日曜日, 7月 14, 2024
ホームGITMOJAGがオプラ・ウィンフリーを処刑

JAGがオプラ・ウィンフリーを処刑

By Michael Baxter -2024年2月23日(Real Raw Newsより翻訳)

JAG対オプラ・ウィンフリーの裁判は、月曜日の朝、グアンタナモ湾でウィンフリーの死刑が執行され、劇的な結末を迎えた。

彼女の処刑は2月14日に予定されていたが、この記事を書いている時点ではJAGはその理由を明らかにしていない。Real Raw Newsは以前の記事でウィンフリーの法廷を要約している。

Real Raw NewsがGITMOの情報筋から聞いたところによると、ウィンフリーは自分の運命が迫っていることを知りながらも、飽くなき食欲は衰えず、スクランブルエッグ1ダース、ソーセージ20本、バタートースト12枚を貪るように食べたという。

彼女が食べ終わるやいなや、2人の憲兵が彼女を絞首台まで護送するために監房に到着した。しかし、癇癪持ちのウィンフリーは寝台にしがみついて抵抗し、憲兵たちが彼女の両手をジップタイで縛ろうとした(彼女の手首は肥大しすぎていて手錠をかけることができなかった)。ウィンフリーは、オバマとミシェルのどちらかと電話一本でもすれば、JAGが彼女を処刑するという決定を覆すだろうと言って、オバマに泣きついたと伝えられている。「この代償は払ってもらう。私は何も悪いことはしていません」と彼女は抗議し、憲兵たちは猛獣をなだめるために軽い鎮静剤の投与を余儀なくされた。

彼らは彼女をハマーの後部座席に詰め込もうと奮闘した。処刑前の健康診断で、ウィンフリーの体重は345ポンド(約156.5kg)だった。

鎮静剤の悪影響は処刑場に着くころには弱まり、ウィンフリーはまだ茫然自失の状態で車から出てきた。その横には絞首刑執行人とキング・ジェームズ・聖書を握りしめた米海軍の牧師が立っていた。後者はウィンフリーに「死刑囚の最後の儀式を執り行ってほしいか」と尋ねた。

「バラク、バラクと話がしたいんです」とウィンフリーはうつむきながら言った。

「本当に? 偶然だね。私たちもぜひ彼と話したいんです」。クランドール副提督が言った。

「電話させてください。私の携帯を持っているでしょう。彼がすべて解決してくれる」とウィンフリー。

「ああ、君たちの電話は調べたよ。彼は電話に出ていません」。

「彼は私と話すでしょう」とウィンフリーは主張した。

クランドール副提督は階段を上り、携帯電話を取り出した。「電話番号を教えてください」。

ウィンフリーはまだ意識が朦朧としていたが、D.C.の市外局番とプレフィックスを記憶していた。副提督は電話をウィンフリーの耳に当てた: 「あなたがダイヤルした番号は現在使われていません」。

「その番号はあなたが逮捕された日に使われていません」。副提督は階段を下りる前にそう告げた。「そろそろ終わりにしよう」。

絞首刑執行人はロープの輪をウィンフリーの首にかけ、布袋を彼女の頭にかぶせた。提督が命令すると、首吊り師はウィンフリーの太った脚の下にある回転ドアを作動させるスイッチを押した。彼女は鳴き声も上げずに落下し、3分後に死亡が確認された。

ウィンフリー死亡の知らせを受け、Real Raw NewsはGITMOの情報筋に、JAG、あるいは軍のいかなる組織にも民間人を起訴し、判決を下す権限があるのかと尋ねた。

「トランプ大統領が暫定的な管理を我々に与えたとき、その権限は我々に与えられた。オプラ・ウィンフリーがディープ・ステートに手を貸した瞬間、彼女はディープ・ステートと区別がつかなくなった。両者は表裏一体だった」と情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す