日曜日, 6月 16, 2024
ホーム2024選挙バイデン “ブラック・ハット"は味方を変え、スミス将軍に慈悲を求める

バイデン “ブラック・ハット”は味方を変え、スミス将軍に慈悲を求める

By Michael Baxter -2024年5月23日(Real Raw Newsより翻訳)

2021年に不法大統領ジョセフ・バイデンに忠誠を誓った米陸軍大佐が、現在悔い改めてホワイト・ハット指導部に軽率な行動を許してくれるよう求めていると、エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語った。

5月17日、ドイツのカッターバッハ・カゼルネにある第12航空旅団司令官のライアン・ケンドール大佐は、バイデンの正当性を認め、彼が今、不法な支配と呼ぶものを支持したことを後悔していると手書きの手紙をスミス将軍に送った。1999年にアメリカ陸軍士官学校を卒業し、その後イラクとアフガニスタンに従軍したケンドールは、故ロイド・オースティンとマーク・ミルリーから圧力をかけられ、トランプを反乱分子と呼ぶように「いじめ」られ、バイデンが2020年の選挙で公正に勝利したことを部下に理解させるように命じられたと書いている。最近の命令では、バイデン政権がアメリカ市民に対する将来の戦争のために忠誠者を集めていることを固く確信している、と彼は続けた。

キャスリーン・ヒックス国防副長官は最近、非道徳的で違憲的な命令を出したとケンドールは書いている。その命令には、”国内外を問わず、すべての敵に対して”という文言が含まれており、人口密度の高い都市環境に攻撃ヘリコプターを配備するような訓練方法を導入するよう指示していた。「バイデン大統領は最高司令官であり、さまざまな状況に備えている。あなたはいつでも米国内に呼び戻される可能性がある」とヒックスは “命令”の中で述べている。

スミス将軍に宛てた手紙の中で、ケンドール大佐は自分の判断ミスを嘆き、ヒックスの命令を現役のスタッフやパイロットと共有し、バイデン政権への支持を捨て、代わりに合法的な最高司令官であるドナルド・トランプと、沼の水を抜くために彼が制裁した軍司令官を支持すると伝えたという。ケンドールの通信には、ジェフリー・B・マインダース第3航空連隊第1大隊長を含む35人の将校の署名が脚注として添えられていた。

「私の未来は、あなたとトランプ大統領の手の中にあります。私は宣誓を怠ったことを深く後悔しています。私、そしてこの軍事施設とその資産は、あなたの自由裁量に委ねられています」とケンドールは書簡を締めくくった。

情報筋は言う: 「その意味するところは、あなたの顔の鼻のように明白です: 彼らは選挙を盗もうと計画しており、ヒックスは政権のブラック・ハット(バイデンとオバマに忠実な軍)に、バイデンの就任を阻止するために働く愛国者やホワイト・ハットへの攻撃の準備をするよう違法に命令している。過去にケンドール大佐は選択を誤ったが、スミス将軍は彼に2度目のチャンスを与える価値があると感じている。トランプに知らされているかどうかは分からない」。

最後に、スミス将軍はディープ・ステートの莫大な脅威を、たとえそれが夢物語や愚行であったとしても、注意深く見極めている、と情報筋は言う。”もし彼らが街頭に戦争を持ち込めば、彼らは想像もできないような戦争を手に入れるだろう”と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す