火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカ海兵隊、血みどろの戦いでディープ・ステートの基地を占領

海兵隊、血みどろの戦いでディープ・ステートの基地を占領

By Michael Baxter -2023年10月13日(Real Raw Newsより翻訳)

米海兵隊は12人の海兵隊員の死者とその2倍の負傷者を出した土曜日のアルバニー基地への襲撃に対する「慎重な対応」とエリック・M・スミス将軍の事務所関係者が言うように、水曜日にディープ・ステート陸軍州兵の基地を占領し、その司令官を殺害した。

情報筋によれば、スミス将軍は、死んだ数人の敵がキャンプ・サンルイス・オビスポにあるカリフォルニア陸軍州兵の第160歩兵連隊のものであることを確認した後、慎重に標的を選んだという。キャンプ・サンルイス・オビスポ連隊は、カリフォルニア州中央海岸近くのキャンプ・ルイス・オビスポ郡にある約15,000エーカー(6,070㌶)の土地で構成されている。

同基地のウェブサイトによると、最大1,500人の将校と15,000人の下士官兵が収容可能だが、この数字は第二次世界大戦中の稼働率を反映している。1984年から2021年の間には、約3,750人の兵士、VIP、請負業者が収容された。2012年、フセインという男が、設立間もないFEMAユースコープスと「Yes, We Can!」インナーシティ・ユース・ブリゲードのために1,500エーカー(607㌶)の土地を奪おうとしたが、理由はどうあれ、少なくともキャンプ・サンルイス・オビスポでは、そのような悪事が実現することはなかった。

それでも、2021年後半には変則的な転換期を迎えた。クリスマスから元旦にかけて、ロイド・オースティンの国防総省は、Covid-19の大流行を理由に、ワクチン未接種の兵士を媒介者として基地を静かに避難させた。オースティンは、Covid-19の微粒子を基地から一掃するには数ヶ月かかるだろうと言った。

その週、奇妙なことが起こった。リーダーの入れ替わり。真夜中の異動命令。兵士たちはTO&Eをまとめ、配置転換のために直ちに出発するように言われた。伝染病が流行しているとされたにもかかわらず、Covid-19の検査を受けた兵士は一人もいなかった。軍の全兵士を検査し、ワクチンを接種し、増員するという政権の執念を考えれば、これは驚異的なことである。

オースティンは危機をでっち上げたか、誇張したかのどちらかである。燻蒸剤は到着せず、兵士たちは2022年1月3日に基地に戻った。しかし、1週間前に逃げ出した兵士たちは違った。まるで洗脳され、ジョセフ・バイデンとロイド・オースティンに忠実な将校や下士官と入れ替わったかのようだった。この権力シフトは、グアンタナモ湾でギャビン・ニューサムの軍事法廷を開いたのと時を同じくしていた。

「我々は関連性を見ておらず、単なる偶然だ。陰謀団は全ポストに忠誠者を配置し、ロイド・オースティンが選んだ司令官を据えた。彼らは資産を集中させていたのだ。土曜の大虐殺の後、奴らがどこから来たのかが分かった。FBIと警備隊だ」 と情報筋は述べた。

バイデンの大統領就任を認めない海兵隊の裏切り者が、2024年の総選挙で民主党の有権者を攻撃するための中継地点として海兵隊アルバニーを使用する計画で海兵隊アルバニーを徴用したと聞かされた後、海兵隊アルバニーへの攻撃を生き延びた囚人の何人かは、トーマス・ブート中佐(サンルイス・オビスポの駐屯地司令官代理)の命令に「強要されて」従ったと告白した。彼らは、国防総省に代わって基地を占領することが目的だったと主張し、海兵隊アルバニーの収容所からディープ・ステートの囚人を解放するために送られたという非難を否定した。情報筋によれば、生存者たちはもっと重大な嘘を隠すために小さな真実を語ったという。

情報源からは言及されていないが、RRNは、海兵隊アルバニーへの攻撃は、陸軍CID調査官が9月に「反逆罪の疑い」で彼を逮捕する前に、キャンプ・ロバーツとキャンプ・サンルイス・オビスポの両方を監督していたブライアン・キールズ中佐の逮捕に対する報復であったかもしれないと考えている。

FBI捜査官が衛兵と一緒に訓練を受けたこと、クリストファー・レイが6月に2度基地を訪れたこと、そしてブート中佐が海兵隊アルバニーへの襲撃を命じたことである。

「スミス将軍と彼のアドバイザーは、この問題を慎重に検討した。私たちは、300マイル(482.8キロ)も離れていないペンデルトンで、多くの海兵隊員をうずうずさせていた。数個小隊はマウイ島から帰ってきて休養中だったが、彼らは戦闘に戻りたがっていた。問題は、大規模な攻撃を仕掛けるか、それとも指導部を追うかだった。尋問によると、サンルイス・オビスポには1,500〜3,000人ほどがいた。囚人によって答えは違った。C3(軍事用語で諜報、指揮、統制、通信)の不足は、決定力、気迫、技術で補った」と情報筋は語った。

火曜日の夜までに、800人の海兵隊員がサンルイス・オビスポ郡に到着し、のどかなアイリッシュ・ヒルズ自然保護区に野営地と移動式司令部を設営した。必要であれば、ヘリコプターやオスプレイを使ってさらに多くの部隊が到着する。

指導部は厳しい交戦規則を課した: 主な目的は、ブース中佐と彼の上級スタッフを、可能であれば生きて連れて行き、反逆罪の裁判を受けさせることであり、ブースの意図に無知な、あるいはディープ・ステートが迷わせたガードマンを無闇に虐殺しないことであった。

「土曜日に起こったこととは裏腹に、彼らには2度目のチャンスが与えられるべきだという判断が、コンセンサスではなく、あった。それは言い方は悪いかもしれないが、鞍替えするためだ。ブースを捕まえろ、発砲されたら撃て、誰も逃がすな、それが命令だった」。

800人の海兵隊員がどうやって発見されずに郡に到着したのか、キャンプを張る前にどうやって郡に溶け込んだのか、彼は語ろうとしなかった。

「海兵隊員は軍服を着て生き、戦い、そして死にたいのです。この戦争の性質上、時には裏工作も必要になる。彼らが民間人の格好をしていたとか、カツラをかぶっていたとか、そういうことを言う権限は私にはありません」と彼は言った。

彼によると、4個中隊が基地を取り囲み、それぞれが異なるコンパスの方角をとっていた。一方、2個斥候/狙撃小隊は、最近の情報によると、基地内の自宅で眠っているはずのブースを救出するため、進入の準備をしていた。

一方、通信電子の専門家たちは、基地内の誰もがダイヤル発信できないようにするための「携帯電話妨害装置」を準備し、軍の無線通信を妨害する妨害装置を配備した。情報筋によれば、海兵隊は侵攻中、一般に利用可能なGMRS周波数に頼っていたという。

スカウト/スナイパー小隊は、ブースの邸宅の外をパトロールしていた武装ガードマン4人を制圧するために、麻痺ダーツという非殺傷力を使用した。

別の場所では、すべてが計画通りにはいかなかった。基地内の他の高級将校を探していた攻撃チームの一員である規律知らずの海兵隊員が、寝静まった兵舎に入り込み、寝台で眠っていた12人の衛兵に銃弾を浴びせて叫んだ。「撃て! 何発か撃て! これはエリックのためだ」と言いながら、彼は弾を込め直し、装填ハンドルを倒して何度も何度も発砲した。後にReal Raw Newsが知ったところによると、エリックは海兵隊員の家族的な兄弟であり、仲間の海兵隊員だった。彼はマウイ島でディープ・ステイターのために死んだ。

カオスが起こった。海兵隊員が悲しみに打ちひしがれた弟を血まみれの兵舎から引きずり出すと、40〜50人の衛兵が開けた場所で彼らと交戦し、引き金を引いて全力で発砲した。しかし、海兵隊員に命中した者は一人もいなかった。混乱の中、衛兵たちはマガジンウェルに叩き込んでいた弾倉に空砲が装填されていたことに気づかなかった。暗闇の中、15ヤード(約13.7メートル)離れていた海兵隊員は、衛兵が実弾を撃っていないことを知る術がなく、作戦規定に従って反撃した。ドミノ倒しのように倒れた衛兵たちは、絶望的な愚かさで互いに顔を見合わせた。

600人の海兵隊員が基地を襲撃した。ある者は徒歩で、またある者は装甲ハマーに分隊用自動小銃とマーク19グレネードランチャーを搭載していた。

情報筋によれば、海兵隊対衛兵隊、家と家、建物と建物、市街戦のスタイルだったという。海兵隊の潜入チームが送電網に妨害工作とブービートラップを仕掛け、基地を暗闇に陥れた。街頭で海兵隊と衛兵が銃撃戦を繰り広げる中、斥候/狙撃チームがブースの家に突入すると、彼とベッドで一緒に寝ていたらしい男性下士官が、戦闘に備えて急いで服を着ていた。下士官はベッド台のピストルに手を伸ばし、頭を2発撃たれた。

「スミス将軍の命令と合衆国憲法の力により、あなたは指揮下のすべての兵士に発砲を中止し、身を引くよう命令することになる」海兵隊員が、死者の手を握ろうと身を乗り出したブースに言った。

「もし拒否したら?」

「裏切り者として、今すぐ死ぬ。そして、この男たち全員も殺すことになる」と海兵隊員は言った。

海兵隊員は基地の放送システムの電源を回復し、ブースに命令を下すよう命じた。ブースは、臆病からではなく、命を救うために従うと言った。彼はマイクのキーを押し、こう言った: 「戦え!最後の1mまで戦え……」。

彼もまた顔面を撃たれ、裏切り者の死を遂げた。

戦場の海兵隊幹部で、戦闘に強い少佐は、激しい戦闘の中を司令部まで案内され、PAシステムで自らのアナウンスをした。彼は衛兵たち、そしてそのなかの連邦兵たちに、戦死者にならないように武器を捨てて降伏するよう促した。もうこれ以上死ぬ必要はない、と彼は言い、すべての捕虜を人道的に扱うと約束した。彼は、敵が騎兵隊を召集するよりも早く、1時間以内に5,000頭のデビルドッグの援軍が到着するだろうと言った。

「大佐は死んだ。あの身勝手なゲス野郎は、お前たちが一緒に死ねることをとても喜んでいた。自分のこと、仲間のこと、家族のことを考えろ。敵対行為をやめれば、危害は加えない」と少佐は言った。

小競り合いは少なくなった。銃声は弱まった。衛兵たちは海兵隊に投降し、追って通知があるまで宿舎に閉じ込められた。

埋葬部隊が死者を収容した。

海兵隊は周辺を固めた。

情報筋によれば、スミス将軍はロイド・オースティンにメッセージを送り、米軍の護憲派が現在サンルイス・オビスポを支配しており、ここを奪還しようとしたり、ホワイト・ハットの基地を襲撃しようとしたりすれば、さらなる戦争行為と解釈され、悲惨な結果を招くと通告したという。

捕虜たちの運命はまだ決まっていない、と情報筋は言う。

「我々はブースを生け捕りにしたかった。長期的にサンルイス・オビスポを保持するかどうかは分からない;戦略的価値はない」と情報筋は語った。

銃撃戦の引き金となった海兵隊員について聞かれると、「彼は戦闘中に死んだ」と答えた。

Real Raw Newsには、死傷者の推定をすぐに教えてくれなかった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す