土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカ特殊部隊がDEW機を破壊

特殊部隊がDEW機を破壊

By Michael Baxter -2024年3月10日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、3月5日、アメリカ軍特殊部隊は、2月26日に不可解な火災が発生した際にテキサス・パンハンドル上空を飛行していた空軍のボーイング747を破壊した。

YALはボーイング747に空中レーザー(ABL)を搭載した改造機である。ブースト段階にある戦術弾道ミサイルを迎撃・破壊するための試験台として、国防総省、空軍、DARPAの共同プロジェクトとして2004年に考案された。2011年、ゲーツ国防長官(当時)はプロジェクトの中止を発表し、イランのような発展途上の戦場で実行可能であることを証明するには、機体にはより強力なレーザー(20~30倍)が必要であると主張し、そのような兵器の開発は現在の技術状況を考えると財政的にも技術的にも実現不可能であると付け加えた。2012年2月、プロトタイプ(おそらく唯一生産されたもの)はアリゾナ州デービスモンサン空軍基地に着陸し、第309航空宇宙整備再生グループが運営する “ボーンヤード”に保管されたとされ、最終的に2014年9月に使用可能な部品がすべて取り除かれた後に廃棄された。

しかし、我々の情報筋によれば、この廃棄の話は壊滅的な事故を隠すための策略だったという。技術者がアップグレードされた化学酸素ヨウ素レーザー(COIL)を評価していたところ、プラットフォームが誤作動し、飛行機と6人の作業員が蒸発したというのだ。空軍が “焼却場”に置いたのは、プラスチックと発泡スチロールの実物大模型だったと情報筋は言う。

さらに、国防総省は開発と研究を含め、260億ドルで4機のYAL型航空機を製造した。テキサス・パンハンドル火災を引き起こしたのは、公的記録のないYAL-2である。

ホワイト・ハットは3月4日、YAL-2が2月26日午前3時、軍民共同空港であるフレズノ・ヨセミテ国際空港を離陸し、テキサス・パンハンドルに向かって南東に飛行したことを知った。約2時間半後にアマリロ空域に到達し、高度37,000フィート(約11.3km)でさらに45分間待機した。その間、飛行機はテキサス州パンパとフリッチの上空を旋回し、偶然にもテキサス史上最も壊滅的な被害をもたらしたグレープバイン・クリーク火災とスモークハウス・クリーク火災と呼ばれることになる火事の近くを通過した。YAL-2はその後39,000フィート(約11.9km)まで上昇し、北東に飛行してオハイオ州デイトンのライト・パターソン空軍基地に着陸した。

YALは64,000ガロン(242,266.4ℓ)の燃料を搭載し、空中給油なしで巡航速度で16時間滞空できるため、およそ8時間の旅はその許容範囲内であった。

ホワイト・ハットがこの飛行の証拠をどのようにして入手したのかについては、情報源は明かさない。一般に公開されている飛行追跡アプリケーションでは確認できないが、エリック・M・スミス将軍はこの証拠によって、できればYAL-2が再び空を飛ぶ前に、外科的な地上作戦を実施せざるを得なくなったという。

「スミス将軍は、ライト・パターソンの友軍と思われる部隊に問い合わせることも考えたが、やめたほうがいいと考えた。もし彼らの中に二重スパイがいれば、ディープ・ステートに伝えて、すぐにでも飛行機を空に飛ばすことができただろう。慎重さは勇気の一部だ」と情報筋は語った。

将軍は第5特殊部隊群司令官ブレント・リンデメンに、基地に潜入し、飛行機を発見して破壊する任務を最高の兵士に課すよう要請した。

特殊部隊は3月5日午前1時、秘密裏に基地に侵入し、YAL-2が格納されていると思われる格納庫を特定した。特殊部隊は、格納庫に入る前に非致死的な力で彼らを拘束し、機体に焼夷弾と促進剤を仕掛け、震動爆発を起こさずに機体とレーザーを無力化した。YAL-2は、想像を絶する破壊を引き起こした機体にふさわしい最期を遂げた。

ホワイト・ハットはその日の午後、機体の破壊を公式に確認した。米陸軍サイバー司令部は、空軍の高官と下院軍事委員会のメンバーでもある民主党議員の電話での会話を耳にした。その将校は、”我々は一人失ったようだ”と言った。

我々の情報源は、YAL-3とYAL-4、YAL-2の乗組員、そして飛行を予知していた関係者の捜索の妨げになりかねないとして、作戦の詳細については話したがらなかった。

「我々はこれらの飛行機を破壊し、責任者を捕まえる。関係者は首に縄をかけられることになるだろう」と情報筋は述べた。

Real Raw Newsは、他の空中または軌道上のDEWプラットフォームが存在することを知っている。同様の技術が1995年のマラー・ビル2001年のツイン・タワーに対して使われたことは、資格のある研究者の間では広く認められている。この記事は、テキサスの大火災を引き起こした特定の飛行機だけに焦点を当てている。

我々の情報源は、YAL-2がマウイ島の火災を引き起こしたと言っているが、その事件については記事を書くほど聞いていない。

余談だが、現実がハリウッドを模倣しているのは恐ろしくもあり、面白くもある: 空中DEWは1985年の映画『Real Genius(邦題:天才アカデミー)』で初めて登場した。この映画では、大学オタクのグループが空軍のために50メガワットのレーザーを製造するが、政府が大量破壊兵器として使用する予定であることを知り、破壊工作を行う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す