金曜日, 12月 1, 2023
ホームアドレナクロム特殊部隊-スペツナス・チームがウクライナのアドレノクロム組織を粉砕

特殊部隊-スペツナス・チームがウクライナのアドレノクロム組織を粉砕

By Michael Baxter -2023年10月21日(Real Raw Newsより翻訳)

ガザにおけるイスラエルの次の一手を世界中が待ち望むなか、東ヨーロッパでは、止められない地獄のような戦いが繰り広げられている: ウクライナの児童売買シンジケートとアドレノクロム農場を最終的に取り壊すという戦いだ。この2つの目標は、2022年初頭にバイデン政権がヴォロディミル・ゼレンスキーとその犯罪共謀者に資金を提供し始めて以来、表裏一体の関係にある。

8月、Real Raw Newsは、エリック・M・スミス将軍とロシアのセルゲイ・ショイグ国防相によって承認されたように、ウクライナとポーランドで行方不明の子供たちを捜索するために、能力を結集して力を合わせた米軍特殊部隊とロシアのスペツナスの合同チームについて独占的に報道した。彼らの指令には、アドレノクロム研究所とその運営者、仲介者、本部の破壊も含まれていた。

スミス将軍の事務所やロシア連邦保安庁(FSB)の情報筋によれば、この合同部隊は、ウクライナとポーランドの国境沿いで平然と活動していた数十億ドル規模のアドレノクロム組織を壊滅させたという。情報筋によれば、同部隊は10月前半、無数の子どもたちを誘拐し、副腎を吸い取り、栄養を与えて健康な状態に戻した後、小児性愛者に売り、性奴隷にする組織、ラドチェンコを解体した。伝えられるところによると、子供たちは、副腎液が不活性になるまで、数回血を抜かれるという。

FSBによれば、ペトロ・ラドチェンコの組織はバイデン政権から間接的に資金提供を受けており、ウクライナの国境を越えて輸出されるアドレノクロムの50%を扱っていた。

「あなたの偽のバイデン大統領は犬のゼレンスキーに金を渡す。ゼレンスキーはそれを組織に渡す。組織はアドレノクロムを作り、出荷する」とFSBのアンドレイ・ザハロフ捜査官はRRNに語った。

アドレノクロムの行商人である特殊部隊/スペツナスが8月に殺害したミコラ・タランの電子機器から、カルテルの保有につながる主要な情報が得られた。タランのハードディスクにあったデータから、エリート部隊はポーランドとの国境から1マイル(1.6キロ)も離れていないウクライナのウスチリュにある無防備な輸送倉庫にたどり着いた。

ウクライナの経済開発貿易省のウェブサイトによると、この建物はネプチューン社に貸し出されていた。ネプチューン社は「ウクライナで唯一、特に15歳以下の幼児向けにシールやタトゥー入りの子供用チューインガムを製造している」会社である。

特殊部隊/スペツナスが建物を監視したところ、バブルガムもタトゥーも見当たらず、倉庫を占拠していた者は、アドレノクロムを冷やすのによく使われる医療用冷蔵庫3ダースと、アドレノクロム製剤によく含まれる合成オピオイドのひとつであるフェンタニル6,000グラムを残して、急いで立ち去ったようであった。また、頭部に銃弾を受けた男の腐乱した遺体も発見され、犯人はその男の身分証明書と携帯電話を現場に都合よく残していった。スペツナスは彼がセルゲイ・ニコラスであることを知っていた。彼はウクライナの麻薬密売人で、小学生に麻薬を売りつけるのが好きだった。理由は不明だが、組織はその子分を殺したらしい。

特殊部隊スペツナスのチームは爆薬を仕掛け、建物を破壊した。

ニコラスの電話の情報から、チームは国境を越えてポーランドのフルビエシュフに向かい、そこでアレク・オルディアンという男とその妻タマラを探した。これらの国際的なアドレノクロムのブローカーは、ヨーロッパ全土からアメリカまで何千リットルもの精製されたアドレノクロムを移動させている間、旅回りの公民権活動家を装っていた。FSBによれば、オルディアンはゼレンスキーの友人であり、ラドチェンコで最も稼ぐセールスマンであった。

Kalashnikov

7か国に13軒ある彼らの家の中には、刈り込まれた前庭と裏庭、手入れされた低木、つる植物棚、白いピケットフェンス、カラシニコフを持った4人の警備員が周囲を歩く魅力的な2階建ての家があった。部隊は警備員を始末し、家に入った。二階の寝室で、枯渇した輸液バッグのそばにアドレノクロムで酔いつぶれた夫婦がいた。アレック・オルディアンは不自然な力を発揮し、片手で200ポンドのセメントの台座を持ち上げ、スペツナスに投げつけた。医薬品のカクテルが強さを強化したとしても、弾丸に対する不死身を付与したわけではない。スペツナスのAK-74と特殊部隊のM4カービンの弾丸がアレクをクリスマスツリーのように照らした。アレクは血まみれの絨毯の上で死んでいた。彼の妻は無表情で、感情を失っていた。「ちょっとしたお菓子よ」と彼女は言った。そして、自由と引き換えにセックスを提供しようとした。

「あなたは、我々が欲しいものを持っているが、それはあなたの体ではない」とスペツナスが言った。

彼女はちらりと夫の死体を見た。「どうせ彼はただの肉袋よ。この表現を知ってる? 今自分がいつどこにいるのかさえ分からないのよ」。

「一緒に確かめましょう」。スペツナスはそう言うと、自分のキャンディ、アドレノクロムのめまいを抑えるナキソロンと、濃縮すると即死する高放射能毒のポロニウムを彼女に注射した。

彼は注射器を見せた。「これはすぐにあなたを殺すでしょう。もし私たちが知りたいことを話してくれて、それが真実なら、解毒剤をあげよう。さもなくば、ここで出血多量で死ぬことになる」とスペツナスは言った。

スミス将軍のオフィスとFSBのReal Raw Newsの情報源は、上記のやりとりのニュアンスに異議を唱えている。FSBのエージェント、アンドレイ・ザハロフによれば、米特殊部隊のリーダーは毒殺に反対し、スミスの事務所によれば、両者とも “あの女”を毒殺することに同意したという。

それにもかかわらず、彼女はウクライナでのラドチェンコとその備蓄の所在について話した。行方不明や誘拐された何万人もの子供たちについて尋ねられると、彼女は一瞬沈黙した。それから彼女は、ロドチェンコは子供たちを誘拐したり、アドレノクロムを吸い上げたりしていない、「他の人」が最も汚い仕事をした後に完成品を配っただけだと言った。兵士たちは彼女を不信に思ったが、彼女には 「治療薬をよこせ!」と言う以外に言うことはなかった。

「解毒剤はない」と彼女は言われ、そのまま死ぬことになった。

「ロシアでのやり方が分かっただろう」。スペツナスはアメリカ人にこう言った。「我々は有罪の者を裁判にかけない。時間の無駄だ。彼女はもっとひどい目に遭うべきだ」。

彼女の情報によって部隊はウクライナに戻り、そこで2つの戦術チームに分かれた。1つはキエフのディープステートの集会に潜入し、ドニプロ川沿いの裕福なペチェルスキー地区にあるラドチェンコの豪華なタウンハウスを監視した。2年もの間、絶え間なく続いたとされる敵対行為の後、この地域は魔法のように無傷だった。

スペツナスの一人が特殊部隊の仲間に言った。「我々はあなたがたと同じだ。我々はディープ・ステートだけを攻撃するのだ」。

一方、2番目のチームはウクライナ北西部の歴史あるルツクへの長旅に出た。街から5マイル北にある工業団地では、8人の警備チームが怪しげな活動でごった返していた。8人の警備チームが鉄条網のフェンスをパトロールし、1か所の出入り口を通過しようとする車のIDをチェックした。少なくとも50台の車と12台のトラクター・トレーラーが、いたる所の監視カメラに監視された場所に駐車していた。フェンスの外側の砂利道は、5,000フィートの舗装された滑走路を持つ管理されていない飛行場につながっており、そこにはアイドリング状態のアントノフAN-140ターボプロップが置かれていた。機内には医療用クーラーが積まれていた。滑走路の両側では、技術車両(軍事専門用語で、軽装備の即席戦闘車両を意味する)に乗った警備員が、ローダーや滑走路を出入りする交通を監視していた。

「アドレノクロムですか」と特殊部隊のオペレーターが聞いた。

「アドレノクロム」とスペツナスが確認した。

ザハロフ捜査官がRRNに語ったところでは、飛行場と工業団地を襲撃することも考えたが、誘拐された子供たちが担架に縛り付けられ、首から針やポリウレタンのチューブを突き出しているかどうか分からないため、躊躇したという。

「一人でも子供がいれば、危険を冒したくないのです」とザハロフは言った。

その夜、彼らは一人の労働者を選び出し、工業団地からルツクのアパートまで尾行し、玄関先で取り押さえた。特殊部隊の兵士がその男の喉を耳から耳まで切り裂くぞと脅すと、彼はうずくまって情報の要求に応じた、その工業団地には子供はおらず、25万リットルの冷蔵アドレノクロムと小さな戦争ができるほどの準軍事組織があるだけだ、と。翌日の朝6時に出勤しなければ、その部隊が彼の不在を調査するという。

「何人の子供たちがそこにいるのか、本当のことを教えてくれれば、生かしてやろう」とスペツナスは彼に言った。

「子供はいません。誓います」と労働者は答えた。

「もし嘘をつくなら、私たちはおまえを迎えに行く。おまえの家族を迎えに行く。家族がいないなら、友人を。もし飼い犬がいれば、その犬でさえも安全ではない」とスペツナスは言った。

「誓うよ、子供はいない」と男は繰り返した。

スペツナスは彼の喉を耳から耳まで切り裂き、そのまま失血死させた。

両チームはショイグ国防相に経過を報告し、決定が下された。

10月10日午後11時、作業員が玄関先で血を流して死んでから1時間後、ロシアの巡航ミサイルが工業団地と飛行場に降り注ぎ、滑走路を破壊し、建物を壊滅させ、残ったのはくすぶる瓦礫とねじれた鉄の山だけだった。

ミサイルが工業団地に降り注ぐなか、キエフのチームはラドチェンコの別荘を急襲し、彼と愛人、武装した20人の警備員、そして不運にもラドチェンコがレイプしていた9歳の少年を殺害した。

「罪のない人々が戦争の霧に巻き込まれることがある。完璧な計画などというものは存在せず、それは神話だ。アドレノクロムの取引に大きな打撃を与えるはずだが、まだ多くの子供たちが行方不明だ」とスミス将軍の事務所関係者は語った。

「セルゲイ・ショイグ国防相はこの作戦を大成功だと言っている。アドレノクロムはアメリカやロシア、あらゆるところに輸出されるはずだった。少年を失ったことは悲劇的だが、あの怪物に何度もレイプされた少年にどんな人生があっただろう。彼は今、神のもとにいる。彼は別の場所にいる」 とザハロフはRRNに語った。

情報筋によれば、チームは監禁されている子供たちの捜索を続けているという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す