をしているか、私が知っているはずがない。私は全知全能ではありません」。

「つまり、あなたは何の責任も取らないということだ。仮定の話だが、これは想像の域を出ないが、あなたの部下が、どういうわけかあなたの知らないところで、あなたに隠れて陰謀を企て、これらのリストを追加したとしよう。あなたは、それはあなたの責任ではないと言う。そう言っているのですか、ロングさん」と副提督は言った。

「私はあなたのリストについて何も知らないと言っているのです」とロング。

「私のリストではない。あなたのリストだ。あなたがトランプ大統領のために働いている間、2018年に3回もオバマとその前任者であるクレイグ・フーゲイトFEMA長官をオバマのD.C.の邸宅に密かに訪問しなければならなかった正当な理由がありますか」と副提督は反論した。

ロングは初めて、舌の根も乾かぬうちに答え、あるいは答えにならないものを口にした。彼は支離滅裂に口ごもり、それからクランドール副提督に質問を繰り返すよう求めた。

「確かに、2018年の1月17日、3月22日、5月12日にD.C.でオバマとフーゲートと会いましたか?」

「いいえ、記憶にありません」。

「どちらですか? していないのか、覚えていないのですか。両方ということはないでしょう」と副提督は迫った。

「その質問には答えられません」ロングが言った。

副提督は話のテンポを落とした。「質問を理解するのが難しいようで申し訳ない。単純なイエスかノーだ」。

「いいえ、会っていません」とロングが言った。

「はっきりさせておきたいのですが、つまり、あなたはオバマとフーゲートに、指定された日付、あるいはその他の日付に、オバマのD.C.の自宅で会っていないということですか?」と副提督。

「そうです」。

「では、もし私が、その日、あなたが彼らと一緒にいたという証人を紹介したら、あなたの定義では、彼らは嘘つきということになりますが、そうなのですか?」

「そのとおりです」とロング。

「そうだな」。副提督はそう言って、法廷を昼食後まで休廷させた。

パートIIは今夜、パートIIIは明日掲載する。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す