日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカJAG、ウクライナの "ギャング"に死刑判決

JAG、ウクライナの “ギャング”に死刑判決

By Michael Baxter -2024年1月6日(Real Raw Newsより翻訳)

グアムのキャンプ・ブラスにあるアメリカ海軍法務官軍団は金曜日、犯罪者バイデン政権と共謀して何十億ドルものアメリカの税金を盗んだとして、2人のウクライナ高官に共同で有罪判決を下した。

11月15日に報道されたように、米軍特殊部隊はウクライナの大統領補佐官アンドリー・ヤーマクと経済大臣ユリア・スビリデンコをホワイトハウスの外交応接室をバージニア州に模した場所の外で逮捕した。彼らの逮捕は、ヤーマクとスヴィリデンコが故ジャネット・イエレンから合わせて72億ドルを受け取っていたことを示す金融文書に基づいていた。

公判で、検察側を率いるジョナソン・T・スティーブンス少将は、逮捕時に彼らのリムジンのトランクから発見された、20ドル、50ドル、100ドルの米国通貨の刻印プレートと、米国通貨の鋳造に使用されたメタリック・インクと変色インクという新証拠を提出した。彼らはウクライナに逃亡するつもりだったと少将は主張した。

「非合法政権はウクライナに、その主張よりも莫大な援助を与えており、毎日のようにその援助が行われている。もし彼らがインクと版を持ち逃げし、印刷機と適切な配合紙を手に入れたら、(我々の知る限りでは、彼らはすでに持っているのかもしれないが)印刷し、印刷し、印刷し、印刷し、アメリカ・ドルをさらに切り下げることができるだろう」と、少将はJAGがこの裁判を審理するために任命した3人の海兵隊将校に向かって言った。

被告側のJAGが選任した弁護士は、ベン・シャピロのような風貌と話し方をする小柄な男で、彼の依頼人は証拠を知らなかったと言い、特殊部隊かアントニー・ブリンケンの部下が車に仕掛けたに違いないと言った。被告たちは瞑想的な気分だったに違いない。提督と、時には彼らの運命を決定する任務を負う将校を、ただ静かに見つめるしかなかった。彼らの手首と足首は、弁護側テーブルと床のアンカーポイントに手かせ足かせで固定されていた。ディープ・ステートの芝居とは打って変わって、彼らは穏やかに法廷を見つめていた。ヤーマクが弁護士の耳元で急いで言葉をささやいた。

スティーブンス少将が二人のおしゃべりを遮った。「勲章を授与された兵士を犯罪で告発するつもりなら、説得力のある証拠が必要だ。ブリンケンの仲間に関しては、仕組んだのではなく、与えたのです。今日ブリンケン氏を出せれば、証言を聞こう。そうでないなら、あなたの依頼人たちが音楽と向き合う日だ。大きな反響を呼んでいる。刻印プレートとインクは被告人が持っていた車から見つかった。これは紛れもない事実だ」。

「失礼ながら、スティーブンス少将、その事実はまったく証拠として提出されるべきではなかったのです。なぜなら、私の依頼人は逮捕時に外交特権の保護下にあったのですから。そのため、すべての捜索と押収は違法であり、毒のある果実とみなされるべきでした。そうしないことは、この手続きの信憑性に重大な疑問を投げかけることになります」と弁護人は一息に言った。

「誰が外交特権を与えたのですか?」とスティーブンス少将は尋ねた。

「私のクライアントによれば、アントニー・ブリンケンとバイデン大統領から与えられたものです」と弁護人は言った。

スティーブンス少将は目を細めた。「JAGも軍事委員会事務局も、そのような人たちに権限があるとは認めていないことを、わかっているのですね?」

「はい、承知しています。私は、私のできる限りの弁護、つまり彼らの犯罪容疑に関する弁護をせざるを得ません」と弁護人は答えた。

「私たちは彼らの外交特権を拒否します 彼らはまた、ジャネット・イエレンから送金された70億ドル以上を財務省から受け取ることを許可する、奇妙で斜に構えたタイプの免責特権を持っていたのでしょうか」。

「確かに、私の顧客はその資金を受け取った。しかし、なぜイエレンが送金したのかはわからない。私の顧客たちが聖人だとは誰も言っていない。彼らはたまたま幸運にも自分たちに回ってきた資金の受益者であり、まあ、それを維持することに決めただけなのだ。外国人である彼らには、それを報告したり返却したりする動機がなかったのです」と弁護人は言う。

「これが、スパイ行為、米国詐取、米国政府所有物の不法所持の罪に対する弁護なのか?」

「スティーブンス少将、他に申し上げることはありません。この裁判が彼らに有利に裁定されることはないだろうとクライアントには伝えてあります」と弁護人は言った。

「提督は皮肉を込めて言った。”我々は、パネルに罪状を審議し、評決を下すよう求める”

筆頭パネリストの海兵隊中佐は、自分も彼の共同パネリストも評決を下すのに1分も必要なかったと言った。「スティーブンス提督、我々は全会一致で暴力団を有罪とし、死刑判決を希望します。

「私からの反論はありません」とスティーブンス少将。

少将はヤーマクとスヴィリデンコの絞首刑を1月9日に予定していた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す