木曜日, 4月 18, 2024
ホームディープ・ステートディープ・ステートはトランプの金を一銭も見ることはない

ディープ・ステートはトランプの金を一銭も見ることはない

By Michael Baxter -2024年2月20日(Real Raw Newsより翻訳)

ディープ・ステートのアーサー・エンゴロン判事が、低利の銀行融資を確保するためにトランプ・オーガニゼーションの不動産を過大評価した疑いで、トランプ大統領が3億5,500万ドルの罰金を支払わなければならないという判決を下したとき、トランプ大統領は当然、自身のソーシャルメディア「トゥルース・ソーシャル」で衝撃と憤りをあらわにした。マール・ア・ラーゴの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、彼の激しい非難は、彼が直感した判決に対する台本通りの反応だった。現在投獄されているレティシア・ジェイムズ司法長官がでっち上げの罪で彼を起訴した瞬間、彼は自分に不利な状況が積み重なっていること、ディープ・ステートの腐敗が蔓延する街で公正な裁判を受けられないことを知っていた。彼はまた、陰謀団が彼の莫大な財産を1セントたりとも目にすることはないだろうということも、完璧なまでに明確に知っていた。

「彼らがトランプ大統領の金を手に入れられると思っているなら、それは大きな間違いだ。彼はこの八角形の戦いに参戦し、彼らが彼を有罪と判断することを承知していた-実際、彼はその結果、彼らがディープ・ステートの犯罪者であることを暴露することを望んでいた。彼らが彼を追えば追うほど、彼の人気は高まる。トランプを追及しても自分たちが損をするだけだという失敗から学べないのだ。そして、トランプの資産は安全だ」とマール・ア・ラーゴの関係者はReal Raw Newsに語った。

とはいえ、トランプ氏の弁護団は、この判決を不服としてニューヨーク州第一司法部控訴院に控訴すると宣言している。もしこの判決が通れば、他の数十億ドル規模の企業も同様の扱いを恐れ、より安全な土地を求めてニューヨークから逃げ出し、すでに破滅の淵に立たされているディープ・ステートの都市を衰退させるだろう、と。

ある情報筋によると、包囲された大統領と最側近のアドバイザーたちは、判決直後にマー・ア・ラゴの奥の院で会合を持ったという。トランプ氏は、トランプ・タワーなどの不動産を競売にかけずに不当な罰金を賄うだけの流動性はあるが、自分の帝国を解散したり、ディープ・ステートの腐敗に屈したりすることは「100万年経っても決してない」と断言したと伝えられている。

「大統領も、もし降伏して金を払えば、自分の金がディープ・ステートが他の愛国者を標的にするのに使われることを知っている。詳細は省くが、彼の資産や財産はディープ・ステートによる差し押さえの対象にはならない」と情報筋は語った。

もしトランプが何らかの理由で支払いを決断した場合、1セントたりとも犠牲にすることなく支払いが可能だとRRNは伝えている。

フロリダ州ペンサコーラのJAG情報筋によれば、トランプは思いがけない恩人を得たという: オプラ・ウィンフリーである。

「大統領には、オプラの資産を没収して、その費用を賄うに十分すぎるほどだと伝えました」と、この情報筋は語った。

既報のとおり、軍事法廷は今月、昨夏のマウイ島大火の加害者として、ウィンフリーに死刑判決を下した。有罪判決直後から、JAGはウィンフリーの資産を洗い出し、差し押さえを開始した。3つの州にある4つの不動産、3,400万ドルの現金、高級車一式、2,500万ドルの宝石、その他の不特定多数の資源などである。

「まだ氷山の一角にすぎない。彼女は海外にたくさん避難している。でも、進展はあったと言える」。トランプは、オプラの現金はディープ・ステートに資金を提供するためではなく、ディープ・ステートと戦うために使うべきだと言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す