水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカスミス将軍、トランプ大統領にレッド・ハットについて説明

スミス将軍、トランプ大統領にレッド・ハットについて説明

By Michael Baxter -2024年4月16日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍が先週密かにフロリダを訪れ、トランプ大統領に “レッド・ハットの脅威” について説明したと、将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語った。

この情報筋によれば、スミス将軍は金曜日にマー・ア・ラゴに到着したが、その間にトランプ大統領は、ホワイト・ハットが小児性愛者の大統領が支配する犯罪国家を支持したことで不信感を抱いているマイク・ジョンソン下院議長とともに公の場に姿を現したという。しかし、将軍の自発的な訪問は、別の差し迫った脅威-レッド・ハットの台頭-に焦点を当てたものだった。

情報筋によれば、将軍はトランプが毎日の演説を終えるまで影に隠れ、その後マー・ア・ラーゴの要塞化された司令部内でトランプと個人的に話をしたという。スミス将軍はその後、側近と具体的な話をしなかったので、RRNでは、フロリダ訪問前にスミス将軍が行ったブリーフィングで我々の情報筋が知ったことだけを報告する。

情報筋によると、スミス将軍は先週、謎めいたカーツ大佐から2通目の手紙を受け取ったが、そこには4月9日にホワイト・ハットがカンザスの倉庫で発見した4人のFEMA職員惨殺事件の責任を否定するカーツの言葉が書かれていた。

「スミス将軍:私はあなたを知っているが、どうやらあなたは私のことも、私のやり方も知らないようだ。私が倉庫で死体をバラバラにしたり、ゆっくり拷問して殺したりするよう命令するとでも? そんなのは素人のやることだ。素人は、捕まるのをじっと待っている。私とスミス将軍はプロだ。出入り自由。効率よく、素早く、静かに、厄介な残り物なしで仕事を終わらせる。肉食動物たちは自業自得だ、だから彼らの死に拍手を送りたい。でも、私たちはあの件とは何の関係もない」と手紙の一部は書かれていた。

カーツはその後、CERN的陰謀論の穴に深く潜り、4月5日にトリステート地域を震撼させた地震とそれに続く51回の余震を「偶然」引き起こしたことを正当化しようとした。既報の通り、カーツはディープ・ステートが震源地の地下にハドロン衝突型加速器を建設したという邪悪な理由を確信していた。彼は、地下の複合施設に潜入した部下が爆発物を仕掛け、衝突型加速器を破壊し、「偶然」地震を引き起こしたと証拠もなく主張した。最新の書簡でカーツは、彼の爆発物ではなく、衝突型加速器の破壊が地震を引き起こしたと述べている。

「二次爆発。コライダーは私の予想以上の威力で破滅的に爆発し、ラマポ断層帯にストレスを与えた。彼らが私に何をさせたか分かる?」 カーツは、ディープ・ステートは衝突型加速器を使って暗黒次元への入り口を開き、その悪魔のような住人と対決するつもりだった、と付け加えた。

「彼らは彼らと取引をするか、彼らのパワーを奪い、それを使って地球を自分たちの思い通りに並べ替えようとしていた。我々の知る限り、人生は一瞬にして終わっていたかもしれない、スミス将軍。私の行動は無謀だったのか? 歴史が決めることだ。しかし、目的は手段を正当化する」とカーツは続けた。

彼の手紙は、死んだFEMAエージェントの話に戻った。「私の懸念は世界的なものだ。FEMAは卑劣だが、私は4人の無名の捜査官を追うのに人員を浪費するつもりはない。私たちが行動を起こせば、あなたはそれを知ることになる。そしてもう1つ、あなたがニューヨークに人を送っていることは知っている。我々も行く。お互いの邪魔をしないようにしよう」。

情報筋によれば、スミス将軍はホワイト・ハットの評議会に、トランプにカーツの手紙を見せ、カーツは道徳的に危うい愛国者であり、その不健全なやり方は民間人を危険にさらし、ホワイト・ハットの活動を脅かしていると述べたという。

「彼(カーツ)は自制心のない大砲だ。カンザスには関係ないかもしれないが、彼の狂気が人々を、つまり我々を殺すことになるのは時間の問題だ」とスミス将軍はフロリダへの出発を前に評議会で語った。

「スミス将軍は帰国後、ポーカーフェイスを装っていた。トランプ大統領が彼に何を言ったかは分からない。彼はカーツが危険だと考えており、トランプにそれを知ってもらいたかったのだろう」と情報筋は最後に語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す