木曜日, 4月 18, 2024
ホームGITMOマーク・ミリー、GITMOで絞首刑

マーク・ミリー、GITMOで絞首刑

By Michael Baxter -2023年10月15日(Real Raw Newsより翻訳)

犯罪者マーク・A・ミリーは二等兵に降格され、不名誉除隊となった。彼の勲章とリボンの多くは、自ら授与したものであり、その多くが不当なものであった。

絞首刑が予定されているすべてのGITMO収容者と同様に、ミリーも最後の朝食を勧められ、それを断った。愛国的な将校としての功績は、一生分の糧で胃と魂を満たしたと彼は言った。しかし、彼は無精髭を剃るために安全カミソリを要求した。

午前10時、3人の憲兵が、処刑前の身体検査を受けた医務室から絞首台まで彼をエスコートした。絞首台では、クランドール副提督が、各軍の支部を代表して立つ将校たちと、青いスーツに赤いネクタイを締めた無名の民間人の中に立っていた。

提督は、ミリーがロープにたどり着くまで黙っていた。

「反逆罪で有罪とされた被拘禁者マーク・ミリー、死刑を宣告する。最後の儀式を望むなら、牧師がいる。最後の陳述をする権利がある」と提督。

「私はバイデン大統領を決して見捨てません。私は彼とこの国に、名誉と栄誉と誇りをもって仕えてきました。今ここで起きていること、起きていることは、倒錯した不正義だ。何が合憲で何が合憲でないかを決めることはできず、あなたのいかさま法廷はこの国を傷つける。私は死を恐れない。死を恐れたことはない。これは単純明快な殺人だ。度胸のある者なら、手刀でもナイフでもライフルでも、死力を尽くして私に立ち向かうだろう。だが、おまえは臆病者だ、臆病者だ、とその時が来れば、おまえは臆病者として死ぬことになる」とミリーは言った。

絞首刑執行人がミリーの頭に袋をかぶせ始めると、ミリーはこう抗議した。「いや、デル、私の目を見てくれ」。

「あなたの選択だ」と副提督は言った。

ミリーが落下する前に、彼は意外な一文を漏らした: 「ウクライナは未来だ」。

彼は10月13日午前11時3分に死亡が確認された。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す