日曜日, 6月 16, 2024
ホームFEMAホワイト・ハットが国境でFEMAを見つける

ホワイト・ハットが国境でFEMAを見つける

By Michael Baxter  -2024年2月5日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、犯罪者バイデン政権は密かにFEMA(連邦緊急事態管理庁)の覆面捜査官を南部国境に派遣している。

2月2日金曜日、テキサス州軍務省に組み込まれたホワイト・ハットの将校が、テキサス州イーグル・パスの国境から600フィート(182.9m)も離れていない格安モーテル、オーテル・リオ・インで、FEMA地域VIの監督官トニー・ロビンソンを発見し、後に逮捕した。

ロビンソンがモーテルの駐車場をうろついているのが目撃されたのは金曜日の早朝。典型的なFEMAの戦闘服ではなく、ダークスーツにネクタイ姿だったが、偶然にもロビンソンと同じモーテルに部屋を予約していた海兵隊将校(当時は同じく私服)にすぐに見破られた。彼は、少なくとも彼の犯罪者としての悪意をよく知るホワイト・ハットにとっては、ひときわ目立つ存在だった。

身長185センチ、中肉中背の白人で、白髪混じりの短い髪をしていた彼は、2023年6月にテキサス、ルイジアナ、ニューメキシコ、オクラホマ、アーカンソーを管轄する第VI地域の監督官に就任していた。当時ロビンソンは、1987年以来FEMAの勅令を忠実に守ってきた自分の地位を高めてくれたFEMAのディーン・クリスウェル長官を称賛し、この昇進を “待ち望んでいた”と語った。

2023年8月、マウイ島でFEMA軍と戦っていた米海兵隊員が戦場でロビンソンに遭遇し、彼は捕まり逃れたが、ホワイト・ハットのレーダーに急速に映るようになった。ホワイト・ハットの情報筋によると、ロビンソンとFEMAの銃撃や火炎放射器によって命を落とした無数のハワイ人を結びつける証拠があるという。

スミス将軍は “見つけ次第逮捕”の命令を出した。実際、我々は彼らの飛行機を墜落させたとき、彼を逮捕できたかもしれないと思った。しかし、彼は乗っていなかったに違いない。イーグル・パスで我々の部下の一人が彼に気づいたのは、まさに運の尽きだった」と、スミス将軍のオフィスの関係者はReal Raw Newsに語った。

その将校は、確認のためにロビンソンの写真を撮って米陸軍サイバー司令部に送った: ARCYBERは96.5%の一致を示し、ロビンソンを反逆罪で逮捕するのに十分な結果を出した。

しかし、この将校は、イーグル・パスにいる他のホワイト・ハットとともにロビンソンの逮捕を画策するのが賢明だと考えた。座談会の結果、不穏な可能性が浮上した: ロビンソンは単独で国境に向かったのではない。

「FEMAはイナゴの群れであり、害悪であり、疫病である。もし彼がそこにいたなら、彼には支援があったはずだ。FEMAの連中は臆病者で、一人旅はしない」と情報筋は述べた。

ホワイト・ハットのリーダーたちは、イーグル・パスから半径50マイル(80.5km)以内のすべてのホテルとモーテルの宿泊者名簿にアクセスするようARCYBERに依頼した。驚くべき数の “ジョン・スミス”と “ジェーン・ドー”–全部で50人–が、この不法入国者だらけの国境都市を、魅力的でエキサイティングな冬のバカンス地だと思ったに違いない。

「FEMAがはびこっている」と情報筋は言う。

この事実が発覚したことで、ホワイト・ハットはFEMAが知らず知らずのうちに自分たちの脚本を借用していたと考えるようになった。

以前報告したように、国境にいるホワイト・ハットはテキサス州兵の制服を着て連帯感を示し、自分たちの身元と番号を隠している。同時に、FEMAの職員は連邦国境警備隊の制服や記章を身につけ、国境警備隊の中に紛れ込んでいる。白人捜査官が「ヘルナンデス」と書かれた名札を上着にマジックテープで留めていることからも明らかだ。

「人種差別的に聞こえるかもしれないが、彼らはキャスパー・ザ・フレンドリー・ゴーストのような白人で、間違いなくヘルナンデスではなかった。彼らはCBPに混じっていて、FEMAのにおいがした。さて、彼らとロビンソンがそこで何をしていたかというと、彼らが良からぬことを企んでいたのは間違いない。その日の目的はロビンソンを捕まえ、騒ぎを大きくしないことだった」と情報筋は言う。

ホワイト・ハットは、ロビンソンをシェルビー・パーク郊外まで尾行し、そこでひときわ目立つ双眼鏡でリオ・グランデ川を見つめ、時折、理由は不明だが容易に想像がつくBCP職員(表向きはFEMA捜査官)と交わったという。公園からイーグルパス国際橋まで車で往復した。日が沈むと、彼は車に飛び乗り、ホワイト・ハットが尾行してオーテル・リオ・インで待機していることも知らずにホテルに戻った。

駐車するやいなや、最初に彼を確認したホワイト・ハットの警官が、いたずらっぽい笑みを浮かべて近づいてきた。マウイで会えなくて寂しかったよ」。

ロビンソンはピストルに手を伸ばそうとしたが、彼の胸に無数の赤い光が走ったのを見て止めた。

「それはやめたほうがいい。あなたにとって不幸なことです」とホワイト・ハットの将校が言った。

ロビンソンは銃を捨て、身柄を拘束された。

「お察しのとおり、彼は国境にいた理由を話していません。現在尋問中です。ひとつ確かなことは、彼の逮捕によって、FEMAで最も悪名高い専制君主の一人の章が閉じられたということです」と情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す