土曜日, 4月 13, 2024
ホームGITMOJAG、ジャネット・イエレンを反逆罪で有罪判決

JAG、ジャネット・イエレンを反逆罪で有罪判決

By Michael Baxter -2023年10月26日(Real Raw Newsより翻訳)

10月16日月曜日:GITMO

ダース・E・クランドール副提督は、ジャネット・イエレンを “バケモノ”と呼ぶなど、色とりどりの名詞を並べた。この軍事法廷では、悪魔のような女性が自らを卑下するような反論を繰り返し、検察側が有罪の評決と死刑判決を下すのを助けた。

先週の月曜日の審理が始まって2時間後、イエレンが検察側の証人の出廷に激しく異議を唱えたときから、花火は始まった: シャノン・コーレスは、2022年1月から10月まで財務省の情報分析局でイエレンの下で間接的に働いていた人物で、同月、「トランプの手下」に捕らわれたと信じてJAGに自首した。彼女はJAGの捜査に協力することに同意し、保護拘置された。

証言台に立ったコーレスは、容赦ない敵意に迎えられた。手錠をかけられたイエレンは席から立ち上がり、コーレスを「我慢できない働き蜂」、政府の形成期を他人の尻馬に乗り、過労に文句を言いながら過ごした “仮病者”と呼んだ。イエレンは、コーレスがウクライナとヴォロディミル・ゼレンスキーに、公式に報告されている1,130億ドルを超える数千億ドルの税金を不正に送金した罪を着せるために、明らかに証拠を捏造したと大声で叫んだ。

証人席のコーレスは、イエレンの告発にも動じない様子だった。

「イエレン被拘禁者、あなたは今日証言する特権を拒否した。沈黙を守るか、沈黙を強制するかだ」とダース・E・クランドール副提督。

「あなたやあなたの私的なバナナ共和国政府からこんなことを言われる筋合いはない。私はバイデン大統領に忠実かつ合法的に仕えてきたのです」と、イエレンは体を震わせながらぼやいた。

イエレンの両脇にいた憲兵が彼女を椅子に押し倒し、口に猿ぐつわをした。

副提督はこう言った。「さて、コーレスさん、あなたが証言の免責を与えられていることは周知の事実です。今日、この法廷の前で嘘をつかなければならない理由はありますか?」

「いいえ」とコーレスは言った。

「あなたは逮捕されていない。あなたは自発的に投降した。そうですね?」

「そうです」。

「自首せざるを得なかった理由を話してもらえますか?」

コーレスはJAGがイエレンに不利な証拠を聞くために選んだ3人の警官をじっと見つめた。「私は、イエレンに今しているようなことをしている連中に監視されていると思いました。被害妄想がひどくなり、誰かにドアを破られて殺されるくらいなら、自首したほうがましだと考えました」。

「それが、あなたが信じていたことですか」と副提督は尋ねた。

「トランプの軍隊が私たちと私たちの家族のためにやってくると言われたことです」とコーレスは言った。

「コーレスさん、驚くかもしれませんが、私たちは個人ではなく、憲法のために働いているのです。はっきりさせておきたいのですが、あなたは恐怖から自首したのであって、自責の念からではないですよね?」

「当時はそうでした。自分のしたことを深く後悔しています」。

「それは具体的にどのようなことですか」と副提督は尋ねた。

「違法な電信送金にサインをしたことです」。

「少し漠然としていますね。もっと具体的に言ってもらえますか?」

「2022年1月、彼女は……私たちは財務省の送金を承認した。ウクライナのウクレクシンバンクへの570億ドルでした。国防省が所有する口座です」とコーレスは言った。

「なぜそれが事実だと分かるのですか」と、副提督は質問した。

「私が目撃したからです。彼女はその送金に自分以外の誰かのサインを欲しがっていたのです」。

「財務省情報分析局の次官補として、あなたの署名には重みがあります」と副提督は言った。

「はい、そうです」とコーレスは認めた。

副提督はパネルに向かって言った: 「ウラジーミル・プーチンは2022年2月にウクライナで特別軍事作戦を開始した。したがって、非合法な政権には、1月にウクライナに金を送る理由がまったくなかった。そして、その570億ドルの贈与の公的記録はどこにもない」。

クランドール副提督は、財務省からウクライナ銀行への10億ドルの電信送金57件のプリントアウトを提出した。それぞれにイエレンとコーレスのデジタル署名がある。彼はそれをパネリストの横に置いた。

「コーレス氏が自首した際に提出したSDカードから、これらを取り出した。これは納税者が連邦政府に支払ったお金であり、いかなる理由であれ、議会の知るところとなることなく、公文書となることなく、密かにウクライナに送られた。現在までに、ウクライナに送られた1兆ドル以上を追跡している。そのすべてと彼女を結びつける必要はない。これは、被告である被拘禁者ジャネット・イエレンが反逆罪を犯し、アメリカ合衆国を詐取したことを証明するものだ」と副提督は言った。

イエレンはどうにか猿ぐつわを外していた。「バイデン大統領はあなた方の首を取るでしょう」彼女は、77歳の女性にしては超人的な力を得たかのように、拘束具と闘いながらハッとした。「あんたは自分を○ァックしたんだ、シャノン」。

「そのバケモノを確保しろ」と副提督が憲兵に命じた。

イエレンの諫言にパネリストたちは口をあんぐりと開け、彼女の汚い舌は太陽の下であらゆる卑猥な言葉を吐き出した。憲兵たちはイエレンをGITMOの南法廷から連れ出し、クランドール副提督は魔女を有罪にするようパネルに懇願した。

クランドール副提督は、混乱を招いたことを謝罪し、コーレスを退席させた。その後、彼はイエレンが10月18日に絞首刑になると言った。

RRNは、その絞首刑が行われたと聞いている。まもなく記事にする予定だ。今日起きていることを考えると、正当な死について書くことさえ…疲れる。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す