日曜日, 6月 16, 2024
ホームGITMOJAG、ターニャ・スキーン国防次官補を処刑

JAG、ターニャ・スキーン国防次官補を処刑

By Michael Baxter -2024年2月3日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海軍法務官(Judge Advocate General)部隊は水曜日、ターニャ・M・スキーン国防次官補(取得担当)を処刑した。これは1月24日に行われた軍事法廷の集大成で、ダース・E・クランドール副提督がウクライナの役人にアメリカの税金を倹約して与えることを好むディープ・ステイターを起訴した他の6つの法廷と手続き的に同じであったため、RRNは実況中継を行わないことにした。

12月19日に報道されたように、米海兵隊は12月16日、彼女がヴォロディミル・ゼレンスキーの個人銀行口座に3,500万ドルを密かに送金した証拠に基づき、バージニア州シャーロッツビルでスキーンと「同行者の男性」を逮捕した。この金額は、他のディープ・ステイターがウクライナ政府高官に送金した金額と比べれば微々たるものだったが、それにもかかわらずJAGは彼女を国家反逆罪、米国詐取罪、敵国幇助罪で起訴した。この罪状により、彼女はGITMOへの片道切符を手にし、裁判とその後の処刑まで、公判前勾留されていた。

法廷でのハイライトは、おなじみのディープ・ステートの芝居、復讐の約束、感情的な暴発だった。彼女はなぜゼレンスキーに米国の金を渡したのかの説明を拒み、命令に従ったと言った。彼女はクランドール副提督に、その事実をロイド・オースティンに確認することができると言った。

オースティンがウクライナでのロシアの巡航ミサイル攻撃で死亡したことを告げられると、彼女の顔は青ざめ、あごが下がった。国防総省の金融取引報告書には彼女の名前しかなかったため、副提督は彼女一人の責任を問うと言った。

この件を審議する3人の将校はすぐに彼女を有罪とし、少々意外なことに、彼女が絞首刑になることを勧めた。筆頭パネリストの海軍大尉はこう意見した: 「犯罪そのものが反逆行為であり、我々の判断の決め手となった。1万ドルであろうと10ドルであろうと、犯罪に見合った罰を与えることに同意しました」。

クランドール副提督は彼らの勧告を受け入れ、スキーンに死刑を宣告した。

彼女は水曜日の朝、絞首台へと護送された。ディープ・ステートの手先にしては珍しく、スキーンは最後の儀式を受け入れたが、罪を償うことはしなかった。「私は国に奉仕する方法を理解した上で、国に奉仕しようとしてきただけだ。どうやら、ある権力者は私が不適切な行為に及んだと考えているようだ。これ以上何が言える?」

彼女の髪が朝の風になびいた。絞首刑執行人が彼女の首に袋をかけ始めると、彼女は言った、 「いいえ、お願いです。もし死ぬなら、目を開けて死にたいのです」。

「お好きなように」とクランドール副提督。

彼女の首は落下にも耐えたが、ロープが皮膚を擦り、唇がチアノーゼで青くなり、数分かけてゆっくりと息を引き取った。彼女は1月31日午前10時37分、正式に死亡が確認された。

Real Raw NewsはGITMO関係者にスキーンの同伴男性について尋ねた。

「彼はまだ拘留されており、今後も拘留されるでしょう。私が言えることは、彼はアメリカ政府の役人ではないということですが、だからといって彼が無実だということではありません」と情報源は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す