火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカ特殊部隊がディープ・ステートの監獄から軍人と民間人J6を救出

特殊部隊がディープ・ステートの監獄から軍人と民間人J6を救出


By Michael Baxter -2024年4月22日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、4月7日、米国の特殊部隊がアリューシャン列島のディープ・ステート刑務所を急襲し、2021年1月6日に平和的に国会議事堂を訪れたことだけが罪の27人の愛国的政治犯を解放した。

先週も報じたように、GITMOに収容されていたマシュー・グレイヴスDC地方検事は寝言を言う傾向があり、トランプ大統領を侮蔑的に中傷し、MAGA連合に対する激しい非難を唱えていた。彼の夜中の戯言には、クリンゴンの流刑小惑星「ルーラ・ペンテ」や、アンカレッジから1,200マイル(約1931.2km)離れたアリューシャン列島と旧軍事基地の「アダック」という言葉も含まれていた。グレイブスはまた、J6で国会議事堂を訪れた直後に消息を絶った海兵隊大尉、マシュー・ブラッドフォードの名前も口にした。

クランドール副提督は、グレイブスの憎悪に満ちたつぶやきに意味を見出した。彼は、グレイブスが知らず知らずのうちに、ディープ・ステートの秘密刑務所の名前と場所を明かし、FBIが捕らえ、正当な手続きなしに投獄し、不法に彼らの自由と財産、そしておそらくは生命を奪っているのではないかと疑っていた。彼はアダック島についての疑念をホワイト・ハット評議会に伝えた。

旧アダック海軍航空施設(NAF)は、アリューシャン列島の中央に位置する。1942年、当時日本が領有していた太平洋の島々を攻撃するための前進基地として建設され、1950年代には米ソ間の緊張が高まり、世界の多くが冷戦状態に突入する中で再利用された。NAFの活動がピークに達したのは80年代初頭で、アダック島の5分の3を占める79,200エーカー(約320.5㎢)の孤立した基地に、6,000人の軍人と民間請負業者が住んでいた。1991年初頭、世界的な緊張が緩和され、冷戦が終結すると、国防総省の軍備削減イニシアチブにより、基地の居住者が組織的に再配置された。国防総省は1997年3月31日、正式にNAFを閉鎖した。 そして、かつて人口がまばらだったツンドラ地帯は再び過疎地となり、残された住人は45人の密閉された原住民と、環境保護省の調査チームが交代で住むのみとなった。

人口こそ少ないものの、霧に包まれた島にはアラスカ州運輸局が管理する空港がある。アラスカ航空は週2回、アダック空港に737便を飛ばしているが、そのほとんどは貨物とDECの職員である。

情報筋によれば、スミス将軍は米国の監視衛星に高解像度の光学機器を向けさせ、飛行場と崩れかけた基地を監視させたという。基地にはマクドナルドもあったが、その黄金のアーチは真っ二つに割れていた; ビッグマックはもう食べられない。衛星がアダック上空を短時間周回した結果、草に覆われた鉄筋コンクリートの掩体壕の隣に立つ3人の遺体が映し出されただけだった。滑走路には飛行機の姿はなかった。

「3人の警備員はディープ・ステート軍団とは言い難いが、衛星が侵入しなかった建物には人質を含めてもっといたかもしれないと将軍は感じていた」と情報筋は語った。

この映像を見て、スミス将軍は人質を救出し、監禁者の責任を追及しなければならないという緊急性を感じたという。

「人質が移動したのなら、今どこにいるか誰かが知っているはずだ」と、将軍はホワイト・ハット評議会に語った。

彼は第1特殊部隊司令部の盟友と救出作戦を調整した。彼らは、GITMOからベアリング海へ船を送るのは時間がかかりすぎるし、目立ちすぎるという理由で、海上での作戦を除外した。しかし、1つだけ実行可能な選択肢があった:それは、飛行機を着陸させ、反対勢力を無力化し、囚人を安全な場所まで運ぶというものである、

彼らの計画は紙の上では単純に見えた。高度6,000フィート(約1.8km)のパラシュートジャンプ。飛行場を確保し、連邦政府の存在を消し去る。人質を救出する。すべての友軍を回収するために飛行機が着陸するとき、その間、飛行機は特殊部隊が脱出を要請するまで島の上空で待機していた。

C-17 Globemaster

将軍は、C-17グローブマスターが4月7日にアンカレッジのエルメンドルフ空軍基地で特殊部隊チームと落ち合うよう、輸送の手配をすると言った。

「ある評議員が、誰とは言えないが、この計画に反対した。しかし、将軍は『これはブリーフィングだ。ミッションはゴー』と言った」と情報筋は語った。

アンカレッジからアダック島までの1,200マイル(約1931.2km)の飛行は何事もなかった、と彼は付け加えた。

午前2時、小雨の降る暗い空の下、特殊部隊はC-17から飛び降りた。無事着陸し、隊員全員の安否が確認されると、シュートを収納し、武装してから、散乱する民間車両と、バックミラーにひびが入り、タイヤの空気がほとんど抜けたくすんだ黄色のスクールバスを除いて、無人の空港へと行進した。管制塔も無人で真っ暗だった。

スナイパーが監視塔から見張りをし、6人の兵士が滑走路の両脇に防衛境界線を作り、車や人の往来に目を光らせていた。残された兵士たちは、冷戦時代の掩体壕や切妻屋根の2階建てバラックの列に向かって、極寒の空気の中を東に向かって歩いた。黒いタクティカルスーツを着た1人の歩哨が、タバコをふかしてその存在を裏切っていた。彼らは、肩から下げたライフルの前に、警告灯のように赤く燃え上がる先端を見つけた。男は “こんなの嫌だ”と声に出して独り言を言った。

「もっと嫌いになるぞ」と言ったのは、背後から待ち伏せしてガロープで首を切り始めた特殊部隊の兵士だった。

彼は首を絞めている男に最後通牒を突きつけた。敵軍の配置とJ6メンバーの所在を明らかにするか、さもなければ死ぬか、と。DHS(米国土安全保障省)の身分証明書を持つその男は、5人のFBI(3人は就寝中)が27人の “国内テロリスト”を警護していると口走った。彼は特殊部隊に、アダック島にはいたくない、DHSが彼に任務を押し付けたのだと言った。警官の誠意を疑った特殊部隊は、さらに2度彼を尋問したが、連邦政府のチンピラは自分の話に固執した。彼は警備員が寝ている建物と人質が収容されている地下壕を指差した。

満足した特殊部隊は、彼の首を深く切って死なせた。

ある人質が死者を目覚めさせるほどの大いびきをかいていたとき、兵士が片手を彼の口に当て、もう片方の手で彼の胸にナイフを突き刺した。またある者は、ズボンを足首まで下げ、早朝に小便をしていたところ、2発の銃弾が後頭部を直撃した。さらにもう1人は、無礼な目覚めを迎えるまで深い眠りについていた。兵士が枕を顔に押し当て、脳から酸素を奪っていた。

最後の警備兵は、3つの壕の間の開けた場所をパトロールしていたが、狙撃兵の銃弾が額を直撃して動きを止めた。兵士が彼のベルトループからキーホルダーを引きちぎると、彼はまだ息をしていた。

特殊部隊が鉄扉の鍵を開け、引き開けた。

中には21歳から73歳までの11人の民間人男性がおり、それぞれがバンカー内に誰かが作った間に合わせの独房に閉じ込められていた。番目の掩体壕には4人の民間人女性が収容されており、そのうちの1人は、看守に何度もレイプされたと救助隊に語った。最後の掩体壕には、マシュー・ブラッドフォード大尉をはじめ、ディープ・ステートがJ6の “反乱分子”を捜索している間に捕まえた11人の男性軍人がいた。

特殊部隊はすぐに着陸するようC-17に無線連絡した。

飛行機は雲の下に潜り、急降下して着陸した。病人や負傷して歩けない人質たちは、担架で機内に運び込まれた。

「不幸な魂は地獄を見た。今は個々の状況には触れないが、彼らは全員生きており、我々の保護下にある」と情報筋は述べた。

もし飛行機が運べないほどの人質がいたら、特殊部隊はどうしただろうかと訊かれ、「C-17がアンカレジまで人質を運び、燃料を補給して戻ってくるまで、彼らはその位置を維持しただろう」と答えた。

余談だが、今朝のフォローアップ電話では、本物のドナルド・トランプが “山の下”にいて、法廷ではボディ・ダブルが不機嫌そうに座っているという噂を肯定するか否定するか、情報源に尋ねた。

「トランプが2人? そんなバカな話は聞いたことがない。おまえはバカか? トランプ大統領は勇気あるリーダーだ。彼は怯えた動物のように敵から逃げたりしない。突撃する! 彼は臆病なオバマやバイデンのように替え玉やクローンの後ろに隠れたりしない」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す