木曜日, 2月 22, 2024
ホームFEMAFEMA職員、GITMOで撲殺される

FEMA職員、GITMOで撲殺される

By Michael Baxter -2023年11月21日(Real Raw Newsより翻訳)

米海兵隊が8月に逮捕した元FEMA職員がグアンタナモ湾で撲殺されたと、JAG関係者がReal Raw Newsに語った。

8月22日に報道されたように、ホワイト・ハットは、マウイ島が燃えている間にFEMAの職員がハワイ市民に対して行った残虐行為に彼を関連付けた後、FEMA副長官エリック・フックスを逮捕した。フックスは南フロリダで手続きを受け、8月27日にGITMOに空輸された。そこで彼は尋問者への協力を拒否し、もしJAGが任命された職務を果たしたとして彼を起訴するならば、すべての手続きに黙って参加すると言った。法廷が開かれるのは9月18日であった。

9月13日、キャンプ・デルタの警備員は、監視カメラのないシャワー室にフックスを案内した後、警棒でフックスを殴り始めた。殴打が始まると手錠をかけられたフックスは、両膝頭を2回ずつ殴られた後、水たまりの中で倒れた。その後、無名の看守はフックスの胴体と顔を殴打し、フックスは看守に慈悲を求めた。その約2分後、看守が容赦なくフックスに殴りかかるなか、2人目の看守が部屋に入り、暴行に加わり、横たわった無防備なフックスの歯を蹴った。フックスの命を絶とうとする看守の揺るぎない欲望は数分続き、その時点で一人の看守が脈を触り、”ああ、彼は死んだよ”と言った。

壁打ちを始めた看守は、すぐに軍師に無線でこう言った、 「我々は投降する必要がある。我々は、被拘禁者のエリック・フックスを殺した。マウイのためにやったんだ」。

医療スタッフがフックスの球状の死体をビニール袋に入れると、憲兵が看守に権利を読み聞かせ、個室シャワー、テレビ、共同スペースが完備されたGITMOの中程度のセキュリティの収容ブロックであるキャンプシックスにある隔離された独房に案内した。

我々の情報筋によれば、GITMOの指導者たちは、他の規律を欠いた軍人が、拘束されているディープ・ステイターに対して自警団的な正義を求めることを恐れ、すぐに超法規的処刑の知らせを封じようとしたという。しかし、看守たちの行為はCovid-19ワクチンに関する真実よりも早く広まり、GITMOでは彼らの行為を支持し、” ゴミ捨て” をした彼らを尊敬する者もいた。

看守たちは自白し、上記のような “正当な殺人”と呼ばれる行為を詳述し、フックスがGITMOに到着した4日後から殺害計画を練り始めたと彼は付け加えた。

「看守たちはボディカメラを装着し、すべてを撮影していた。彼らの宣誓供述によれば、フックスは夜、独房の中で看守に聞こえる程度の大声でささやき、自分の命令で死んだマウイ島の人々のことを自慢していたという。JAGがフックスを有罪と判断したとしても、絞首刑は彼には勿体ない、と彼らは言った。だから、自分たちの手で問題を解決しようと共謀したんだ」。

ふたりの看守は、殺害に至るまで模範的な勤務態度であり、マウイ島の住民とのつながりはなかった。

「統一軍事裁判規則(UCMJ)には理由がある。UCMJはわれわれを導くものであり、それを破ることは結果をもたらす。JAGは、UCMJ第118条(殺人)違反で看守を起訴した。彼らは捕まることを知っていたが、気にしなかった。彼らは正当殺人を理由に無罪を主張した」と情報筋は言う。

この原稿を書いている時点では、裁判の日程は決まっておらず、誰がこの事件を起訴するかも明らかではない。

最後に、JAGが警備員たちに居心地の良い宿泊施設を提供した理由を情報筋に尋ねた。

「明らかに、私たちは彼らをある特定の人たちに近づけたくないのです」と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す