木曜日, 4月 18, 2024
ホームFEMAマウイ島で捕まったFEMAにとって、裁きはそれほど迅速ではなかった

マウイ島で捕まったFEMAにとって、裁きはそれほど迅速ではなかった

By Michael Baxter -2024年2月15日(Real Raw Newsより翻訳)

照りつける太陽、打ち寄せる波、観光地化されたワイキキビーチから20マイル(32.2km)も離れていない、ホノルルの風上にある真珠湾と海兵隊ハワイ基地の人里離れた一角に、現在345人の連邦緊急事態管理庁(FEMA)の “ゲスト”が住んでいる。

というのも私は、良識がなく、罪のない人々から財産や生活、さらに悪いことに生命を奪うことに焦点を当てた、屈折したディープ・ステイターを扱うJAGの決意を目の当たりにする、またとない機会に恵まれたからだ。私が目の当たりにしたのは、私が数え切れないほどの記事で丹念に紹介してきたGITMOや キャンプ・ブレイズの軍事法廷ではなく、軍事判事が正当な理由を審理し、抑留者や「敵性戦闘員」が裁判を受けるために別の場所に移送されるかどうかを決定する「予備審問」であった。

私は数日間にわたり、マウイ島の第9地域管理官ロバート・J・フェントンを含む5人のFEMA職員の罪状認否を静かに見守った。彼は2023年10月、マウイ島の米海兵隊に捕まり、FEMAの残虐行為を目撃した市民の惨殺を企てているところを捕まって以来、公判前勾留されていた: 彼はそれを沖合に運び、太平洋に釣り餌のように投げ入れて、熱狂的なイタチザメの群れを呼び寄せるつもりだった。

航空機の格納庫を改造した即席の法廷で、手錠をかけられ、オレンジ色のジャンプスーツに身を包んだフェントンは、判事から、彼が反逆罪で裁判を受けるべき理由を説明する間、弁護人の横に黙って座るよう指示された。検事は、もしフェントンの構想が実現していたら、ラハイナの多くの市民がサメの餌になっていただろうと言った。その証拠に、フェントンのメモや、カリフォルニアのFEMA第9地域本部の政府関係者に「サメのエサ」プログラムを売り込んでいる声が録音されていた。

「閣下、私たちは6か月が過ぎようとしていますが、今日に至るまで、まだ行方不明者がいます。したがって、ロバート・フェントンがFEMAの地域ディレクターとして、彼の計画をある程度実行した可能性はある。しかし、もしそうでなかったとしても、彼自身の声から明らかなように、彼は明らかに実行したはずです。我々は彼を法廷に拘束するよう要請します」と検事は判事に言った。

判事は、犯罪が行われ、フェントンがその実行犯である可能性が高いと述べ、ダース・E・クランドール副提督の決定した時期に、フェントンを裁判を受けるため、できるだけ早い機会にGITMOに移送するよう裁定した。しばらくして、2人の海兵隊員がフェントンを格納庫から連れ出した。15分間の審理は、芝居がかったところがなく、淡々としたものだった。

私が見たこと、学んだことのすべてを一本の記事で説明することはできない。他の仕事を片付けながら、良くも悪くも啓示的な経験だったことを、何十回にも分けて詳しく説明するつもりだ。それまでの間、公聴会を監督し、被拘禁者を警備する軍人との会話から得た考えを共有する。

要するに、裁きは迅速ではないということだ。それどころか、ディープ・ステイターを逮捕してから裁判にかけるまでの時間は、多くの場合、長引き、骨の折れるものであり、数週間、数か月、場合によっては数年に及ぶ。司法の遅れから生じた対立は、官僚主義と、わずかな組織から健全な状態に再生するディープ・ステートのヒドラのような能力という、補完的な2つの変数に起因している。

「それ(ディープ・ステート)は死ぬことを拒否しています。記録の上では、私たちは帳簿から事件を取り除くことに最高の効率で取り組んでいます。記録に残らないところでは、私たちは疲れ果て、苛立ちを感じています。その理由を知りたいですか? 彼ら全員が有罪であり、そのままGITMOに送られ、処理されるべきなのです。8月以降に処理したのは150件ほどで、すべてFEMAがマウイ島で捕まえてここに連れてきたものです。GITMOでも手一杯なのは分かりますが、もっと早く処理できるはずです。元々、主要な部分を取り除けば、不安定な建物全体が崩壊するという考え方がありましたが、そうはなっていません。公聴会や裁判を廃止して、銃殺刑にするだけなら、私の言いたいことは理解できるでしょう」とMCBHのJAG将校は私に言った。

MCBHの他の職員も彼の言葉を代弁し、表向きは清廉潔白なFEMA職員が、監禁されるとどのように凶暴化するか、吐き気を催すほど詳しく説明した。ラハイナの2家族を射殺した罪で告発された捜査官は、MCBHの食事の質について不満を漏らし、水っぽいジャガイモで胃が痛くなったと主張した。自分の主張を証明するため、彼はズボンを下ろし、腰を曲げて両手で尻を広げ、まるで解説アートのように独房の壁に爆発的な下痢便を撒き散らした。

彼は以前、おせっかいなジャーナリストや記者、民間人の乱入者は嫌いだが、「合理的な礼儀」をわきまえるよう指示を受けていると言っていた。彼は、質問が多すぎる人に不信感を抱くと言った。いくつが多すぎるのか、と私が尋ねると、彼はほとんど気づかないほどの笑みを浮かべながら、「バカにするな」と言った。

私は3機のヘリコプターが飛び立ち、南へ向かうのを空から見た。

「彼らはマウイ島に行くんだ」と私のエスコートが言った。

「まだそこで戦っているのか?」と私は尋ねた。

「終わらないよ」と彼は冷静に言った。「前ほど激しくはないけどね。バイデン軍はオアフ島に飛行機を着陸させ、ヘリやボート、小型飛行機で兵を忍び込ませる。私たちは彼らを追い出し、排除し、捕まえる」。

まるで勝ち目のない綱引きのような口ぶりだった。

「月曜日にお見せしましょう。私たちと一緒に行くんだ。そして願わくば、夕方には私たちと一緒に戻ってきてほしいですね」と彼はあっけらかんと言った。

私は訪問者バッジを返上し、エスコートは私の携帯電話を返した。私はワイキキビーチから2ブロック離れたホテルまでUBERで戻り、そこで値段の高いハンバーガーとフライドポテトをつまみながら、昨年夏、ラハイナから避難してきた住民を安全な海岸に運ぶ際にFEMAの銃撃を受けたツアーボートのオーナー、「キャプテン・ピート」との面会を待った。

その日は金曜の午後で、燦然と輝く空からはモロカイ島とマウイ島が遠望できた。私が楽園でつま先の間に砂を詰めながら立っていると、わずか80マイル(128.8km)先で、果てしない戦闘が繰り広げられていた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す