木曜日, 2月 22, 2024
ホームGITMOエリック・フックスを殺害したGITMO看守、司法取引に応じる

エリック・フックスを殺害したGITMO看守、司法取引に応じる

By Michael Baxter -2023年11月27日(Real Raw Newsより翻訳)

収容者エリック・フックスを殴り殺したグアンタナモ湾の看守たちは、絞首刑やJAGの評判を落とすような軍法会議ではなく、司法取引に応じたとJAG関係者がReal Raw Newsに語った。

先週報告したように、キャンプ・デルタの警備員2人は、現在では陸軍第525憲兵大隊の兵士と判明しているが、鋼鉄の警棒、拳、足でフックスを8分間殴り続けた。検視官は、歯を蹴り抜かれ頭蓋骨を砕かれたフックスは、警備員たちが彼をピニャータ*のように叩くのをやめる前に息絶えたと結論づけた。

ボディカムの映像によると、黒人である警備員たちは、フックスの顎を砕きながら「ディープ・ステートの恥さらし」と呼び、「これはマウイ島のみんなのためだ」と言いながら彼を棍棒で殴ったという。

JAGは9月の虐殺を秘密に封じ込めようとし、リークした者を処罰するとまで脅したが、フックスが死んだという話、そしてなぜ看守たちが彼を無慈悲に処刑したのかという話は、キャンプ・デルタ中、そして基地の他の地域にも火のように広がった。そして、子供向けゲーム『電話』のように、フックスの死について語られるたびに、ただでさえ不気味な死に、新鮮でしばしば幻想的な装飾が加えられた。「彼らはフックスの歯をペンチで引き抜き、それから指とつま先に手をかけた。そして、ほうきの柄を喉の奥に押し込んだ。他の憲兵たちは、看守たちの規律を無視した行動を嫌悪するどころか、彼らを “正義の戦士”と呼び、犯人たちは地元の有名人になった。

この襲撃事件をきっかけに、JAGは被告人をディープ・ステートの囚人には人道的すぎるとされる空き独房棟に隔離した。そこで計画殺人の嫌疑をかけられた看守たちは、JAGが彼らの処遇を決めるまで拘留された。

「この2人については、深夜に何度も会議があった。JAGは、GITMOでも他の場所でも、騒ぎにしたくなかった。フックスの顔をカッテージチーズみたいにした連中は、反省していない。実際、もし過去に戻れるなら、正当な殺人と称して同じことを繰り返すだろうと言っていた。そしてもし仮に、軍法会議にかけられ、陪審員に同情的な人がいたとしたら……。でも、自警主義を助長することになる」と情報筋は言う。

明らかな殺人を容認しているように見せかけず、騒ぎを避けなければならない。

統一軍事裁判規則の第118条(4)は、(a)死亡、(b)被告人が実行行為によって死亡させたこと、(c)殺害が不法であったこと、(d)殺害時に被告人に計画的な殺意があったことを要求している。

フックスの死は、弁護人の権利を放棄した看守が、彼を殺害する機会を何日も待っていたと自白していることから、客観的にはこれらの基準を満たしている。

有罪になれば、死刑か終身刑のどちらかである。

我々の情報筋によれば、先週、JAG指導部は前例のない動きで、特別免除を発動し、陪審員による裁判の代わりに仮釈放の可能性のない25年の刑期を看守に提示したという。看守たちは条件付きで同意した。

「指導者たちは、おそらく絞首刑になるであろうこと、そしてディープ・ステートのクズどものように絞首刑になりたくないであろうことをはっきりと伝えた。彼らは、悔恨の声明を書かなくて済むなら、25年でもいいと言った」と情報筋は言う。

24歳と27歳の看守たちは、2048年に自由の身となる。

最後に、クランドール副提督がこの取引に同意したかどうか、情報筋に尋ねた。

「彼はその取り決めをすることができる将校です」と彼は回避的に答えた。


ピニャータ(piñata)
メキシコや他の中・南米の国の子供のお祭り(誕生日など)に使われる、中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形のこと。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す