日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ特殊部隊がディープ・ステートの聴取基地を攻撃

特殊部隊がディープ・ステートの聴取基地を攻撃

By Michael Baxter-2023年10月14日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットの特殊部隊は、児童売買組織に関与したとされる悪質なFBI捜査官を追うため、フォート・ブラッグとの通信を盗聴していた連邦軍の盗聴拠点を見つける方法を知っていた。

ホワイト・ハットが「盗聴拠点」と呼ぶのは、店舗、コインランドリー、ドーナツ屋、食料品店、時には森の中の小屋など、何の変哲もない外観の建造物である。犯罪者ジョセフ・R・バイデンが大統領選挙を盗み、FBI長官クリストファー・レイに、合理的な疑いや正当な理由、令状なしに、合法的な市民、愛国者、民兵、全国のトランプ支持者を盗聴する白紙委任状を与えた後、その数は増加した。当然ながら、FBIはホワイト・ハットの会話を傍受するために、こうした違憲の局を利用している。政権の思惑を妨げる戦術的な作戦を阻止することを期待しているのだ。一般市民には見えないが、この局は大都市からモンタナ州北部の田舎町まで、アメリカ全土に点在している。

フォート・ブラッグの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、ホワイト・ハットは過去3年間にいくつもの基地を破壊したが、無制限の資金と気まぐれに金を刷る能力を持つ連邦政府は、近くに新しい基地を建て直しただけだという。

過去には、これらの前哨基地を発見した兵士たちは、連邦政府の盗聴者たちに投降の機会を与えた。そして何人かはその機会を利用し、銃弾よりも命を優先した。愛国心に目覚めたのか、グアンタナモ湾への片道切符を避けるためか、何人かは裏切り者となり、ホワイト・ハットが他の秘密盗聴基地の場所を聞き出すのを手伝った。

しかし、エリック・M・スミス将軍がホワイト・ハットの指揮官に就任したとき、最後通牒の時期は終わっていた。彼は、第5特殊部隊群司令官のブレント・リンデメン大佐と、ディープ・ステイターを選択肢を提示することなく「排除」することの道徳性と合法性について話し合ったが、特に連邦政府の情報の75%が誤った方向か時代遅れであった場合には、彼らは甘すぎたということで意見が一致した。

彼らは盗聴拠点を非合法かつ違法なものとみなし、そこにいるディープ・ステイターを陰謀団の奴隷とみなした。

「入手した情報の4分の1しか価値がなくても、ないよりはましだ。新しい指令は、盗聴ポストを見つける別の方法を見つけなければならないことを意味した。詳しくは言えないが、現場の兵士、サイバーコマンドの助け、幸運の女神、そして時には拷問も必要だ。誰も好き好んでやっているわけではない。言いようのないことだ。しかし、子供たちを救ったり、小児性愛者を捕まえたりするのに役立つのであれば、やらなければならないことはやる」と情報筋は語った。

8月上旬、特殊部隊はモンタナ州北部で、国境を越えてカナダに子供を密売している疑いのある4人のFBIを追っていた。情報では、彼らは日常的にグレイシャー国立公園で子供たちを誘拐し、国境をまたぐアッパー・ウォータートン・レイクをボートで渡っているとのことだった。

グレーシャー西側のレッドロック・ポイント付近の険しい地形を横断中、特殊部隊は待ち伏せに出くわし、自動小銃で武装した正体不明の襲撃者8人に囲まれた。驚いていたにもかかわらず、特殊部隊は形勢を逆転し、身分証明書を携帯していない襲撃者たちを殺害した。彼らは無線機を持っており、クリアな声で近況報告を求めてきた。

凹凸の多い地形やそびえ立つ山頂が視線の送受信を遮る環境では、信号の明瞭度が強すぎて遠くまで届かなかった。また、ロッキー山脈北部の絶対的な広さと、無数の山頂、湖、川、小川を結ぶ何千キロものハイキングコースを考えれば、待ち伏せに無作為に出くわす確率は限りなく低かった。奇襲隊は特殊部隊のルートを知っていたに違いない。

特殊部隊は安全な衛星電話でブラッグと連絡を取り合っていた。つまり、近くにいる者が暗号を解読して待ち伏せ部隊と交信することができたのだ。待ち伏せしていた者たちの無線機、市販のBaofeng UV-54 8ワット・トランシーバー(小売価格60ドル)は、さすがに暗号を解読することはできなかった。

何度も何度も状況報告を求める声に耳を傾けていると、やがて「デッドゾーンにいるはずだ」という声が聞こえてきた。彼が話すと、背後から2番目の声がアブルッツォから何か欲しいものはないかと尋ねた。

特殊部隊はモンタナで十分な時間を過ごしたので、アブルッツォがホワイトフィッシュにあるイタリア料理店であることを知っていた。ホワイトフィッシュは、現在地から南西に50マイル(80.5キロ)離れた、年間を通して観光客が訪れる街である。リピーターとは、アマチュア無線の微弱な信号を受信し、より高いレベル、より高いパワーで再送信することで、信号が劣化することなく長距離をカバーできるようにする電子機器である。

「ホワイトフィッシュかそれとも失敗かだった。特殊部隊は、敵が聞いていることを知っていたので、無線での沈黙を維持した。彼らは、飛び込もうとした連中が報告しなかったので、ホワイトフィッシュにいるディープステートは、おそらく彼らの待ち伏せがうまくいかなかったと思い、店じまいしたのだろうと考えた。我々の仲間が5分で行けるとは思えなかった。しかし、それが彼らの仕事であり、少しの運でもあった」と情報筋は言う。

高さ35フィート(約10.7メートル)のアンテナ・アレイが屋根から突き出ている釣具店の外に立っていた、ひときわ目立つ服装の2人のFBI捜査官は、何が彼らを襲ったのか分からなかった。特殊部隊に射殺されたのだ。スチール製のドアには「改装のため閉店」のプラカードが貼られ、窓にはハリケーンに耐えるかのように板が張られていた。彼らは爆薬でドアを爆破して中に入り、Tシャツにカーキ色の短パン姿のFBIを射殺した。

釣り道具はなく、ロッドもリールもエサもなかった。ルアーひとつさえない。太ももの高さまである無線機とコンピュータのラック、床には銃器の金庫、そして奥の部屋に通じるもうひとつの鉄扉があった。

中に入ると、2人のFBIが机の後ろでうずくまっていた。人とも至近距離から射殺された。投降のチャンスは与えられていなかった。バンバン。

特殊部隊は機材を解体し、撤退した。

情報筋によれば、彼らは最終的に誘拐犯を見つけて対処し、売られて奴隷になるはずだった3人の子供たちを救出したという。

「奴隷商人を幇助している、あるいは自らやっているFBIがいることが分かっている限り、彼らとその違法な前哨基地は有効な標的だ。慈悲はない。あの子たちは慈悲を得られなかっただろう。長い間、ディープ・ステートは無敵のオーラを放ってきた。しかし、彼らは無敵ではない。我々からではない」と情報筋は語った。

この事件以来、ホワイト・ハットは通信の暗号化を改善したという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す