木曜日, 2月 22, 2024
ホームCovid-19JAG、WHOの支配者を処刑

JAG、WHOの支配者を処刑

By Mike Baxter -2024年2月10日(Real Raw Newsより翻訳)

先週、米海軍法務官軍団は、CDCの極悪非道な迅速対応チームと新たな避難所とワクチンの義務付けを協議するために密かに米国に入国していたWHO職員を処刑した、とGITMOの情報筋がReal Raw Newsに語った。

チクウェ・イヘクウェズ博士の絞首刑は1日遅れの2月3日、前日にグアンタナモ湾に到着していた軍幹部と無名の保守政治家2人の前で行われた。ダース・E・クランドール副提督がイヘクウェズ博士の処刑を監督し、ハマーに乗った2人の憲兵が絞首台の下に止まり、無感情なチクウェズ博士を車から引きずり降ろした。イヘクウェズの不協和音のような欺瞞に満ちた抗議は、他の何十人もの専制的なディープス・テイターの感情と呼応していた。

「こんなことが起こるなんて信じられない。私は医者で、医学と治療に人生を捧げてきた。こんなことが私に起こるなんて……」。イヘクウェズは、憲兵たちに首つり縄に続く短い階段へと誘導されながら言った。

「議論の時間はとっくに終わっている」とクランドール副提督が言った。

壇上で絞首刑執行人がイヘクウェズの首に縄をかけ、張りを確認した。満足すると、後ろに下がった。ボタンが押されれば、イヘクウェズの命は終わる。

「あなたには最終弁論をする権利がある」と副提督は死刑囚に言った。

「生かしてくれ」イヘクウェズは叫んだ。「約束します、私を殺しても強制は止められません。強制は必要だ。私を殺せば、別の者が私の後を継ぐ。君たちにできることは何もない、必然を止めることはできない」と彼は続けた。

副提督の叫び声に怒りがこみ上げた。「避けられないのはこれだけだ!」。

副提督の命令で、絞首刑執行人がボタンを押し、イヘクウェズの足下の扉が開いた。ロープで首を絞められ窒息すると、彼の体は痙攣した。

彼は4分後に死亡が確認された。

情報筋によれば、JAGはジュネーブのWHO本部にイヘクウェズの処刑のビデオを送ったという。

「我々のメッセージは明確である。WHOが蛇の毒を使った強制的な、いわゆる致死的なワクチン接種を説きたいのなら、他でやらせればいい。我々の知る限り、米国はWHOに対して閉鎖的である」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す