日曜日, 6月 16, 2024
ホームGITMOチャールズ・レティグ、GITMOで絞首刑

チャールズ・レティグ、GITMOで絞首刑

By Michael Baxter – 2023年8月17日(Real Raw Newsより翻訳)

火曜日の朝、ダース・E・クランドール副提督は、連邦政府が勤勉なアメリカ人納税者からすでに盗んだ400億ドルの窃盗で有罪となったチャールズ・レティグ元国税庁長官の死刑執行を監督した。

午前10時頃、武装した憲兵隊が、キャンプ・デルタの拘置所から、GITMOのバルゴ・ポイントの近くに新しく建てられた絞首台10基の列へと、寂しげなレティグをエスコートした。憲兵たちが手錠をかけられたレティグをロープに続く階段に突き上げると、副提督はタブレットで処刑予定リストを親指でなぞった。レティグは海軍の牧師に丁重に迎えられ、最後の儀式を望むかどうか尋ねられ、イエスは「彼への純粋な信仰を示す人々の罪をすべて赦している」と告げられた。

「イエスが私に何をしてくれたというのだ。ほっといてくれ」とレティグは言った。

「あなたはイエスに何をしたのですか」牧師は階段を下りながら答えた。

レティグはクランドール副提督をにらみつけた。「おまえはもうだめだ。私の仲間は、ここで何が起こっているのか世界に伝えるだろう」

「あなたの仲間も、あなたの仲間の仲間も、何も言わない。彼らは自分たちの数が減っていることを誰にも知られたくない。そして、彼らはあなたの家族の沈黙を買うでしょう。ディープ・ステートは不従順な者には優しくないので、彼らがその申し出を受け入れることを望みます」と副提督は言った。

「あなたは無実の人を殺すことになる」とレティグは言った。

「おまえが言うな」と副提督は言った。

レティグの横にいた絞首刑執行人が、レティグの首を輪にした紐で縛り、強く引っ張った。

「これは楽しくないな」と副提督が言った。

「おまえにとってか、俺にとってか?」とレティグは言った。

クランドール副提督は絞首刑の引き金を引くように命じた。

レティグの体はそよ風にあおられ、首は傾き、目は後悔と恐怖のためか腫れ上がっていた。首が折れなかったことが、絞首刑をより残酷なものにした。

彼は地面に降ろされ、2023年8月15日午前11時5分に死亡が確認された。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す