木曜日, 4月 18, 2024
ホームディープ・ステートゼレンスキー、少年たちを自爆テロ犯に仕立て上げる

ゼレンスキー、少年たちを自爆テロ犯に仕立て上げる

By Michael Baxter -2023年11月20日(Real Raw Newsより翻訳)

野蛮なヴォロディミル・ゼレンスキーは、少年たちを歩兵や自爆テロ要員としてウクライナ軍に徴兵している、とFSB諜報員のアンドレイ・ザハロフがReal Raw Newsに語った。

彼によると、11月初旬、ウクライナのポルタヴァ地方にいるロシア軍は、ドニエプル川のほとりにある工業都市で、激戦区ポルタヴァ州内にあるクレメンチュクの公共施設を警備しているウクライナ人武装勢力の構成が変化していることに気づいたという。

11月1日、ロシア軍はクレメンチュク製油所付近に、施設に対するドローン攻撃の一夜を経て集結した。プーチンは、ウクライナ空軍が20機のドローンのうち18機を撃墜したという主張に反論した。ザハロフによれば、この砲撃は、バイデン大統領とリシ・スナク首相がゼレンスキーに渡したM-16とヘッケラー&コッホのライフル数千丁を消滅させるためのものだったという。FSBは、5日前にウクライナとポーランドの軍隊が製油所に武器を置く衛星画像を持っていた。ロシア軍が戦闘被害評価のために破壊された工場に入ろうとしたとき、彼らはウクライナの正規軍ではなく、血まみれのバギー制服を着たM-16を持った学生たちに挑まれた。

14歳にも満たない少年たちの大群が「ゼレンスキーのために!」と叫びながら瓦礫の中から現れ、あらゆる方向に火を噴いた。ロシア軍は銃撃戦の大群に巻き込まれ、絶え間ない猛攻撃から身を守らなければならなかった。結局、12人のロシア軍兵士と30人のウクライナ人少年が死亡した。

「これは決して私たちの意図したことではありません」とザハロフは言った。「小児性愛者や戦争から子供たちを救いたい。しかし、彼らは銃で私たちの部下を攻撃し、私たちに何の手段も残さなかった。犬のゼレンスキーが彼らを洗脳しているのだ」。

その1週間後、ロシア軍はまたしてもゼレンスキーの少年隊とひどい遭遇をした。ポルタヴァ郊外にディープ・ステートの小児性愛者の集会があるとの通報を受けたロシア地上軍が、真のテロリズムの定義に遭遇したのだ。子供たちが行方不明になった形跡がないか周辺を聞き込み調査していたとき、ほつれたパーカーを着た思春期の少年が、ロシア語で「助けてくれ! 助けて! ウクライナ人に連れ去られた!」 と叫びながら、木々の間からこちらに向かって飛び出してきた。

「急げ、少年、急げ、俺たちが助けてやる」とロシア兵が言った。

少年は、パラシュート降下兵がリップコードを引くように上着の紐を引き、自爆して2人の兵士を道連れにした。

無線兵が膝をつき、受話器を耳に当てていた。「彼は盗聴されていた」。

けたたましい騒ぎの中、さらに9人の少年たちが木々の間から飛び出し、「ウクライナのために! ゼレンスキーのために!」と叫びながら兵士たちに向かって疾走した。彼らは武器を持っていなかったが、上着からぶら下がった紐に指を絡めていた。

「止まれ。今すぐやめないと撃つぞ」とロシア兵が言った。

少年たちは警告を聞かなかった。

ロシア兵は、悲鳴を上げながら発砲し、全員の銃をフルオートにして敵を掃射した。爆弾兵と化した少年たちは、血と足のもつれで地面に倒れて死んでいた。

ザハロフは言った。「我々はこのことを誇りに思っていない。 しかし、豚のゼレンスキーは少年たちを戦争に巻き込んだ。彼は彼らの心を捻じ曲げる。ロシア人でも、ウクライナ人でも、アメリカ人でも。違いはない」。

なぜ親たちはゼレンスキーが罪のない子供たちを反乱軍に変貌させるのを許したのか、と問われ、彼は言った。「両親? 父親たちは小児性愛者のゼレンスキーとバイデンをかばって殺され、母親たちは連れ去られた。今はそれだけだ。しかし重要なのは、これが西側の資金源だということだ」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す