木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカ特殊部隊がトランプ集会近くで "不審なカップル"を拘束

特殊部隊がトランプ集会近くで “不審なカップル”を拘束

By Michael Baxter -2023年7月5日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領を警護するために配置されたホワイト・ハットが、サウスカロライナ州ピケンズで土曜日に行われた大統領の集会に参加する予定だった「不審なカップル」を拘束したと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

活気づいたトランプ大統領は、うだるような暑さをものともせず、バイデン政権を糾弾し、最終的に国民に繁栄を取り戻すと約束した6万人の支持者を前に演説した。トランプが演説台に立ったのは午後1時過ぎだったが、彼の支持者たちは、この記念すべき演説の数時間前から数日前からピケンズ入りしていた。また、11月15日の再選発表以来、トランプ氏を目立たぬように影で支えてきた特殊部隊も同様で、米海兵隊のエリック・M・スミス将軍とJ・D・キーシー米陸軍大佐が、トランプ氏のさらなる暗殺未遂を阻止する目的で派遣したものだった。

6月26日に報道されたように、ホワイト・ハットは8月の共和党予備選第1回討論会でトランプ大統領の殺害を望む国際的な暗殺者を排除した。最近の “暗殺の噂”の増加は、ホワイト・ハットをハラハラさせ、トランプの集会会場を積極的に偵察することを余儀なくさせた。

トランプ支持者の大群は、ピケンズにホワイト・ハットの先を越し、「トランプ2024」の装飾品を掲げながら、共和党の牙城であるこの古風な北部の町をパレードし、最高司令官を擁護し、犯罪者バイデン政権の崩壊を求める旗を掲げた。その場にいた数人の反トランプのデモ参加者(ANTIFAと南部貧困法律センターの支持者)はすぐに黙らされ、何千人もの愛国者たちの不協和音が轟く中、彼らの声はかろうじてささやく程度だった。

しかしホワイト・ハットは、ANTIFAを心配するよりも、ディープ・ステートから金をもらって愛国者運動に入り込んでいる偽のトランプ支持者である “ポーズを取る人たち”を心配していた。

「浸透は相当なものだ。我々は、司法省が親トランプのMAGAグループに1,000人の捜査官を送り込んでいると推定している。我々はまた、ディープ・ステートが薬物による催眠術で潜伏工作員を作り出していると考えている」と情報筋は語った。

金曜日の朝、ピケンズの覆面特殊部隊は、トランプが演説する予定だった場所の近くにある家族経営の朝食店「Mama Meg’s Country Cookin’」で食事をしている、どう見ても典型的な愛国的カップルに遭遇した。そのカップルは40代と思われ、トランプのピンで飾られた帽子や、アメリカ国旗を抱きしめて微笑むトランプが描かれたTシャツなど、マガ(MAGA)の服装をたくさん身に着けていた。女性は赤、白、青のストライプのスニーカーを履き、男性は右前腕にトランプ大統領の顔のタトゥーを入れていた。

特殊部隊は明らかに奇妙なことに気づいた、と情報筋は言う。カップルの肉体的な派手さと、彼らの態度が不自然に対照的だったのだ。女性はスクランブルエッグをフォークで何度も刺し、男性はコーヒーマグを一口も飲まずにゆっくりと口に運ぶ。時折、男はロボットさながらにゆっくりと話し、”ドナルド・トランプを支持していてよかった”と正確なフレーズを繰り返した。

特殊部隊はこの奇妙なやりとりを15分間に5回も目撃した。

ウェイトレスがマグカップのお代わりをするかと尋ねると、男は無表情に彼女を見つめながら言った。「僕らはドナルド・トランプのためにここにいるんだろう? 君はドナルド・トランプのためにいるのか?」

「みんなトランプのためにここに来ているんですよ」とウェイトレスは明るく答えた。彼女は男性のカップがまだいっぱいであるのを見た。

「卵は大丈夫ですか?」と彼女は女性に尋ねた。

「おいしいわ。私たちはドナルド・トランプに会いに来たんです」。

ウェイトレスは眉をひそめ、女性が食べ物で遊んでいるのに気づいた。

「もう少ししたら、すべてをチェックしに戻ってきます」と彼女は言い、別のテーブルに移った。

情報筋によれば、特殊部隊はトランプ信者の仲間として夫婦に近づき、出身地やトランプの移民政策に対する意見を聞いたという。

「トワイライトゾーンのようだった その男は穏やかな調子で話した。彼は、自分はサウスカロライナ州コロンビアの配管工だが、明らかに中西部訛りがあり、トランプに会いに来たのだと言った。経験則として、無実の民間人を拘束することは避けるが、あのカップルは何かがおかしかった。彼らがトランプに近づけたかどうかは不明だ。集会では誰もがチェックを通過する。しかし、特殊部隊はこの状況にもっと調査が必要だと感じていた」と情報筋は語った。

特殊部隊はカップルがレストランを出るのを外で待ち、2ブロック先の車まで尾行した。

そのカップルはサウスカロライナ州出身だと名乗っていたが、車にはメリーランド州のレンタカーのタグが付いていた。彼らは熱狂的なトランプ支持者だと言ったが、彼の国内政策や外交政策についての知識はゼロだった。質問に対する彼らの回答はプログラムされているようだった。

特殊部隊のリーダーは、ドナルド・トランプに会わせることができると言って、この夫婦に一緒に行くよう強要しようとしたが、男は拒否し、土曜日に夫婦でトランプ大統領に会うと主張し、トランプ大統領への「贈り物」があると付け加えた。特殊部隊の最後の選択肢は、そのカップルをフォート・ブラッグに送り、そこでウォマック陸軍医療センターのホワイト・ハットが評価できるように、2人を意識不明にするのに十分な強さの鎮静剤を注射することだった。

4人の兵士が2人をブラッグまで付き添い、残りの特殊部隊はトランプ大統領を守るためにピケンズに残った。特殊部隊はカップルの車から武器を発見できなかった。

Real Raw Newsでは、この謎のカップルについて詳細が分かり次第、この記事を更新する。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す