木曜日, 2月 22, 2024
ホームCovid-19海兵隊員、逮捕中のCDC職員を殺害

海兵隊員、逮捕中のCDC職員を殺害


By Michael Baxter -2023年11月26日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、疾病管理予防センター(CDC)のアーロン・アラナス常務理事は金曜日の朝、国家反逆罪で逮捕するために派遣された米海兵隊の偵察部隊と2人のボディーガードとともに銃撃戦を繰り広げ、射殺された。

彼は、アラナスがCDCの年間予算1,400億ドルのうち140億ドルを不正流用したと付け加えた。ホワイト・ハットは、軍事法廷に提出されるはずの証拠(まだ公開されていない)を持っていると報じている。その証拠とは、横領政治家であるアラナスが10億ドルを自分のものにした後、残りを広告代理店に流し、広告代理店はパイを手にした後、その資金でネットワークやストリーミングサービスの広告枠を購入したというものだ。広告は、市民にCovid-19ブースターを増やすよう促した。

「3つの問題点:CDCの財政予算表のどこにもこの広告費が記載されていないこと、Covid-19の嘘が多いこと、アラナスが盗んだ金を自分のために使っていることである。JAGが令状を発行し、海兵隊がこの男を捕まえに行った」と、この情報筋は語っている。

海兵隊は2日間アラナスを監視しており、警備の詳細も知っていた。無線アラームを無効にし、午前1時に玄関から押し入った。アラナスは眠っているはずで、監視データによれば、少なくとも1人の警備員が階下のソファで居眠りをしているはずだった。しかし、中に入ると、2人の警備員はソファに座ってテレビを見ており、アラナスはキッチンから食事の皿を持って現れた。皿は固いフローリングの床に当たって砕け散り、コーヒーテーブルの上にあった拳銃に手を伸ばした警備員が、アラナスに身を隠すように命じた。

「そんな!」。アラナスは悲鳴を上げた。

ピストルに手を伸ばした警備員の頭には3発の銃弾が撃ち込まれていた。アラナスは腰をかがめ、足首のホルスターから380口径を取り出した。海兵隊員が狙いを定めて発砲し、アラナスの胴体に弾を撃ち込んだ。アラナスはしばらくじっとしていたが、やがて息絶えた。一方、2人目の警備員は唖然とした様子でソファーから立ち上がり、入口から入ってくる海兵隊員に向かって突進していった。彼も射殺された。

「海兵隊員たちは財布とIDを回収し、機器、電話、コンピューターを手にした。アラナスの遺体をベッドカバーや掛け布団でくるみ、車に乗せた。他の連中と混乱は、ディープ・ステートが後始末するために残された」と情報筋は語った。

「計画どおりにはいかなかったが、我々の仲間は誰も怪我をしなかった」と彼は付け加えた。

アラナスには警備がついていた、 JAGがワレンスキー、ファウチ、コリンズのような人物を吊るし上げ始めて以来、国外に逃亡していないCDC職員は24時間体制で守られてきたからだ。ディープ・ステイターの連中は貪欲で倹約家である。

「この貪欲な連中は、自分たちを富ませるためにアメリカから金を強奪するが、警備は安く雇う。この連中が誰のために働いていたかは今は言えないが、低予算の民間警備会社だった」と、情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す