日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカJAG、ファウチの元顧問デビッド・モレンスを逮捕

JAG、ファウチの元顧問デビッド・モレンスを逮捕

By Michael Baxter -2024年5月26日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍のJAG捜査官が土曜日、ファウチの元顧問のデビッド・モレンス博士を国家反逆罪で逮捕した。この逮捕は、下院の監視・説明責任委員会が、情報公開法の要請を逃れるために個人的な電子メール・アカウントを使用していたとして、この共謀者を徹底的に追及した数日後のことである。モレンスはまた、Covid-19の起源に関する無数の電子メールを削除した。

委員会がモレンスの宣誓証言をどう解釈したかにかかわらず、JAGは彼の言葉を罪を認めたと解釈し、それゆえ、反逆罪には時効がないため、起訴状と逮捕状を作成した。

情報筋によれば、JAGの捜査官は金曜の午後にメリーランド州ベセスダに到着し、モレンスの自宅を目立たないように張り込み始めた。彼らは彼が特に被害妄想的に見えることに気づいた。土曜の朝、郵便配達員が玄関に現れると、モレンスは遅れた理由を尋問し、誰かが彼のポストから郵便物を盗んでいる疑いがあると言い、郵便配達員が犯人だとさえほのめかした。郵便配達員はモレンスを狂ったように見て、郵便局長に苦情を申し立てるように言った。その後、彼は室内でうずくまり、まるでトラブルを予期しているかのように、定期的にカーテンをはがして外をこっそり見ていた。

しかしJAGは、モレンスの気難しさと、この物件を監視した調査員との間に関連性はないと見ている。

「我々の捜査員は目立たなかった。モレンスはおそらく、自分の電話番号を知っている誰かを恐れていたのだろう。それが誰なのか見当もつきませんが、最初に彼を逮捕するようにした」と情報筋は語った。

JAGの情報では、モレンスは臆病な弱虫で、丸腰の可能性が高かったので、捜査官たちは私服に身を包み、丁重に投降を求めるという直接的なアプローチを試みた。しかし、彼らがノックすると、モレンスはドアの向こうから、自分は特に毒性の強いCovid-19に感染しており、他の人に感染させるリスクを軽減するために自己隔離しているのだと叫んだ。ある捜査官は、もし本当にCovid-19に感染しているなら、なぜ2日前にDCで証言したのかとモレンスに尋ねた。

「あっちへ行け。今捕まえたところだ」 モレンスは叫んだ。

「難しい方法か、簡単な方法か、モレンス」と捜査官が声をかけた。「正確に30秒以内に、そのドアを壊して、意識があろうがなかろうが、おまえを連れて行くからだ」。

「簡単な方法とは何だ?」とモレンスは言った。

「それは簡単な方法だ」と捜査官は答え、数発の破壊弾でデッドボルトを吹き飛ばした。

モレンスは玄関で震えながら、片手で携帯電話を握りしめ、「助けてくれ! 彼らが来たんだ。今すぐ助けが必要なんだ」と叫んだ。

捜査官が彼の手から電話を取り上げ、マイクに向かって話しかけた: 「あなたが誰であろうと、私たちは彼を捕まえた」。

情報筋によれば、モレンスはGITMOへの移送を待たず、JAG処理センターに連行されたという。

「私たちにとっては簡単なことだった。モレンスは軍事法廷への道を自分で切り開いた。ファウチはとっくに死んだが、彼の遺産と手下は生き続けている。まだ他にもいる」と情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す